Axiの評判|口コミ・安全性について(アクシ)

公式サイト:https://www.axi.com/jp

2019年5月に日本から撤退したオーストラリアのFX業者Axi(アクシ)が、2022年8月より再び日本居住者向けサービスを再開しました。

すでに国内トレーダーの間では、優れた取引環境と信頼性の高さが評判になっています。

最大レバレッジ1,000倍と業界トップレベルでタイトなスプレッドが魅力の取引環境は、アクティブトレーダーも満足できるスペックです。

また、スピーディーな入出金対応と日本語サポートが提供されているおり、初心者の人でもスムーズに取引を始められます。

公式サイト・マイページは完全に日本語化されており、日本人による日本語サポートも電話・メール・チャットに対応しています。

信頼性・安全性に懸念はあるもの全てのサービスが業界平均以上の注目業者

総合評価77pt
  • 世界100ヵ国に6万人以上のユーザーを抱えるオーストラリアのトップブローカー
  • グループ会社が信頼性の高いASIC(オーストラリア)とFCA(イギリス)の金融ライセンスを保有
  • 紛争解決機関「Financial Commission」に加盟しているからトラブル時も安心

メリット

  • メジャー通貨ペアを最大レバレッジ1,000倍で取引できる
  • スプレッドの狭さは業界屈指のTradeViewやExnessさえも凌駕している
  • 株式116銘柄、仮想通貨35銘柄など各種CFD銘柄が豊富
  • スワップポイントが好条件
  • スキャルピングや自動売買に制限なし
  • アカウント作成時の提出書類は本人確認書類のみでOK
  • トラブル時は「Financial Commission」が2万ユーロまで損害を補償

デメリット

  • 入金ボーナスキャンペーンは期間限定で開催
  • ポジションサイズによるレバレッジ制限が少々厳しい
  • ゼロカットは自動適用ではなく承認制
  • 取引ツールがMT4のみ(MT5の提供なし)
  • 入出金方法は国内銀行送金と仮想通貨のみ

ココがポイント

  • 取引条件やサービスは文句なしの好条件
  • 今のところ国内トレーダーからは多数の出金報告が出ており大きなトラブルもない
  • 気になるのは海外トレーダーから報告されている取引操作疑惑・出金拒否・出金遅延など
  • しばらく高額入金は控え、国内トレーダーからのクチコミを注視しておくべき

Axiは、アキシ、アキシー、アクシ、アクシーなどさまざまな呼ばれ方をします。また、以前まではAxitrade(アキシトレード)の名称でサービスを提供していました。

そのため、同じ海外FX業者のAXIORY(アキシオリー)AximTrade(アキシムトレード)と間違われることも多いので注意してください。

Axi最大のメリットはスプレッドの狭さで、USD/JPYはスタンダード口座なら1.0pips、プレミアム口座なら0pips〜0.5pipsと非常にタイトです。

最大レバレッジも1,000倍でスキャルピングや自動売買の制限もないため、さまざまなトレードスタイルを優れた取引環境で実践できます。

サービス開始当初はキャンペーンを開催していませんでしたが、現在は期間限定で入金ボーナスキャンペーンを開催するなどサービスのアップデートにも積極的です。

今のところ国内トレーダーからの評判は上々ですが、以前より海外トレーダーからの評判が非常に悪いためしばらくは警戒が必要です(2023年4月時点)。

Axiの公式サイトはこちら

もくじ

信頼性・安全性

運営会社の実態が不透明な海外FX業者には注意が必要です。

突然の倒産・日本撤退の危険性がありますし、取引操作・出金拒否・利益取消といった、トレーダーの不利益に繋がる行為を平気で行う悪徳業者や詐欺業者も多いからです。

自分の大切な資金を守るためにも、最低限、会社の所在地・金融ライセンス・資金の管理体制ぐらいはしっかり公開している業者を選ぶようにしましょう。

金融ライセンスはASICやFCAを保有

会社情報
運営会社 AxiTrader Limited
設立 2019年
登録住所 Suite 305, Griffith Corporate Centre, PO Box 1510,
Beachmont Kingstown, St Vincent and the Grenadines
金融ライセンス SVG FSA
セント・ビンセント・グレナディーン
(登録番号:25417 BC 2019)

Axiでは、2019年にセントビンセントグレナディーンで法人登録をした子会社「AxiTrader Limited」が、日本人トレーダー向けにサービスを提供しています。

この会社は信頼性の低いセントビンセント・グレナディーンでライセンスを取得していますが、オーストラリアの親会社「AxiCorp Financial Services Pty Ltd」ASIC(オーストラリア証券投資委員会)を保有しています。

また、ヨーロッパでサービスを提供するイギリスのグループ会社「Axi Financial Services(UK) Ltd」FCA(英国金融行動監視機構)を取得しており、グループ会社全体での信頼性は非常に高いと言えるでしょう。

会社情報
運営会社 AxiCorp Financial Services
Pty Ltd
Axi Financial Services
(UK) Ltd
設立 2007年 2012年
登録住所 Level 13, 73 Miller Street,
North Sydney,NSW 2060
Australia
1 Finsbury Market
London,EC2A 2BN
United Kingdom
金融ライセンス ASIC
オーストラリア証券投資委員会
(登録番号:127 606 348)
FCA
英国金融行動監視機構
(登録番号:466201

さらに、CEOの金融業界で20年以上の経験を持つラジェッシュ・ヨハナン氏を筆頭に、さまざまな分野のプロフェッショナルが経営幹部に名を連ねています。

シドニー、シンガポール、ロンドンなど世界各地に8つのオフィスを構えており、予約を取ればユーザーが直接オフィスを訪問することも可能だそうです。

開放的でユーザーに寄り添う姿勢は世界中で評価されており、「ベストMT4ブローカー」「ベストフォレックスブローカー」など数々の受賞歴もあります。

分別管理あり|信託保全なし

Axiでは、顧客資金と業者資金を完全に分別管理しているため安全です。

トラブル対応やクレームも、社内のクライアント・サービス・チームが適切に対応します。

さらに、Axiは紛争解決サービス「Financial Commission」に加盟しています。

Axiとトレーダーとの間で解決困難なトラブルは、社外の独立した第三者機関が無料で仲介し、顧客一人あたり最高2万ユーロまでの判決をカバーすることが可能です。

ただし、国内FX業者のような信託保全制度はないので、万が一Axiが破綻した場合は口座資金が全額返還される保証はありません。

日本の金融庁からの警告あり

出典:金融庁「無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について」

Axiには、日本の金融庁関東財務局から警告が出ています(2024年3月時点)。

金融庁に登録せずに日本人トレーダーを受け入れている全ての海外業者は、日本の法律上は無登録業者という扱いとなり警告が発せられます。

日本の法律上「海外業者が日本居住者にサービスを提供すること」「日本居住者が海外業者のサービスを使って取引すること」は合法です。

しかし、海外業者が日本居住者を対象に勧誘行為(プロモーション活動)を行うことは、以下の規制によって明確に禁止されています。

外国証券業者に関する法律第3条により、外国証券業者が国内にある者を相手に証券取引行為を行う場合には、国内に支店等の営業拠点を設け、監督当局の登録を受けなければなりません。本規定に違反した場合は、同法第45条及び第50条の罰則が課せられます。

しかし、登録を受けない外国証券業者であっても、その取引相手が証券会社やその他金融機関等の場合、もしくは証券業者が「勧誘」及び「勧誘に類する行為」をすることなく国内居住者から注文を受ける場合は、国内居住者との取引をすることができます。

ここで言う「勧誘に類する行為」とは、「新聞、雑誌、テレビジョン及びラジオ並びにこれらに類するものによる有価証券に対する投資に関する広告、有価証券に対する投資に関する説明会の開催、口頭、文書又は電話その他の通信手段による有価証券に対する投資に関する情報提供」等が含まれます。

出典:金融庁「外国金融サービス業者が我が国市場に参入するにあたって適用される法規制」

つまり、海外FX業者が日本語公式サイトを運営したり日本語でキャンペーンを告知したりすることがまずいという訳です。

そのため、日本人に人気のある海外FX業者のほとんどが、すでにこの警告を受けてしまっています。

ただ、この警告には行政処分や業務停止命令といった効力は一切ありません。

クチコミ・評判

ここでは、海外トレーダー・国内トレーダーのクチコミの一部をご紹介します。

ただ、投稿者にはさまざまな事情があります。すべて鵜呑みにはせず、以下のような点に注意してご覧ください。

  • 口座タイプが違う
  • 取引銘柄・取引数量・注文方法が違う
  • 取引時間帯が違う
  • トレードスタイルが違う
  • VPSの有無・通信状態・スペックが違う
  • 投稿時期によってサービスが変わっている
  • 業者の禁止行為に抵触している
  • 負けた腹いせによる誹謗中傷・愚痴
  • アフィリエイターによる過剰な宣伝
  • ライバル会社による虚偽の投稿

海外では取引操作の疑惑や出金拒否・出金遅延の報告多数

海外FXWiki編集部

海外最大級のFX掲示板「FPA(ForexPeaceArmy.com)」は、海外FX業者の評判を知る上でとても参考になるサイトです。Axiの評価は★2.7と悪く、レビューを見ても多くのユーザーが厳しい意見を述べています。(2023年4月時点)。

alastair90,Edmonton, Alberta, Canada,Dec 4, 2022,Registered user

彼らは詐欺師です! ニュース取引からの私の 1 つの有益な注文を調整します…しかし、私はスリッページがあり、注文は非常に長い4000MSで実行され、2分間実行されましたが、会社の調整… Omg 、、(Google翻訳)

Audrey,Santa Catarina, Brazil,Jan 4, 2022,Registered user

このブローカーには十分に注意してください。ボラティリティの高い瞬間を利用して、アカウントを壊す可能性のある巨大なスプレッドを持つ巨大なろうそくを作成します.AXIで2回起こりました。 他のブローカーでは、3000 ポイントのローソク足と 3000 ポイントのスプレッド (エキゾチック ペアの場合) がありますが、AXI では、同じローソク足に 12500 ポイントと 11000 ポイントのスプレッドが残っているため、マージンが爆発的に大きくなります…残念なことに、顧客を壊すために仲介業者が存在します。(Google翻訳)

Ildospag,Rio grande do sul, Brazil,Dec 30, 2022,Registered user

Axiから出金できません。

私は出金できません、私は何週間も試みてきましたが彼らはいつも言い訳を作り、提出物を求め、携帯電話の代わりにコンピューターでそれをしようと言い、彼らは私をだましています。(Google翻訳)

mylee017Johor, Malaysia,Jan 27, 2022,Registered user

まず、プロ アカウントでのスプレッドの低さに感銘を受けました。ライブ取引口座への入金は非常に高速です。しかし、200ドル以上を出金しようとすると、永遠に時間がかかり、今日まで1セントも得られませんでした。何人かのサポート スタッフに相談しましたが、彼らは私を助けることができず、別の部署からの領収書が表示されるのを待っているだけだと言い続けました。普段はしないことで、本当にドキドキしました。(Google翻訳)

RNG75HIim,malaysia, Malaysia,May 23, 2022,Registered user

私の取引利益は、任意の理由で彼らによって差し引かれました。以下の私の取引記録の問題点をご覧ください。私は短期トレーダーです。 私のように短期取引をする人は気をつけてください。 彼らはあなたの利益を任意の理由で控除します。(Google翻訳)

wonogirifx,Indonesia, Indonesia,Oct 20, 2021,Registered user

axi ブローカーで取引しようとしましたが、利益を上げた後、預金をしたときに自分の口座から同じ銀行口座に出金しようとしました。しかし、このブローカーでの引き出しプロセスは非常に遅く、私はまだ引き出しプロセスを待っています.ここに投稿するプロセスを実行した後、どれだけ速く終了するかを後で確認します。(Google翻訳)

UdhayaShan,Singapore, Singapore,Jan 16, 2022,Registered user

私のすべてのアカウント (お金を含む)のパスワードが変更されました。取引できず、何が起こったのかわかりません。(Google翻訳)

海外FXWiki編集部

海外トレーダーのレビューを見ると、スリッページ・異常チャート・出金拒否・出金遅延・利益取消・口座凍結の報告があります。スリッページや異常チャートについての詳細は不明で、出金トラブルについては利用規約違反の可能性もあるため全て鵜呑みにはできませんが、どれも直近の情報なので非常に気になるところです。

国内では特定のトレーダーから大絶賛されている

海外FXWiki編集部

Axiの評判は既にTwitterで広まっており、国内トレーダーからは大絶賛されています。ただ、2023年4月時点でAxiを賞賛しているTwitterアカウントは、ここで紹介している一部のユーザーのみです。日本でのサービス開始から間もないにもかかわらず、どれも一様にAxiを絶賛しているため、少々違和感を感じます。日本人の利用者はまだ少ないと思われるので、優良業者かどうかの判断は時期尚早だと思います。

特にスプレッドが好評だが、広がりやすさを指摘する声もある

海外FXWiki編集部

Axiはスプレッドの狭さに定評がありますが、「タイミングによってはかなり広がる」という報告もあるため、取引する時間帯には注意が必要です。

海外FXWiki編集部

その他にも、取引ルールやMT5を取扱っていない点に不満を持つユーザーも多いようです。

取引条件・取引ルール

ここではAxiの取引条件・取引ルールを、他社と比較しながら詳しく解説します。

なお、比較対象のFX業者は、初心者から上級者にまで人気のある大手FX業者や、比較的タイプの似ているFX業者から選定しました。

タイプの似ている業者と比較することで、Axiの強み弱みがより直感的に分かるようになっています。

口座タイプは3種類

口座タイプと取引条件
スタンダード プレミアム エリート
取引形態 NDD STP NDD ECN NDD ECN
最大レバレッジ 1,000倍 1,000倍 1,000倍
取扱銘柄 通貨ペア
貴金属
エネルギー
商品
株価指数
株式
仮想通貨
通貨ペア
貴金属
エネルギー
商品
株価指数
株式
仮想通貨
通貨ペア
貴金属
エネルギー
商品
株価指数
株式
仮想通貨
取引手数料 無料 片道3.5ドル 片道1.75ドル
スプレッド 1.0pips 0.0~0.5pips 0.0~0.5pips
ロット単位 10万通貨 10万通貨 10万通貨
最小取引数量 0.01ロット 0.01ロット 0.01ロット
最大取引数量 100ロット 100ロット 100ロット
最大ポジション数 指定なし 指定なし 指定なし
ストップレベル 1ポイント 1ポイント 1ポイント
スキャルピング 可能 可能 可能
自動売買 可能 可能 可能
両建て 可能 可能 可能
マージンコール 100% 100% 100%
ロスカット 20% 20% 20%
ゼロカット あり
(承認制)
あり
(承認制)
あり
(承認制)
取引ツール MT4 MT4 MT4
口座通貨 JPY
USD
SGD
JPY
USD
SGD
JPY
USD
SGD
最低入金額 指定なし 500ドル 25,000ドル
キャンペーン なし(2023年4月時点)

ロット単位・スプレッド・最小取引数量・最大取引数量・ストップレベルは「米ドル円」の値。取引手数料は1ロットあたりの金額。

Axiには、取引手数料・スプレッド・最低入金額が異なる3つの口座タイプが用意されています。

最も使いやすいのはスタンダード口座です。

この3口座の中ではスプレッドが最も広いのですが、取引手数料無料で最低入金額に指定がありません。

プレミアム口座は、スプレッドが狭い代わりに外付けの取引手数料が1ロットあたり片道3.5ドル発生します。

また、最低入金額も500ドルと少々敷居が高めです。

エリート口座は、最も取引コストを抑えられる大口トレーダー向けの口座タイプです。

スプレッドはプレミアム口座と同一ですが、取引手数料が1ロットあたり片道1.75ドルとプレミアム口座の半額に設定されています。

ただし、エリート口座を保有するには、最低でも25,000ドルの口座残高が必要です。

口座残高が15日間連続で25,000ドルを下回った場合は、自動的にプレミアム口座に移行されます。

最大レバレッジは1,000倍|レバレッジ制限に注意

Axiでは、全ての口座タイプで最大レバレッジ1,000倍で取引できます。

ただし、実際に1,000倍で取引できるのはメジャー通貨ペアだけです。

また、Axiはポジションサイズによるレバレッジ制限を採用しています。

取引数量が増えるほど最大レバレッジが引き下げられるので、証拠金不足にならないよう注意しましょう。

銘柄ごとの最大レバレッジとレバレッジ制限のルールは、以下の通りです。

メジャー通貨ペア
ポジションサイズ 最大レバレッジ
〜10,000,000ドル 1,000倍
10,000,000ドル〜20,000,000ドル 500倍
20,000,000ドル〜30,000,000ドル 50倍
30,000,000ドル〜 33倍

AUD/CAD、CAD/JPY、EUR/CAD、EUR/JPY、GBP/CAD、NZD/CAD、NZD/USD、USD/JPY

マイナー通貨ペア
ポジションサイズ 最大レバレッジ
〜10,000,000 500倍
10,000,000ドル〜30,000,000ドル 250倍
30,000,000ドル〜 100倍

AUD/CHF、CAD/CHF、CHF/JPY、EUR/CHF、GBP/CHF、NZD/CHF、USD/CHF、USD/ZAR、ZAR/JPY

エキゾチック通貨ペア(1)
ポジションサイズ 最大レバレッジ
〜5,000,000ドル 250倍
5,000,000ドル〜 100倍

AUD/NOK、AUD/SGD、CAD/SGD、CHF/SEK、CHF/SGD、EUR/HUF、EUR/NOK、EUR/PLN、EUR/SEK、EUR/SGD、GBP/MXN、GBP/NOK、GBP/PLN、GBP/SEK、GBP/SGD、MXN/JPY、NOK/JPY、NOK/SEK、SGD/JPY、USD/CNH、USD/HUF、USD/ILS、USD/MXN、USD/NOK、USD/PLN、USD/RON、USD/SEK、USD/SGD

エキゾチック通貨ペア(2)
ポジションサイズ 最大レバレッジ
〜5,000,000ドル 166倍
5,000,000ドル〜 83倍

EUR/CZK、USD/CZK、USD/IDR、USD/INR、USD/KRW、USD/THB、USD/TWD

通貨ペア以外のCFD銘柄には、上記ルールは適用されません。

CFD銘柄の最大レバレッジは、貴金属が1,000倍、エネルギーが100倍、商品が1,000倍、株式が20倍、株価指数が500倍、仮想通貨が200倍です。

また、それぞれ個別にレバレッジ制限のルールが設定されています。

詳細はプロダクトスケジュールを参照してください。

通貨ペアは67銘柄|株式CFDと仮想通貨CFDも充実

大手海外FX業者と比較

全取扱銘柄

Axi

Exness

XM Trading
外国為替 67銘柄 127銘柄 55銘柄
貴金属 7銘柄 11銘柄 4銘柄
エネルギー 5銘柄 2銘柄 5銘柄
商品 4銘柄 なし 8銘柄
株式 116銘柄 31銘柄 なし
株価指数 29銘柄 13銘柄 24銘柄
債券 なし なし なし
ETF なし なし なし
仮想通貨 35銘柄 7銘柄 31銘柄

2023年4月時点。

Axiは、取扱銘柄が豊富です。

通貨ペア67銘柄、貴金属7銘柄、エネルギー5銘柄、商品4銘柄、株式116銘柄、株価指数29銘柄、仮想通貨35銘柄です。

他社よりも、株式CFDと仮想通貨CFDがとても充実しており、通貨ペアもクロス円やマイナー通貨ペアの種類が充実しています。

Axiの全取扱通貨ペアは以下の通りです。

クロス円
USD/JPY MXN/JPY
AUD/JPY NOK/JPY
CAD/JPY NZD/JPY
CHF/JPY SGD/JPY
EUR/JPY ZAR/JPY
GBP/JPY
クロスカレンシー
AUD/CAD GBP/NZD
AUD/CHF GBP/PLN
AUD/NOK GBP/SEK
AUD/NZD GBP/SGD
AUD/SGD GBP/USD
AUD/USD NOK/SEK
CAD/CHF NZD/CAD
CAD/SGD NZD/CHF
CHF/SEK NZD/USD
CHF/SGD USD/CAD
EUR/AUD USD/CHF
EUR/CAD USD/CNH
EUR/CHF USD/CZK
EUR/CZK USD/HKD
EUR/GBP USD/HUF
EUR/HUF USD/IDR
EUR/NOK USD/ILS
EUR/NZD USD/INR
EUR/PLN USD/KRW
EUR/SEK USD/MXN
EUR/SGD USD/NOK
EUR/USD USD/PLN
EUR/ZAR USD/RON
GBP/AUD USD/SEK
GBP/CAD USD/SGD
GBP/CHF USD/THB
GBP/MXN USD/TWD
GBP/NOK USD/ZAR

2023年4月時点。

+ 通貨記号一覧

AUD:豪ドル、CAD:カナダドル、CHF:スイスフラン、CNH:オフショア人民元、CZK:チェココルナ、EUR:ユーロ、GBP:ポンド、HKD:香港ドル、HUF:ハンガリーフォリント、IDR:インドネシアルピア、ILS:イスラエルシェケル、INR:インドルピー、JPY:日本円、KRW:韓国ウォン、MXN:メキシコペソ、NOK:ノルウェークローネ、NZD:ニュージーランドドル、PLN:ポーランドズヴォティ、RON:ルーマニアレウ、SEK:スウェーデンクローナ、SGD:シンガポールドル、THB:タイバーツ、TWD:台湾ドル、USD:米ドル、ZAR:南アフリカランド

取引手数料は片道3.5ドル|スプレッドの狭さは業界トップレベル

ここでは、代表的な通貨ペア0.1ロット(1万通貨)あたりの取引コストを他社と比較します。取引コストとは「往復手数料+スプレッド」のことです。

なお、すべて日本円に換算して計算・比較しているため、実際の金額とは多少異なる場合もあるので注意してください。

取引コストを他社と比較

0.1ロットあたりの取引コスト

スタンダード

スタンダード

スタンダード
USD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.0pips 0.8~1.1pips 1.6~1.9pips
トータル 100円 80~110円 160~190円
EUR/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.1~1.6pips 1.9pips 2.0~2.3pips
トータル 110~160円 190円 200~230円
CAD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.9~2.2pips 2.4pips 3.5~3.8pips
トータル 190~220円 240円 350~380円
AUD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.5~1.8pips 2.1pips 3.2pips
トータル 150~180円 210円 320円
CHF/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 2.7~2.8pips 2.7~4.1pips 2.9~3.4pips
トータル 270~280円 270~410円 290~340円
GBP/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.7~1.9pips 2.0pips 3.0~3.5pips
トータル 170~190円 200円 300~350円
NZD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.4~1.8pips 2.9pips 2.8~3.1pips
トータル 140~180円 290円 280~310円
EUR/USD 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.3pips 0.8~1.0pips 1.6~1.9pips
ータル 174円 107~134円 214~255円

0.1ロット=1万通貨。スプレッドは2023年4月18日21時台の変動幅。1ドル134円として計算。小数点以下四捨五入。赤字は最も割高・青字は最もお得。

Axiスタンダード口座の取引手数料・スプレッド・トータルコストを、人気の海外FX業者Exnessスタンダード口座・XM Tradingスタンダード口座と比較しました。

いずれの口座も取引手数料が無料な代わりに、スプレッドがやや広めの口座タイプです。

このうち全体的にトータルコストが安かったのは、Axiスタンダード口座でした。

Axiスタンダード口座は、スプレッド自体が狭いことに加えて変動幅も小さく安定しています。

Exnessスタンダード口座もスプレッドが狭く安定した口座ですが、ほとんどの通貨ペアがAxiには敵いませんでした。

取引コストを他社と比較

0.1ロットあたりの取引コスト

プレミアム

ロースプレッド

XM Zero
USD/JPY 往復手数料 0.7ドル 0.7ドル 1ドル
スプレッド 0.0~0.5pips 0.0pips 0.0~0.2pips
トータル 94~144円 94円 134~154円
EUR/JPY 往復手数料 0.7ドル 0.7ドル 1ユーロ
スプレッド 0.4~0.7pips 0.2~0.3pips 0.2~0.3pips
トータル 134~164円 114~124円 167~177円
CAD/JPY 往復手数料 0.7ドル 0.7ドル 1カナダドル
スプレッド 0.4~0.7pips 0.5~1.3pips 1.6~1.8pips
トータル 134~164円 144~224円 260~280円
AUD/JPY 往復手数料 0.7ドル 0.7ドル 1豪ドル
スプレッド 0.4~0.7pips 0.3~0.4pips 1.1pips
トータル 134~164円 124~134円 200円
CHF/JPY 往復手数料 0.7ドル 0.7ドル 1スイスフラン
スプレッド 1.1~1.2pips 0.1~0.7pips 0.8~1.2pips
トータル 204~214円 104~164円 229~269円
GBP/JPY 往復手数料 0.7ドル 0.7ドル 1ポンド
スプレッド 0.7~1.2pips 0.3~0.4pips 0.7~1.2pips
トータル 164~214円 124~134円 237~287円
NZD/JPY 往復手数料 0.7ドル 0.7ドル 1NZドル
スプレッド 0.3~0.9pips 0.7~0.8pips 1.6~2.2pips
トータル 124~184円 164~174円 243~303円
EUR/USD 往復手数料 0.7ドル 0.7ドル 1ユーロ
スプレッド 0.0~0.1pips 0.0pips 0.0~0.3pips
トータル 94~107円 94円 147~187円

0.1ロット=1万通貨。スプレッドは2023年4月18日21時台の変動幅。1ドル134円、1ユーロ147円、1カナダドル100円、1豪ドル90円、1スイスフラン149円、1ポンド167円、1NZドル83円として計算。小数点以下四捨五入。赤字は最も割高・青字は最もお得。

次に、Axiプレミアム口座の取引手数料・スプレッド・トータルコストを、Exnessロースプレッド口座・XM Zero口座と比較しました。

いずれの口座も外付け取引手数料が発生する代わりに、スプレッドが非常にタイトに設定された口座タイプです。

取引手数料は、Axiプレミアム口座とExnessロースプレッド口座が1ロットあたり片道3.5ドル(0.1ロットあたり往復0.7ドル)、XM Zero口座が1ロットあたり片道5通貨(0.1ロットあたり往復1通貨)です。

取引手数料とスプレッドを合計してトータルコストを計算したところ、トータルコストが最も安かったのはExnessロースプレッド口座でした。Exnessのスプレッドは、極めて狭く安定しています。

Axiプレミアム口座はスプレッドが少々広がりやすい傾向にあるため、Exnessロースプレッド口座よりもやや割高です。エリート口座なら取引手数料を半額にできますが、最低入金額は25,000ドル以上必要なので利用できる人は限られるでしょう。

スワップポイントは国内FX業者並みに好条件

ここでは、代表的な通貨ペア0.1ロット(1万通貨)あたりのスワップポイントを他社と比較します。

なお、すべて日本円に換算して計算・比較しているため、実際の金額とは多少異なる場合もあるので注意してください。

海外FX業者とスワップポイントを比較

0.1ロットあたりのスワップポイント

Axi

Exness
●
XM Trading
USD/JPY 132円 -190円 0円 -192円 77円 -224円
EUR/JPY 107円 -159円 0円 -135円 76円 -183円
CAD/JPY 103円 -138円 0円 -134円 88円 -173円
AUD/JPY 99円 -110円 0円 -103円 52円 -138円
CHF/JPY 19円 3円 0円 -63円 -13円 -135円
GBP/JPY 151円 -214円 0円 -208円 143円 -250円
NZD/JPY 90円 -163円 0円 -123円 74円 -168円
EUR/USD -94円 80円 -83円 0円 -130円 36円
TRY/JPY 0円 0円
ZAR/JPY 9円 -24円 0円 -175円

2023年4月18日時点の1万通貨あたりのスワップポイント。1ドル134円として計算。小数点以下四捨五入。赤字は支払い・青字は受取り。

Axiのスワップポイントを、人気の海外FX業者ExnessとXM Tradingと比較しました。

Axiは受け取りスワップが高く支払いスワップが安いため、他社よりも中長期トレードに向いています。

Exnessは過去にAxiと同じくらい条件の良いスワップポイントを提供していましたが、2023年4月現在は受け取りがスワップ0円に改悪されています。

国内FX業者とスワップポイントを比較

0.1ロットあたりのスワップポイント

Axi
GMOクリック証券
GMOクリック証券
SBI FXトレード
SBI FXトレード
USD/JPY 132円 -190円 193円 -192円 187円 -194円
EUR/JPY 107円 -159円 129円 -132円 130円 -135円
CAD/JPY 103円 -138円 129円 -132円 120円 -125円
AUD/JPY 99円 -110円 90円 -93円 86円 -91円
CHF/JPY 19円 3円 62円 -65円 57円 -62円
GBP/JPY 151円 -214円 206円 -209円 205円 -210円
NZD/JPY 90円 -163円 122円 -125円 118円 -123円
EUR/USD -94円 80円 -83円 80円 -82円 77円
TRY/JPY 92円 -160円 28円 -48円
ZAR/JPY 9円 -24円 12円 -15円 12円 -15円

2023年4月18日時点の1万通貨あたりのスワップポイント。1ドル134円として計算。小数点以下四捨五入。赤字は支払い・青字は受取り。

また、Axiは人気の国内FX業者GMOクリック証券とSBI FXトレードと比較しても遜色のない金額を提供しています。

スワップポイントに関しては、海外FX業者と国内FX業者の差がほとんど無くなりました。

スキャルピング・自動売買に制限なし

Axiは、スキャルピングやEAの使用に制限はありません。

また、最大ポジション数にも制限がないため大口取引も可能です。

1ロットあたりの最大取引数量は、銘柄によって異なります。

USD/JPYなら100ロット、その他の通貨ペアは20〜50ロットです。

ロスカット率20%|ゼロカットは承認制

Axiでは、マージンコールが証拠金維持率100%以下、ロスカットが証拠金維持率20%以下で発動します。

また、Axiはゼロカットも採用しています。

万が一、ロスカットが機能しないほどの価格変動があり口座残高がマイナスになってしまったとしても、マイナス分はAxiが補填してくれるため安心です。

ただし、Axiのゼロカットは承認制です。

マイナス残高は自動ではゼロにリセットされませんので、必ずサポートに連絡して承認を得てください。

ちなみに、日本居住者向けのAxi(SV)の公式サイトにはゼロカットに関する記載はなく、Help Centerにはマイナス残高発生について注意喚起がされています。

念の為に日本語サポートへ問い合わせたところ、「マイナス残高が発生した場合はサポートに連絡して承認を得ることでゼロカットを適用可能」と確認できています。

Axi(AU)公式サイト

Axi(SV)公式サイト

取引ツール・サービス

取引ツールはMT4のみ

取引ツールの種類
対応機種・OS 自動売買
インジケータ追加
MT4 ダウンロード Windows 利用可能
ブラウザ Windows・mac 利用不可
アプリ Android・iOS 利用不可
MT5 ダウンロード なし
ブラウザ なし
アプリ なし
cTrader ダウンロード なし
ブラウザ なし
アプリ なし
その他 ダウンロード なし
ブラウザ なし
アプリ なし

Axiの取引ツールは、MT4(MetaTrader4)のみです。

MT4は多くの海外FX業者が自社の取引ツールとして採用する高機能チャートです。

Windows・Mac対応のダウンロードタイプとブラウザタイプ、Android・iOS対応の専用アプリがリリースされています。

この内、自動売買のためのEA(Expert Adviser)やカスタムインジケータをインストールできるのは、Windows・Mac対応のダウンロードタイプだけです。

スマホ・タブレットでは自動売買できないので注意しましょう。

また、最新版のMT5(MetaTrader5)に対応していないところが非常に残念です。

MT4とMT5のEA・インジケーターには互換性がないため、もしMT5で取引したい人は他社を利用してください。

エリート口座なら無料VPSサービスが利用可能

Axiは、無料VPSサービスを提供しています。

エリート口座で毎月20ロット以上を取引するトレーダーなら、月々発生するVPS料金をAxiが負担してくれます。

無料VPSに利用方法やスペックは、日本語サポートに確認してください。

スタンダード口座とプレミアム口座は対象外です。

もし、スリッページが気になるようであれば独自で有料VPSサービスの利用を検討しましょう。

Axiのサーバーロケーションは、ニューヨーク(エクイニクス社のNY4データセンター)です。

日本語サポートは電話・メール・チャットに対応

サポート窓口
日本語対応 受付時間
電話 可能 平日24時間
メール 可能 平日24時間
チャット 可能 平日24時間

Axiのサポート窓口は、電話・メール・チャットの3種類です。

営業時間は基本的に平日24時間ですが、日本語サポートは平日10時〜18時です。

日本居住者向けのフリーダイヤルが用意されているので、メールやチャットでは難しい込み入った相談もしやすいので安心です。

チャットは待ち時間が短く、顧客対応も非常に高品質だと感じました。

経験豊富な日本人スタッフが、些細な質問に対しても丁寧に対応してくれます。

メールを利用する場合は、以下のメールアドレスを利用してください。

メールアドレス:service@axi.com

日本居住者専用のメールアドレスはないので、メール本文に「日本語サポート希望」と添えてください。

メールやチャットでの問い合わせをした際、もし補足や注意点があれば後からサポートスタッフから折り返し国際電話をかけてくれるので安心です。

Axiは、カスタマーサポートによる顧客のフォロー体制が他社よりも積極的だと感じました。

ちなみに、TwitterにはAxiのサポートスタッフまたは関係者かと思われる非公式アカウントが存在します。

しかし、公式アカウントではありませんので、個人情報や取引内容などを含むセンシティブな会話はしないように注意してください。

キャンペーン・ボーナス

基本的にAxiのキャンペーンは期間限定かつ不定期開催なので、口座開設時にここで紹介しているキャンペーンは終了しているかもしれません。

ただ、今後も同じようなキャンペーンが開催される可能性があるため、ここでは直近に開催されたキャンペーン情報を掲載しています。

基本的なルールやパターンは毎回同じだと思うので、おおよその傾向は把握できるかと思います。

100%+50%入金ボーナス(2024年2月末で終了)

キャンペーン概要
キャンペーン期間 期間限定(直近:2024年2月1〜2024年2月29日)
キャンペーン対象口座 ライブ口座
キャンペーン内容 100%入金ボーナス+50%入金ボーナス
Axiは2024年2月1〜2024年2月29日の期間限定で、100%+50%入金ボーナスキャンペーンを開催しました。
このキャンペーンは日本居住者限定で、Axiで新規口座開設したユーザーのみ対象です。
キャンペーンの主な特徴と注意点は、以下の通りです。

ココがポイント

  • 初回入金に対して100%入金ボーナス最大5,000ドル付与
  • 2回目以降の入金に対して50%入金ボーナス最大5,000ドル付与

ココに注意

  • 最低入金額は1万円
  • ボーナスを受け取るには1回以上の入金および取引を達成する必要がある
  • 条件達成後は、プロモーションコードと共にサポートにメール申請が必要
  • ボーナスを受け取った瞬間からゼロカット非対象となる
  • ボーナスを受け取れるのは、100%・50%それぞれ1回限り
  • キャンペーン期間終了までは自己資金・利益を出金できない
  • ボーナスにはクッション機能なし

キャンペーン期間中の初回入金に対しては100%入金ボーナスが上限5,000ドルまで付与、2回目以降の入金に対しては50%入金ボーナスが上限5,000ドルまで付与されます。

ボーナスを獲得するには1万円以上の入金と1回以上の取引を達成後、サポートにメール申請が必要です。キャンペーンは2段階に別れているので、100%と50%それぞれプロモーションコードを使用してメール申請する必要があります。

ただし、このキャンペーンには取引制限や入出金制限があるので注意が必要です。まず、ボーナスを獲得するとゼロカットが利用できなくなります。

また、キャンペーン期間中は資金や利益が出金できず、ボーナスにはクッション機能もないため実行レバレッジを引き上げる効果しかなく、ボーナス残高を使って損失補填できない点に注意してください。

キャンペーンの参加からボーナス獲得までの手順は以下の通りです。

  1. ライブ口座を開設する
  2. 1万円以上を入金する
  3. 1回以上の取引を達成する
  4. プロモコードを記載したメールを送信する
  5. ボーナスを受け取る

メールアドレス:service@axi.com

プロモーションコード:100%入金ボーナス「JAPAN100」、50%入金ボーナス「JAPAN50」

口座開設・入出金

必要書類は本人確認書類のみ

口座開設の際は、本人認証のため本人確認書類の画像データが必要となります。

書類全体が写るよう鮮明に撮影したものをあらかじめ用意してください。

顔写真の有無・有効期限に注意しましょう。

他社とは異なり、今のところAxiでは現住所確認書類は不要です(2023年4月時点)。

本人確認書類(写真付き)

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード
  • その他の身分証明書など

※ いずれか1点。

本人確認書類が準備できたらAxi公式サイトにアクセスして、口座開設と必要書類をアップロードしましょう。

手順は以下の通りです。

step
1
公式サイトにアクセスする

Axi公式サイトにアクセスし、口座開設をクリックしてください。

step
2
基本情報を入力する

氏名・電話番号・メールアドレスを入力します(国番号は+81)。

プライバシーポリシーに関する同意チェックを入れたら、送信をクリックしてください。

マイページのパスワードを8文字以上の英数字で設定します。

パスワードを設定し、次に進むをクリックしてください。

step
3
口座情報を入力する

口座タイプを選択して、次へをクリックしてください。

口座通貨を選択し、次へをクリックしてください。

step
4
個人情報を入力する

敬称(Mr.・Ms.・Mrs.)・生年月日・出生国を選択してください。

住所をアルファベットで入力し国籍を選択したら、口座の認証をクリックしてください。

step
5
アンケートを入力する

雇用形態・業種・役職名を選択し、次へをクリックしてください。

資金源・平均年収・貯蓄額を選択し、次へをクリックしてください。

投資経験を選択し、次へをクリックしてください。

step
6
必要書類をアップロードする

提出書類を選択してください。

ここでは、運転免許証を選択します。

表示された専用の認証画面を下にスクロールして、開始をクリックしてください。

書類のアップロード方法を選択します。

ここではこのデバイスからファイルをアップロードを選択します。

ファイルを選択するをクリックします。

完了しますをクリックします。

本人確認が保留中となります。

次のステップに進むをクリックしてください。

step
7
利用規約に同意する

重要書類に関する同意チェックを入れたら、続行をクリックしてください。

申込書の送信画面が表示されます。

各書類のボタンをクリックすると申込内容が確認できます。

問題なければ申込書を送信するをクリックしてください。

口座開設手続は以上です。

あとは審査が完了するのを待ちましょう。

申込内容に問題がなければ、平日なら数時間で完了します。

審査が完了すると、口座情報とMT4ログイン情報が届きます。

これで取引を始める準備が整いました。

入出金方法は国内銀行送金と仮想通貨のみ(2023年4月時点)

入金方法
最低金額 所要日数 手数料
クレジットカード
デビットカード
VISA なし
master なし
JCB なし
オンライン
ウォレット
bitwallet なし
STICPAY なし
BXONE なし
仮想通貨 BTC 指定なし 1時間 無料
ETH 指定なし 1時間 無料
XRP 指定なし 1時間 無料
LTC 指定なし 1時間 無料
USDT 指定なし 1時間 無料
XLM 指定なし 1時間 無料
銀行送金 国内 指定なし 即時 無料
海外 なし
出金方法
最低金額 所要日数 手数料
クレジットカード
デビットカード
VISA なし
master なし
JCB なし
オンライン
ウォレット
bitwallet なし
STICPAY なし
BXONE なし
仮想通貨 BTC 指定なし 1時間 無料
ETH 指定なし 1時間 無料
XRP 指定なし 1時間 無料
LTC 指定なし 1時間 無料
USDT 指定なし 1時間 無料
XLM 指定なし 1時間 無料
銀行送金 国内 指定なし 1〜3営業日 50ドル以上
は無料
海外 なし

金融機関・決済サービス会社・取引所で発生する入出金手数料・送金手数料等は別途自己負担。

Axiの入出金方法は、国内銀行送金と仮想通貨の2種類のみです。

便利な国内銀行送金は平日の銀行営業時間内であれば即時反映、仮想通貨も1時間以内に口座反映します。

Axi側の入金手数料は無料なので、銀行側や仮想通貨取引所またはウォレットで発生する手数料のみ負担してください。

ただし、国内銀行送金以外は、入金額が月間限度額50,000ドルを超えた場合に以下の手数料が発生します。

決済方法 月間限度額 入金手数料
国内銀行送金 無制限 無料
クレジット/デビットカード 50,000ドル 3%
その他 50,000ドル 3%

現在のところ、日本居住者はクレジット/デビットカードは利用不可(2023年4月時点)

また、入金方法ごとにに最低入金額は設定されていませんが、Axiでは口座タイプごとに最低入金額が決まっているので注意してください。

口座タイプ別 最低入金額
口座タイプ 最低入金額
スタンダード 指定なし
プレミアム 500ドル
エリート 25,000ドル

出金方法は、過去に利用した入金方法によって決まります。

基本的に、入金額と同額までは同じルートで出金しなくてはいけません。

すべての出金リクエストは平日営業時間内に処理され、時間外に受けたリクエストは翌営業日に処理されます。

出金額が50ドル以上または口座残高全額の場合のみ、出金手数料無料です。

それ以外は、25ドルの出金手数料が適用されます。

ボーナスを活用して取引しないと損!

海外FX業者の中には、

  • 口座開設だけで10000円
  • 入金額の100%ボーナス

など、知らないと損をするお得なボーナスを実施しているところが沢山あります。

信頼性の高い業者のみを厳選して紹介しているので、今一番お得なキャンペーンを見つけてください。

2024年!安全かつ人気のおすすめFX海外業者ランキング

海外FX業者で最も重要視しなければいけないのは次の3つです。

  • 業者の安全性・信頼性
  • スプレッド・取引コストの安さ
  • ボーナス・日本語サポートの有無

しかし、海外業者は情報が少ないため、どこが人気で優良な業者なのかわからない人がとても多いです。

当サイトを見てくれた人だけに、日本だけでなく海外でも知名度がある本当に人気のおすすめ海外業者を紹介します。

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!

コメント

コメントする

日本語が含まれない投稿は無視されますのでご注意ください。(スパム対策)

もくじ