OX Securitiesの評価|口コミ評判と安全性について(オックス セキュリティーズ)

OX Securities(オックスセキュリティーズ)は、2013年4月にオーストラリアで生まれた海外FX業者です。

2021年8月に開催した新規口座開設キャンペーンをきっかけに、少しずつ日本人トレーダーからも注目され始めてはいますが、超マイナー業者ということもありネットやSNSには日本語での情報がほぼ存在しておりません。

当サイトでは業者選びで気になるポイントや公式サイトだけでは分かりにくい部分について、OX Securitiesの日本人スタッフの方に直接お伺いしたので、どのような業者か気になっている人はぜひ最後までお読みください。

まずは、OX Securitiesのメリット・デメリット・ポイントをご覧ください。

メリット

  • 取扱銘柄全般的にスプレッドが狭い
  • ゴールドの取引が人気
  • 海外FX業者にしてはスワップポイントが高い
  • 最低入金額に指定なし
  • 入出金手数料はすべて無料
  • 日本語サポートの対応が良い

デメリット

  • 取扱銘柄が少ない
  • キャンペーン開催に消極的
  • 入出金方法が少ない
  • 取引ツールがMT4のみ

ポイント

  • プロモーション活動が弱いのでイマイチ人気が出ない
  • 取引条件は良いのでサブ口座として利用する価値は十分ある
  • 取引銘柄やトレードスタイルを絞った使い方がベスト
  • 他社と併用するのがおすすめ

OX Securitiesは、スプレッドの狭さを重視する短期トレーダーにおすすめの業者です。

最大レバレッジ500倍・最小取引数量0.01ロット・最低入金額0円なので少額取引も可能。

スワップポイントが高いので、中長期トレードも十分可能です。

公式サイトやマイページは少々使いにくいのですが、質の高い日本語サポートがそのデメリットを上手くカバーしています。

ただ、取扱銘柄が少ないので、マイナー通貨ペア・株式・仮想通貨などを取引したい人は他社を利用してください。

また、OX Securitiesはキャンペーン開催にも消極的な業者です。

常に入金キャンペーンをアテにしている資金の乏しい人は他社を利用したほうが良いでしょう。

口コミを見たところ、今のところは良い評判ばかりで、出金報告もいくつか見つかりました。

しかし、やはりまだ圧倒的に情報量が少ないため、これだけではメインの取引口座として利用できるかどうか判断できません。

逆に取引で負けたトレーダーからの嫌味の一つでも出てこない限り、多くの利用者を抱え経営の安定したFX業者とはいえないと思います。

それまでは、OX Securitiesはサブ口座として利用するに留めておいたほうが良いでしょう。

OX Securitiesの公式サイトはこちら

信頼性・安全性

運営会社の実態が不透明な海外FX業者には注意してください。

そのような業者は、突然の倒産や日本撤退の危険性がありますし、取引操作・出金拒否・利益取消といったトレーダーの不利益に繋がる行為を平気で行う悪徳業者・詐欺業者も多いからです。

自分の大切な資金を守るためにも、最低限、会社の所在地・金融ライセンス・資金の管理体制がしっかり公開されている業者を利用するようにしましょう。

 

金融ライセンスはオーストラリアのASICを保有

オーストラリア向け

会社情報
運営会社 Ox Securities Pty Ltd
設立 2013年4月
登録住所 オーストラリア
Level 37, 1 Macquarie Place, Sydney, NSW, AUSTRALIA
金融ライセンス AFSL 438402、ACN 163 551 602

日本・海外向け

会社情報
運営会社 Ox Securities Limited
設立 2020年6月
登録住所 セントビンセントグレナディーン
Suite 305、Griffith Corporate Centre、Beachmon
Kingstown、St Vincent and the Grenadines
金融ライセンス なし(会社番号:25509 BC 2019)

OX Securitiesは、2013年4月にオーストラリアでサービスをスタートさせた信用取引サービス会社Ruizean Marketsがその前身です。

Ruizean Group公式サイト

オーストラリアオフィスはメルボルン・シドニー・パースの3箇所、海外オフィスはロンドン・東京・上海の3箇所にあり、日本人スタッフも多数在籍するグローバル企業です。

2019年9月に現在のOX Securitiesを立ち上げFXブローカーとして本格参入し、2020年6月にRuizean Marketsを統合して現在の運営体制となりました。

そのような経緯から、運営会社はオーストラリアセントビンセント・グレナディーン諸島の2箇所に登録されています。

金融ライセンスを保有しているのは、オーストラリア国内向けの運営会社Ox Securities Pty Ltdです。

オーストラリア証券投資委員会(ASIC)に登録され、厳しい規制・監督を受けています。

日本やその他海外向けの運営会社Ox Securities Limitedは、オフショアであるセントビンセント・グレナディーン諸島で法人登録されています。

ただし、あくまで法人登録がされているだけであり、厳格な金融ライセンスによって規制・監督を受けているわけではありません。

 

分別管理あり・信託保全なし

顧客資金と業者資金はオーストラリア国内にあるAAグレードの銀行で完全分別管理されているので、顧客資金がOX Securitiesの運営資金に回ることはありません。

しかし、万が一OX Securitiesが倒産した場合、顧客資金が全額返還される確証はないので、自己責任で利用するようにしてください。

OX Securities公式サイトには日本国内のFX業者に義務付けられている信託保全についての記載がありますが、これは日本の信託保全制度とは意味合いが異なります。

 

今のところ日本に金融庁から警告は出されていない

OX Securitiesは、日本の金融庁から警告を受けておりません(2021年9月時点)。

日本の法律上、「海外FX業者が日本居住者にサービスを提供すること」「日本居住者が海外FX業者のサービスを使って取引すること」は合法です。

しかし、海外FX業者が日本居住者を対象に勧誘行為(プロモーション活動)を行うことは明確に禁止されているため、日本語公式サイトを運営している海外FX業者には、金融庁から無登録業者として警告が出されます。

外国証券業者に関する法律第3条により、外国証券業者が国内にある者を相手に証券取引行為を行う場合には、国内に支店等の営業拠点を設け、監督当局の登録を受けなければなりません。本規定に違反した場合は、同法第45条及び第50条の罰則が課せられます。

しかし、登録を受けない外国証券業者であっても、その取引相手が証券会社やその他金融機関等の場合、もしくは証券業者が「勧誘」及び「勧誘に類する行為」をすることなく国内居住者から注文を受ける場合は、国内居住者との取引をすることができます。

ここで言う「勧誘に類する行為」とは、「新聞、雑誌、テレビジョン及びラジオ並びにこれらに類するものによる有価証券に対する投資に関する広告、有価証券に対する投資に関する説明会の開催、口頭、文書又は電話その他の通信手段による有価証券に対する投資に関する情報提供」等が含まれます。

出典:金融庁「外国金融サービス業者が我が国市場に参入するにあたって適用される法規制」

日本人に人気ある海外FX業者のほとんどは、すでにこの警告を受けてしまっているのが現状です。

そのため、いずれOX Securitiesにもこの警告が発せられる可能性は十分あります。

ただ、この警告には行政処分や業務停止命令といった効力は一切ありません。今のところ金融庁からの嫌がらせのようなものだと考えてください。

 

口コミ・評判

ここでは、海外トレーダー・国内トレーダーの口コミの一部をご紹介します。ただ、投稿者にはさまざまな事情があります。すべて鵜呑みにはせず、以下のような点に注意してご覧ください。

  • 口座・銘柄・数量・注文方法・時間帯が違う
  • 裁量取引・自動売買などトレードスタイルが違う
  • VPSサーバーの有無・通信状態・スペックが違う
  • トレードスタイルがFX業者の禁止行為に抵触している
  • 投稿時期が違うため業者のサービス内容が変わっている
  • 負けた腹いせによる誹謗・中傷・愚痴にすぎない
  • アフィリエイターやライバル会社による虚偽の投稿

 

大手海外FX掲示板FPAでの評価は

海外最大級のFX掲示板「FPA(Forex Peace Army)」は、海外業者の世界的な評判を知る上でとても参考になるサイトです。

OX SecuritiesのFPAでの評価はです。

5件ある口コミはどれも高評価ばかりですが、FPAにヤラセレビューの疑いをかけられレートを抹消されているものもあるため、総合評価が振るいません。

 

albertojunaidinho,Mumbai, India,Nov 20, 2020,Registered user

迅速な入出金。非常に良い実行と良いスプレッド。

私はそれをお勧めします。(Google翻訳)

出典:FPA

Pedro Costa,Lisboa, Portugal,Nov 12, 2020,Registered user

私はOXSecuritesと素晴らしい関係と経験を持っていました。アカウント作成からファンド管理まで。私は外国為替と金融市場の世界のすべてのメンバーとトレーダーにアドバイスします。(Google翻訳)

出典:FPA

Acquilla66,Sydney, Australia,Sep 21, 2020,Registered user

良いサービス。経験豊富なチーム、そして全体的に素晴らしい会社。私からの苦情はありません。(Google翻訳)

出典:FPA

海外FX編集部:どれも非常に良い評価ばかりです。ちなみに、FPAには旧サービスRuizean Marketsも登録されていましたが、レートや口コミまでは掲載されていませんでした。過去の評判を確認できないのは少々心配です。

 

Odin52,Sydney, Australia (inside the offices of OX Securities),Nov 19, 2020,Registered user

素晴らしいブローカー。簡単な入出金、私がそれらを使用してきた何年にもわたって問題はありませんでした。5スター(Google翻訳)

出典:FPA

Begenh,Bayramov, Canada (Really the offices of OXSecurities in Australia),Sep 8, 2020,Guest

私はOXTradersよりもブローカーからのより良いサービスを見たことがありません。私は個人的にベンと取引をしていました。タイムゾーンの違いを考えると、彼は夕食に親切で非常に敏感でした。彼は私がOXTradersを使い始めるために、さらに上を行きました。強くお勧めします!(Google翻訳)

出典:FPA

海外FX編集部:この2件はヤラセレビューとしてFPA運営によりレートを抹消されています。

 

国内トレーダーからは今のところ良い評判ばかり

海外FX編集部:さっそく他社からの乗り換えを検討している人もいますね。ネットやSNSでは、OX Securitiesについての情報がとても少ないのですが、それでも期待するのは取引条件に魅力を感じているからではないでしょうか?

 

海外FX編集部:人気銘柄はゴールドです。狭いスプレッドと最大レバレッジ500倍でゴールドを取引できるのは、OX Securitiesの大きなメリット。しかも、スプレッドは頻繁に0.0pipsを記録するほどタイトです。

 

海外FX編集部:しっかり出金報告も出ていますね。bitwalletなら口座反映も即時です。

 

海外FX編集部:ただ、OX Securities公式Twitterアカウントを見たところ、2021年9月時点でフォロワー数が18名しかいません。実際の利用者はどのくらいいるのでしょうか?少々心配になる数字ではあります。

 

 

取引条件・ルール

OX Securitiesの取引条件やルールを他社と比較しながら詳しく解説します。

なお、比較対象のFX業者は、初心者から上級者にまで人気のある大手FX業者や、比較的タイプの似ているFX業者から選別しているため、OX Securitiesの強み弱みがより直感的に分かりやすくなっているかと思います。

 

口座タイプは2種類|最大レバレッジは500倍

口座タイプと取引条件
スタンダード プロ
取引形態 NDD STP NDD STP
最大レバレッジ 500倍 500倍
取扱銘柄 外国為替
貴金属
エネルギー
株価指数
仮想通貨
外国為替
貴金属
エネルギー
株価指数
仮想通貨
取引手数料 無料 片道3.5ドル
スプレッド 1.4~1.7pips 0.2~0.4pips
ロット単位 10万通貨 10万通貨
最小取引数量 0.01ロット 0.01ロット
最大取引数量 100ロット 100ロット
最大ポジション数 制限なし 制限なし
ストップレベル 0.0pips 0.0pips
スキャルピング 可能 可能
自動売買 可能 可能
両建て 可能 可能
マージンコール 90% 90%
ロスカット 50% 20%
ゼロカット あり あり
取引ツール MT4 MT4
口座通貨 JPY
USD
EUR
GBP
SGD
JPY
USD
EUR
GBP
SGD
最低入金額 0円 0円
キャンペーン 対象 対象

※ ロット単位・スプレッド・最小取引数量・最大取引数量・ストップレベルは米ドル円の値。取引手数料は1ロットあたりの金額。最低入金額は1ドル100円換算。

OX Securitiesの口座タイプは、スタンダード口座とプロ口座の2種類です。

多くの海外FX業者と同様、取引手数料の有無・スプレッドの幅・ロスカット水準などに違いがあります。

トレーダーはトレードスタイルやリスク管理方法によって、この2つの口座タイプを使い分けることが可能です。

スタンダード口座は、取引手数料無料・やや広めのスプレッド・ロスカット水準50%の一般向け口座です。

プロ口座は、取引手数料1ロットあたり片道3.5ドル・タイトなスプレッド・ロスカット水準20%の中上級者向け口座です。

その他の取引条件は共通で、取引形態は透明性の高いNDD STP方式を採用し、最大レバレッジは500倍・最小取引数量0.01ロット・最低入金額0円なので少額取引も可能。

また、どちらの口座もキャンペーン対象です。

では、さらに詳しくそれぞれの取引条件を見ていきましょう。

 

口座残高によるレバレッジ制限なし

OX Securitiesには、口座残高によるレバレッジ制限(通称ダイナミックレバレッジ)はありません。

基本的に貴金属や株価指数を含め、最大レバレッジ500倍で取引できます。

仮想通貨のみレバレッジ25倍です。

 

スキャルピング・自動売買に制限なし

OX Securitiesは、スキャルピング・自動売買に制限はありません。

同一口座内での両建ても可能ですが、別口座・他社口座との両建ては禁止されています。

 

ロット制限・最大ポジション数

米ドル円の場合、1注文あたりの最大取引数量は100ロットです。

また、口座・アカウント全体の最大ロット数・最大保有ポジション数に制限はありません。

多くのポジション・ロットを保有することになるEAを稼働させる場合も安心です。

 

ロスカット率は50%または20%|ゼロカットもしっかり採用

OX Securitiesでは、マージンコールが証拠金維持率90%、ロスカットが証拠金維持率50%または20%で発動します。

今のところスタンダード口座のロスカット水準は50%ですが、今後プロ口座と同じ20%にアップデートする予定があるそうです。

また、もしロスカットが間に合わないほどの急激な相場変動があり、口座残高がマイナスになってしまっても、OX Securitiesはゼロカットを採用しているので安心です。

ただ、ゼロカットは自動反映ではないので、マイナス残高が発生した場合は入金前にサポートへ連絡してください。

先にマイナス残高をゼロにリセットしてもらってから入金しないと、自己資金がマイナス残高の補填に充てられてしまいます。

また、ゼロカット適用は保有ボーナス全額没収が条件です。

追証なしゼロカットシステムのリスクとデメリットとは|海外FXで借金になる?国内業者は対応してる?

ゼロカットとは、ロスカットが間に合わず口座残高がマイナスになってしまった場合に、その損失分を業者が負担して口座残高をゼロにリセットしてくれる、海外FX独自のありがたいサービスのことです。 残念ながら国 ...

続きを見る

 

取扱通貨ペアは30銘柄のみ|その他のCFD銘柄も少ない

大手海外FX業者と比較

全取扱銘柄

OX Securities
AXIORY
AXIORY

XM Trading
通貨ペア 30銘柄 62銘柄 57銘柄
貴金属 3銘柄 4銘柄 4銘柄
エネルギー 4銘柄 5銘柄 5銘柄
商品 - なし 8銘柄
株式 - 78銘柄 -
株価指数 10銘柄 10銘柄 24銘柄
債券 - - -
ETF - - -
仮想通貨 2銘柄 - -

※ 2021年9月時点

取扱銘柄は、通貨ペア30銘柄・貴金属3銘柄・エネルギー4銘柄・株価指数10銘柄・仮想通貨2銘柄のみです。

大手海外FX業者AXIORYXM Tradingと比較してみると、通貨ペアのラインナップが弱いとわかりますね。

銘柄数の多さとレバレッジの高さで業者を選ぶなら、もっと良い業者はたくさんあります。

通貨ペアや株式ならiFOREXHotForexExness、仮想通貨ならFXGTCryptoGTCryptoAltumAltumFxなどがおすすめです。

取扱銘柄の多い海外FX業者

全取扱銘柄

Exness

HotForex

iFOREX
外国為替 127銘柄 53銘柄 89銘柄
貴金属 11銘柄(現物) 6銘柄(現物) 7銘柄(現物)
エネルギー 2銘柄(現物) 3銘柄(現物)
2銘柄(先物)
5銘柄(現物)
商品 なし 5銘柄(現物) 5銘柄(現物)
株式 31銘柄 939銘柄 697銘柄
株価指数 13銘柄(現物) 11銘柄(現物)
12銘柄(先物)
24銘柄 (現物)
債券 なし 3銘柄(先物) なし
ETF なし 36銘柄 13銘柄
仮想通貨 7銘柄 12銘柄 18銘柄
全取扱銘柄

FXGT

CryptoGT

AltumFx
CryptoAltum
CryptoAltum
外国為替 48銘柄 9銘柄 48銘柄 18銘柄
貴金属 2銘柄 1銘柄 2銘柄 1銘柄
エネルギー 3銘柄 - 3銘柄 -
商品 - - - -
株式 53銘柄 - 8銘柄 -
株価指数 8銘柄 3銘柄 8銘柄 2銘柄
債券 - - - -
ETF - - - -
仮想通貨 30銘柄 71銘柄 18銘柄 66銘柄
その他 シンセティック GTi12 - -

※ 2021年9月時点。Exnessはスタンダード口座・プロ口座の銘柄数。

 

OX Securitiesの全取扱通貨ペアは、以下の通りです。

通貨ペア(クロス円)
AUD/JPY GBP/JPY
CAD/JPY NZD/JPY
CHF/JPY USD/JPY
EUR/JPY
通貨ペア(クロスカレンシー)
AUD/CAD GBP/CAD
AUD/CHF GBP/CHF
AUD/NZD GBP/NZD
AUD/USD GBP/USD
CAD/CHF NZD/CAD
EUR/AUD NZD/CHF
EUR/CAD NZD/USD
EUR/CHF USD/CAD
EUR/GBP USD/CHF
EUR/NZD USD/SGD
EUR/USD USD/ZAR
GBP/AUD
株価指数
AUS200 STOXX50
DE30 UK100
FR40 US30
HK50 US500
JP225 USTEC100
貴金属・エネルギー・仮想通貨
XAG/USD XAU/EUR
XAU/USD LOC/USD
OIL/USD UKO/USD
USO/USD BTC/USD
ETH/USD

+ 通貨記号一覧

AUD:オーストラリアドル、CAD:カナダドル、CHF:スイスフラン、EUR:ユーロ、GBP:英ポンド、JPY:日本円、NZD:ニュージーランドドル、SGD:シンガポールドル、USD:米ドル、ZAR:南アフリカランド、AUS200:オーストラリア200、DE30:ドイツ30、FR40:フランス40、HK50:香港50、JP225:日経225、STOXX50:ユーロストックス50、UK100:イギリス100、US30:ダウ30、US500:S&P500、USTEC100:ナスダック100、XAG:銀、XAU:金、LOC:ブレントクレードオイル、OIL:WTIクレードオイル、UKO:ブレントクレードオイル、USO:WTIクレードオイル、BTC:ビットコイン、ETH:イーサリアム

 

取引手数料・スプレッドが安い!

代表的な通貨ペア0.1ロット(1万通貨)あたりの取引コストを他社と比較します。取引コストとは、「往復手数料+スプレッド」のことです。

なお、ここでは便宜上すべて日本円口座と仮定して計算・比較しています。実際の取引コストとは多少異なる場合があるので注意してください。

スタンダード口座を他社と比較

0.1ロットあたりの取引コスト

スタンダード
AXIORY
スタンダード

スタンダード
USD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.4~1.7pips 1.2~1.3pips 1.5~1.6pips
トータル 140~170円 120~130円 150~160円
EUR/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.7~1.8pips 1.2~1.4pips 2.4~2.5pips
トータル 170~180円 120~140円 240~250円
CAD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.5~2.0pips 1.8~2.1pips 3.1~3.4pips
トータル 150~200円 180~210円 310~340円
AUD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 2.3~2.4pips 2.0~2.1pips 3.4~3.6pips
トータル 230~240円 200~210円 340~360円
CHF/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.8~2.6pips 1.7~2.3pips 3.4~3.9pips
トータル 180~260円 170~230円 340~390円
GBP/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 2.2~2.5pips 1.7~2.1pips 3.5~3.8pips
トータル 220~250円 170~210円 350~380円
NZD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 2.4~2.7pips 2.0~2.6pips 3.2~3.5pips
トータル 240~270円 200~260円 320~350円
EUR/USD 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.2~1.5pips 1.1~1.3pips 1.6~1.7pips
トータル 132~165円 121~143円 176~187円

※ 0.1ロット=1万通貨。スプレッドは2021年9月17日17時時台の変動幅。1ドル110円として計算。小数点以下四捨五入。赤字は最も割高・青字は最もお得。

OX Securitiesの魅力は、スプレッドが狭さ・取引コストの安さです。

まず、OX Securitiesスタンダード口座は、AXIORYナノスプレッド口座とXM Tradingスタンダード口座と比較しました。

どの口座も取引手数料無料なので、スプレッドの広さがそのまま取引コストとなります。

OX SecuritiesのスプレッドはAXIORYと同水準で、とても狭く安定していました。

プロ口座を他社と比較

0.1ロットあたりの取引コスト

プロ
AXIORY
ナノスプレッド

XM Zero
USD/JPY 往復手数料 0.7ドル 0.6ドル 1ドル
スプレッド 0.2~0.4pips 0.3~0.5pips 0.0~0.3pips
トータル 97~117円 96~116円 110~140円
EUR/JPY 往復手数料 0.7ドル 0.6ドル 1ユーロ
スプレッド 0.4~0.7pips 0.2~0.4pips 0.3~0.6pips
トータル 117~147円 85~106円 160~190円
CAD/JPY 往復手数料 0.7ドル 0.6ドル 1カナダドル
スプレッド 0.6~0.9pips 0.7~1.0pips 1.3~1.4pips
トータル 137~167円 136~166円 217~227円
AUD/JPY 往復手数料 0.7ドル 0.6ドル 1豪ドル
スプレッド 0.9~1.2pips 0.6~1.0pips 1.3~1.4pips
トータル 167~197円 126~166円 210~220円
CHF/JPY 往復手数料 0.7ドル 0.6ドル 1スイスフラン
スプレッド 1.0~1.8pips 0.5~1.0pips 1.1~1.5pips
トータル 177~257円 116~166円 229~269円
GBP/JPY 往復手数料 0.7ドル 0.6ドル 1ポンド
スプレッド 0.2~1.4pips 0.1~1.0pips 1.0~1.4pips
トータル 97~217円 76~166円 252~292円
NZD/JPY 往復手数料 0.7ドル 0.6ドル 1NZドル
スプレッド 1.6~1.8pips 1.0~1.3pips 2.2~2.4pips
トータル 237~257円 166~196円 298~318円
EUR/USD 往復手数料 0.7ドル 0.6ドル 1ユーロ
スプレッド 0.0~0.2pips 0.0~0.3pips 0.0~0.1pips
トータル 77~99円 66~99円 130~141円

※ 0.1ロット=1万通貨。スプレッドは2021年9月17日17時時台の変動幅。1ドル110円・1ユーロ130円・1カナダドル87円・1豪ドル80円・1スイスフラン119円・1ポンド152円・1NZドル78円として計算。小数点以下四捨五入。赤字は最も割高・青字は最もお得。

次に、OX Securitiesプロ口座は、AXIORYナノスプレッド口座とXM Trading Zero口座と比較しました。

どの口座も外付け取引手数料が発生する代わりに、スプレッドが優遇されています。

取引手数料は、OX Securitiesが1ロットあたり片道3.5ドル(0.1ロットあたり往復0.7ドル)、AXIORYが1ロットあたり片道3ドル(0.1ロットあたり往復0.6ドル)、XM Tradingが1ロットあたり片道5通貨(0.1ロットあたり往復1通貨)です。

スプレッドは業者の個性が出る部分なので、業者選びで特に重視すべきポイントです。

トータルコストに換算した場合、取引手数料が最も割安なAXIORYが最も有利、取引手数料が最も割高なXM Tradingが最も不利、OX Securitiesはその中間という結果になりました。

ただ、AXIORYナノスプレッド口座の取引コストは業界でもトップレベルの安さなので、OX Securitiesプロ口座も取引コストを節約できる優れた口座と言えるでしょう。

 

海外FX業者にしてはスワップポイントが有利

代表的な通貨ペア0.1ロット(1万通貨)あたりのスワップポイントを他社と比較します。

なお、前述の取引コストと同様、ここでは便宜上すべて日本円口座と仮定して計算・比較しているため、実際のスワップポイントとは多少異なる場合があるので注意してください。

大手海外FX業者と比較

0.1ロットあたりのスワップポイント

OX Securities
AXIORY
AXIORY
●
XM Trading
USD/JPY -6円 -22円 -21円 -41円 -24円 -37円
EUR/JPY -30円 5円 -39円 -12円 -52円 -19円
CAD/JPY -3円 -13円 -11円 -23円 -29円 -44円
AUD/JPY -5円 -10円 -12円 -20円 -33円 -35円
CHF/JPY -36円 11円 -43円 -3円 -71円 -27円
GBP/JPY -13円 -29円 -34円 -58円 -35円 -49円
NZD/JPY 3円 -18円 -13円 -18円 -29円 -35円
EUR/USD -40円 12円 -54円 5円 -59円 -12円
TRY/JPY - - 53円 -73円 - -
ZAR/JPY - - 7円 -15円 - -

※ 2021年9月17日時点の1万通貨あたりのスワップポイント。1ドル100円として計算。小数点以下四捨五入。赤字は支払い・青字は受取り。

OX Securitiesは、スワップポイントも有利です。

一般的な海外FX業者の場合、ポジションを保有したまま日をまたぐと、売りも買いも非常に高いマイナススワップを支払う必要があるため、中長期トレード向きではありません。

しかし、OX Securitiesの場合、海外FX業者のわりにスワップポイントをもらえる通貨ペアが多く、支払いスワップの金額も全体的に他社よりリーズナブルです。

高金利通貨ペアであるトルコリラ円・南アフリカ円の取扱いはありませんが、ユーロ円(売)、スイスフラン円(売)、NZドル円(買)、ユーロドル(売)などで多くのスワップポイントが受け取れます。

大手国内FX業者と比較

0.1ロットあたりのスワップポイント

OX Securities
GMOクリック証券
GMOクリック証券
SBI FXトレード
SBI FXトレード
USD/JPY -6円 -22円 4円 -7円 7円 -11円
EUR/JPY -30円 5円 -16円 13円 -17円 12円
CAD/JPY -3円 -13円 5円 -8円 5円 -10円
AUD/JPY -5円 -10円 1円 -4円 0円 -5円
CHF/JPY -36円 11円 -21円 18円 -18円 13円
GBP/JPY -13円 -29円 8円 -11円 7円 -12円
NZD/JPY 3円 -18円 1円 -4円 1円 -6円
EUR/USD -40円 12円 -29円 26円 -25円 20円
TRY/JPY - - 41円 -44円 41円 -51円
ZAR/JPY - - 8円 -11円 8円 -11円

※ 2021年9月17日時点の1万通貨あたりのスワップポイント。1ドル100円として計算。小数点以下四捨五入。赤字は支払い・青字は受取り。

一般的にスワップポイント狙いの取引なら国内FX業者が圧倒的に有利ですが、OX Securitiesは国内大手GMOクリック証券GMOクリック証券と比べても遜色ありません。

むしろ、NZドル円(買)などはOX Securitiesのほうが受取り額が高額です。

 

取引ツール・サービス

取引ツールはMT4のみ

取引ツールの種類
対応機種・OS 自動売買
インジケータ追加
MT4 ダウンロード Windows 可能
ブラウザ Windows・mac 不可
アプリ Android・iOS 不可
MT5 ダウンロード なし
ブラウザ なし
アプリ なし
cTrader ダウンロード なし
ブラウザ なし
アプリ なし
独自ツール ダウンロード なし
ブラウザ なし
アプリ なし

取引ツールは、MT4(MetaTrader4)のみです。最新版のMT5(MetaTrader5)には対応していません。

MT4は、Windows対応のダウンロードタイプ、Windows・mac対応のブラウザタイプ、Android・iOS対応の専用アプリがリリースされています。

この内、自動売買のためのEA(Expert Adviser)やカスタムインジケータをインストールできるのは、Windows対応のダウンロードタイプだけなので注意しましょう。

スマホ・タブレットでは自動売買はできません。macユーザーの場合は、以下の記事で対処方法を解説しているので参考にしてください。

macでMT4を動作させる方法まとめ

MT4(MetaTrader4)はWindows専用ソフトなので、通常であればmacにインストールすることはできません。 そのため、これまでmacユーザーは一部の海外FX業者からダウンロードできる「m ...

続きを見る

MT4・MT5の違いについては、以下の記事をご覧ください。

MT4とMT5はどっちがいい?スマホアプリ・PCの違いを比較

MetaQuotes社が開発した高機能取引ツールMetaTrader4、MetaTrader5(以下、MT4、MT5)は、海外FXをする上では欠かすことのできないツールです。 どちらも無料で利用でき、 ...

続きを見る

 

メール・電話による日本語サポートの質が高い

サポート窓口
日本語対応 受付時間
電話 可能 不明
メール 可能 平日24時間
チャット なし

※ 2021年9月時点

OX Securitiesの日本語サポート窓口は、電話とメールの2種類です。

電話は国際電話料金が発生するのであまりおすすめしません。

マイページのお問い合わせフォームを利用するか、以下のメールアドレスに直接メールしてください。

service@oxsecurities.com

場合によっては日本人スタッフからの折り返し電話がもらえることもあるので、もし非通知での着信があれば受けてみてください。

顧客対応はとても丁寧かつ積極的で、なんでも気軽に相談できる雰囲気があります。

 

キャンペーン・ボーナス

OX Securitiesのキャンペーン・ボーナスは基本的に期間限定かつ不定期開催なので、口座開設時にはここで紹介しているキャンペーンとは異なるキャンペーンが開催されているかもしれません。

直近に開催されたキャンペーンのみ掲載していますが、基本的なルールやパターンは毎回同じだと思うので、おおよその傾向は把握できるかと思います。

 

30ドル入金不要ボーナス(2021年8月31日まで)

キャンペーン概要
キャンペーン期間 期間限定(直近:2021年8月23日〜8月31日)
キャンペーン対象口座 スタンダード口座・プロ口座
キャンペーン内容 新規口座開設ボーナス30ドル

ココがポイント

  • 新規口座開設するとボーナス30ドルがもらえる
  • 1.5ロット以上・往復5回以上の取引完了でボーナス出金可能
  • スタンダード口座・プロ口座どちらもキャンペーン対象

ココに注意

  • 新規口座開設者限定
  • ボーナス反映までに最大48時間要する場合あり
  • 資金を出金・資金移動すると保有ボーナス全額消滅

OX Securitiesは、期間限定で新規口座開設キャンペーンを開催しました。

キャンペーン期間中に初めてOX Securitiesで口座開設した人は、取引資金に使えるボーナス30ドルがもらえます。

キャンペーン対象口座は、スタンダード口座・プロ口座です。

ボーナス反映までには最大48時間要する場合もありますが、口座開設後に自動入金されます。

もらったボーナスは1.5ロット以上かつ往復5以上の取引達成で出金可能です。

ただし、自己資金・利益を一部でも出金すると保有中のボーナスは全額消滅してしまうので注意してください。

また、アービトラージやリスクゼロの不正取引はボーナスの使用の有無に限らず利益没収・口座凍結の対象となります。

入金不要ボーナス利用規約

日本人スタッフの方によれば、今後もキャンペーンの開催を検討しているようです。

しかし、OX Securitiesはボーナスを不正利用して利益をむさぼる一部の悪質トレーダーをとても警戒しており、積極的なキャンペーン開催にはなかなか踏み切れないとのこと。

そのため、現状は取引条件が良い割りになかなか知名度が上がらないというジレンマに悪戦苦闘中だそうです。

 

口座開設・入出金

必要書類は本人確認書類と現住所確認書類

口座開設の際は、以下の書類の画像データが必要となります。

書類全体が写るよう鮮明に撮影したものをあらかじめ用意してください。

OX Securitiesでは、必要書類を提出して本人認証が完了するまでは入金・取引ができません。

本人確認書類(有効期限内・写真付き・両面)

  • パスポート
  • その他の国民ID

現住所確認書類

  • ガスや電気の請求書
  • 居住地を証明するその他ドキュメント
画像形式は、JPG・JPEG・PNG形式で保存してください。

本人確認書類が準備できたらOX Securities公式サイトにアクセスして、口座開設と必要書類をアップロードしましょう。

 

口座開設手順

step
1
公式サイトにアクセスする

まずはOX Securities公式サイトにアクセスし、今すぐ取引を開始するまたは今すぐ申し込むをクリックします。

 

step
2
個人情報を登録、取引口座を選択する

個人情報を登録して取引口座を選択したら、利用規約同意のチェックを入れ登録をクリックします。

口座タイプはスタンダード・プロの2種類、口座通貨はJPY・USD・EUR・GBP・SGDの5種類、レバレッジは1・10・25・50・100・200・400・500倍の8種類から選択可能です。

 

step
3
口座をメール認証する

届いたメール本文にあるリンクをクリックします。

 

step
4
マイページにログインして本人認証をする

メールアドレス・パスワードを入力し、ログインをクリックします。

 

マイページトップにある個人情報をクリックします。

 

あらかじめ用意していた本人確認書類と現住所確認書類の画像ファイルをファイルを選択でそれぞれ指定し、変更を保存をクリックします。

 

本人認証が完了すると、MT4のログインID・パスワード・取引サーバー名がメールで届きます。

口座開設手続きは以上です。

 

step
5
追加口座を開設する

追加口座を開設したい場合は、マイページトップにある口座開設をクリックします。

 

口座タイプ・レバレッジ・パスワードを選択・入力し、利用規約の同意チェックを入れたら送信するをクリックします。

 

すぐにMT4のログインIDとパスワードがメールで届きます。

 

入出金方法はbitwallet・AdvCash・海外銀行送金のみ

入金方法
最低金額 所要日数 手数料
クレジットカード
デビットカード
VISA なし
master なし
JCB なし
オンライン
ウォレット
bitwallet 指定なし 即時 無料
AdvCash 指定なし 即時 無料
STICPAY なし
仮想通貨 BTC なし
ETH なし
LTC なし
銀行送金 国内 なし
海外 指定なし 1〜3営業日 無料
出金方法
最低金額 所要日数 手数料
クレジットカード
デビットカード
VISA なし
master なし
JCB なし
オンライン
ウォレット
bitwallet 指定なし 即時 無料
AdvCash 指定なし 即時 無料
STICPAY なし
仮想通貨 BTC なし
ETH なし
LTC なし
銀行送金 国内 なし
海外 指定なし 1〜3営業日 無料

※ 2021年9月時点。1ドル100円換算。
※ 金融機関・決済サービス会社・取引所で発生する入出金手数料・送金手数料等は別途自己負担。

OX Securitiesの入出金方法は、オンラインウォレットのbitwallet・AdvCashと海外銀行送金の2種類のみです。

現状のベストな入金方法は、bitwalletアカウントを作成し、そのbitwalletに国内銀行振込で資金を入金後、OX Securitiesに送金する手順です。

bitwalletのアカウント作成方法は以下の記事をご覧ください。

海外FXの入出金はbitwalletが早いしおすすめ(ビットウォレット)アカウント作成〜出金方法

海外FX業者を利用する際の資金の入出金には、bitwallet(ビットウォレット)を利用するのが非常に便利です。 入金・出金のどちらも早く、手数料が安い。 むしろ、クレジットカード・デビットカード以外 ...

続きを見る

入金手続きはOX Securitiesマイページにて口座単位で行います。

bitwallet側は国内銀行送金であれば入金手数料無料、OX Securities側も入金手数料無料です。

海外銀行送金での入金は、銀行側の送金手数料が高いですし、口座反映までに最大3営業日ほどかかるのでおすすめしません。

bitwalletなら、コストを抑えてスピーディーに手続きできます。

出金手続きは、入金の逆の手順を踏めばOKです。

ただし、bitwalletから国内銀行送金で資金を出金する際にだけ出金手数料が発生するのでこまめな出金は控えたほうが良いでしょう。

2021年9月時点での国内銀行送金の出金手数料は777円です。

ちなみに、OX Securities公式サイトに記載されている入出金方法は海外向けの内容です。

日本居住者はオンラインウォレットSkrill・NETELLERなどが利用できません。


マイページ 入金メニュー

実際のマイページにある入金メニューは上記のようになっています。

上段が送金通貨別の海外銀行送金メニュー、下段がオンラインウォレットメニューです。

bitwalletを経由すればクレジットカード入金も可能です。

ただ、クレジットカード決済時にbitwallet側で発生する手数料8〜8.5%が少々割高なので、小まめな入金は控えたほうが良いでしょう。

bitwalletからOX Securitiesへの送金手数料は無料です。


AdvCash公式サイト

また、AdvCashを経由すればビットコインで入金できます。

コストはマイニング手数料のみです。

 

ボーナスを活用して取引しないと損!

海外FX業者の中には、

  • 口座開設だけで10000円
  • 入金額の100%ボーナス

など、知らないと損をするお得なボーナスを実施しているところが沢山あります。

信頼性の高い業者のみを厳選して紹介しているので、今一番お得なキャンペーンを見つけてください。

 

2021年!安全かつ人気のおすすめFX海外業者ランキング

海外FXおすすめ業者ランキング

FX海外業者で最も重要視しなければいけないのは次の3つです。

  • 業者の安全性・信頼性
  • スプレッド・取引コストの安さ
  • ボーナス・日本語サポートの有無

しかし、海外業者は情報が少ないため、どこが人気で優良な業者なのかわからない人がとても多いです。

当サイトを見てくれた人だけに、日本だけでなく海外でも知名度がある本当に人気のおすすめ海外業者を紹介します。

 

  • この記事を書いた人

海外FX wiki編集部

海外FX歴14年。専業トレーダーとして月間最高利益2000万円。初心者が安心して海外FXを利用できるように信頼できるコンテンツを提供していきます。

-海外FX口座レビュー

© 2021 海外FX Wiki