ThreeTraderの評価|評判・安全性について(スリートレーダー)

2021年5月にサービスを開始したThreeTrader(スリートレーダー)は、海外FX業者の常識を覆すスペック・サービスを提供する期待の新興ブローカーです。

TITAN FXTradeViewと同じようにボーナスのない業者ですが、「取引条件良し」「サービス良し」「顧客対応良し」の3拍子がそろっており、すでにトレーダーからは大絶賛されています。

何はともあれ、まずは気になるメリット・デメリット・ポイントから見てみましょう。

メリット

  • 最大レバレッジ500倍(通貨ペアの場合)
  • 取引手数料は1ロットたったの片道2ドル(Rawゼロ口座)
  • スプレッドも異次元の狭さ!
  • 通貨ペアのほとんどがストップレベルゼロ
  • 海外FX業者にしてもはスワップポイントも好条件
  • 禁止手法なし!別口座との両建ても可能
  • 豪華景品がもらえるポイント制度まである
  • 入出金方法が多彩!最低入金額も1万円とリーズナブル
  • 他社を圧倒する積極的かつ丁寧な日本語サポート

デメリット

  • バヌアツ金融ライセンスの信頼性が低い
  • ロット制限がきつめ
  • 取引ツールはMT4のみ
  • ボーナス制度がない

ココがポイント

  • ある程度の資金を用意できる人ならThreeTraderを利用しない理由はない
  • ただし、信頼性がネックなので高額出金報告を待ってから利用すると安心

まず、ThreeTraderは極端に資金の少ない人には向いていません。

キャンペーンは期間限定で開催するものの、今のところキャンペーンの特典は元手資金をカバーできるボーナスではなく、取引数量に応じたキャッシュバックや景品です。

また、一般向け口座であるPureスプレッド口座の最低入金額は1万円ですが、中上級者向け口座であるRawゼロ口座の最低入金額は10万円と高額です。

ThreeTraderのメリットを最大限に活かして本格的なトレードをしたいなら、まずは数十万円単位のまとまった資金を準備したほうが良いでしょう。

肝心の取引条件はというと、まず、最大レバレッジは500倍(通貨ペアの場合)と海外FX業者としては一般的です。

しかし、2種類ある口座タイプのスプレッドはどちらも異次元の狭さで、Rawゼロ口座で発生する外付け取引手数料も1ロットたったの片道2ドル。

ロット制限は1口座あたり80ロットと少々厳しいのですが、通貨ペアのほとんどがストップレベルゼロ

特に禁止手法はなく、別口座との両建ても可能です。また、海外FX業者にしてもはスワップポイントも好条件ですし、入出金方法も充実しています。

不安があるとすれば、運営実績がなく信頼性・安全性が未知数という点です。

バヌアツの金融ライセンスを保有しているとはいえ、国内FX業者のような信託保全制度はなく、トレーダーからの出金報告もまだほとんど出ていません。

しかし、そういったデメリットや不安要素を補うように、日本人スタッフの方がメール・チャット・電話・公式Twitterなどを活用してフルサポートしてくれます。

ThreeTraderには、安心して取引できる環境がすべてそろっていると言えるでしょう。

ThreeTraderの公式サイトはこちら

 

信頼性・安全性

運営会社の実態が不透明な海外FX業者には注意してください。

突然の倒産・日本撤退の危険性がありますし、取引操作・出金拒否・利益取消といった、トレーダーの不利益に繋がる行為を平気で行う悪徳業者・詐欺業者も多いからです。

自分の大切な資金を守るためにも、最低限、会社の所在地・金融ライセンス・資金の管理体制をしっかり公開している業者を利用するようにしましょう。

金融ライセンスはバヌアツのVFSCで取得

会社情報
運営会社 ThreeTrader Global Limited
設立 2021年5月
登録住所 バヌアツ共和国
1276, Govant Building, Kumul Highway,
Port Vila, Republic of Vanuatu
金融ライセンス VFSC:バヌアツ金融サービス委員会
(登録番号:40430)

ThreeTraderの運営会社は、バヌアツ共和国にあるThreeTrader Global Limitedです。金融ライセンスは、バヌアツ金融サービス委員会(VFSC)で取得しています。

 


出典:AJC(Googleマップ)

ThreeTrader公式サイト記載住所をGoogleマップで見たところ、海外FX業者TITAN FXAJCという会計事務所が同じ建物に入居していました。

 


出典:AJC公式サイト Our Team


出典:TITAN FX公式サイト TITAN FXとは?

実は、TITAN FXの取締役社長とAJCのディレクター、さらにバヌアツ金融センター協会の会長は、Martin St-Hilaire氏という人物が兼任しています。

 


出典:AJC公式サイト Contact us


出典:TITAN FX Linkedin求人ページ

当然、住所も同一です。

 


出典:VFSC


出典:VFSC

次に、VFSCの登録情報を確認したところ、ThreeTraderとTITAN FXは、どちらも登録エージェントがPaul De Montgolfier et Associes Limitedという会社になっていました(さらに、ThreeTraderの旧登録エージェントはAJC)。

この会社は、Notaire(公証人)Paul de Montgolfier氏という人物の会社のようです。Paul de Montgolfier氏は、2003年に前述のMartin St-Hilaire氏と共にAJCを設立した主要メンバーの1人。

ThreeTraderは運営母体を正式に公表しておりませんが、こうした背景を考慮してみると、ThreeTrader・TITAN FX・AJCの3社は同一グループである可能性が考えられます。

 

分別管理あり・信託保全なし

ThreeTraderでは、顧客資金と業者資金を完全に分別管理しています。

顧客資金はTier1銀行の信託口座に保管されるため、ThreeTraderの運営資金に回るようなことはなく安心です。

ただし、国内FX業者のような信託保全制度はありません。

万が一ThreeTraderが倒産した場合、資金が全額返還される保証はないので、自己責任で利用するようにしてください。

 

日本の金融庁からの警告なし

出典:金融庁「無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について」

日本の金融庁に登録せずに日本人トレーダーを受け入れている全ての海外業者は、日本の法律上は無登録業者という扱いとなり警告が発せられます。

しかし、今のところThreeTraderにはこの警告は出されておりません(2021年10月時点)。

日本の法律上「海外業者が日本居住者にサービスを提供すること」「日本居住者が海外業者のサービスを使って取引すること」は合法です。

しかし、海外業者が日本居住者を対象に勧誘行為(プロモーション活動)を行うことは、以下の規制によって明確に禁止されています。

外国証券業者に関する法律第3条により、外国証券業者が国内にある者を相手に証券取引行為を行う場合には、国内に支店等の営業拠点を設け、監督当局の登録を受けなければなりません。本規定に違反した場合は、同法第45条及び第50条の罰則が課せられます。

しかし、登録を受けない外国証券業者であっても、その取引相手が証券会社やその他金融機関等の場合、もしくは証券業者が「勧誘」及び「勧誘に類する行為」をすることなく国内居住者から注文を受ける場合は、国内居住者との取引をすることができます。

ここで言う「勧誘に類する行為」とは、「新聞、雑誌、テレビジョン及びラジオ並びにこれらに類するものによる有価証券に対する投資に関する広告、有価証券に対する投資に関する説明会の開催、口頭、文書又は電話その他の通信手段による有価証券に対する投資に関する情報提供」等が含まれます。

出典:金融庁「外国金融サービス業者が我が国市場に参入するにあたって適用される法規制」

つまり、海外FX業者が日本語公式サイトを運営したり日本語でキャンペーンを告知したりすることがマズいという訳です。

そのため、日本人に人気ある海外FX業者のほとんどは、すでにこの警告を受けてしまっております。

ただ、この警告には行政処分や業務停止命令といった効力は一切ありません。今のところ金融庁からの嫌がらせのようなものだと考えてください。

 

口コミ・評判

ここでは、海外トレーダー・国内トレーダーの口コミの一部をご紹介します。ただ、投稿者にはさまざまな事情があります。すべて鵜呑みにはせず、以下のような点に注意してご覧ください。

  • 口座・銘柄・数量・注文方法・時間帯が違う
  • 裁量取引・自動売買などトレードスタイルが違う
  • VPSサーバーの有無・通信状態・スペックが違う
  • トレードスタイルがFX業者の禁止行為に抵触している
  • 投稿時期によっては業者のサービス内容が変わっている
  • 負けた腹いせによる誹謗中傷・愚痴
  • アフィリエイターによる過剰な宣伝
  • ライバル会社による虚偽の投稿

 

大手海外FX掲示板FPAには登録なし

海外最大級のFX掲示板「FPA(ForexPeaceArmy.com)」は、海外FX業者の評判を知る上でとても参考になるサイトですが、こちらにはまだThreeTraderは登録されていませんでした。

 

国内トレーダーからは大絶賛!

海外FX Wiki編集部:ThreeTraderのスプレッドの狭さ・約定力の速さ・取引コストの安さは、すでに多くのトレーダーの間で評判になっています。

 

海外FX Wiki編集部:特にゴールドの取引が好評のようですね。スプレッドは1桁台で、通貨ペアと同じ最大レバレッジ500倍で取引できます。

 

海外FX Wiki編集部:ThreeTraderはサービス開始から半年程度の新興ブローカーなので、まだ実績がありません。高額出金の報告がないことや出金スピードの遅さがネックとなって、利用を控えている人も見受けられますね。ちなみに、出金スピードについては徐々に改善されつつあるようです。

 

海外FX Wiki編集部:特定のEAが稼働しない人もいるようです。ThreeTraderは多くの銘柄がストップレベルゼロですが、もしかするとロット制限に引っかかっているのかもしれません。ThreeTraderのロット制限は、1口座あたり最大80ロットです。裁量取引の場合は、追加口座を作成すれば対処できますが、EAの場合は難しいのかもしれませんね。

 

海外FX Wiki編集部:口座タイプは日本語サポートに連絡すると変更できますよ。

 

海外FX Wiki編集部:海外FXを始めた理由がボーナス目的という人も多い中、ThreeTraderはボーナスがなくてもこの高評価。

 

取引条件・ルール

ここでは、ThreeTraderの取引条件・ルールを他社と比較しながら詳しく解説します。

なお、比較対象のFX業者は、初心者から上級者にまで人気のある大手FX業者や、比較的タイプの似ているFX業者から選別しているため、ThreeTraderの強み弱みがより直感的に分かりやすくなっているかと思います。

口座タイプは2種類|最大レバレッジは500倍と一般的

口座タイプと取引条件
Pure
スプレッド
Raw
ゼロ
取引形態 NDD STP NDD ECN
最大レバレッジ 500倍 500倍
取扱銘柄 通貨ペア
貴金属
エネルギー
株価指数
仮想通貨
通貨ペア
貴金属
エネルギー
株価指数
仮想通貨
取引手数料 無料 片道2ドル
スプレッド 0.5〜0.7pips 0.0〜0.1pips
ロット単位 10万通貨 10万通貨
最小取引数量 0.01ロット 0.01ロット
最大取引数量 80ロット 80ロット
最大ポジション数 指定なし 指定なし
ストップレベル 0 point 0point
スキャルピング 可能 可能
自動売買 可能 可能
両建て 可能 可能
マージンコール 80% 80%
ロスカット 20% 20%
ゼロカット あり あり
取引ツール MT4 MT4
口座通貨 JPY
USD
JPY
USD
最低入金額  1万円 10万円
キャンペーン 対象 対象

※ ロット単位・スプレッド・最小取引数量・最大取引数量・ストップレベルは米ドル円の値。※ 取引手数料は1ロットあたりの金額。※ 最低入金額は1ドル100円換算。

多くの海外FX業者と同様、ThreeTraderには2種類の口座タイプが用意されています。

Pureスプレッド口座の特徴は「STP方式・取引手数料無料・スプレッド広め・最低入金額がリーズナブル」で、初心者〜中級者向けの口座です。

Rawゼロ口座の特徴は「ECN方式・外付け取引手数料あり・スプレッド狭め・最低入金額が高額」で、中級者〜上級者向けの口座です。

どちらも口座レバレッジは最大500倍、その他の取引条件・取引銘柄などは同一なので、スキル・資金・トレードスタイルに応じて上手に使い分けましょう。

 

レバレッジ制限はないがロット制限には注意

取扱銘柄と最大レバレッジ
レバレッジ
通貨ペア 最大 500倍
貴金属 固定 500倍
エネルギー 固定 100倍
株価指数 固定 100倍
仮想通貨 固定 5倍

ThreeTraderには、取引数量や口座残高によるレバレッジ制限はありませんが、最大レバレッジ500倍で取引できるのはメジャー通貨ペアのみです。

エキゾチック通貨ペアのレバレッジは50倍固定

また、1口座あたりの最大取引数量も80ロットまでに制限されているので注意してください。

追加口座は無制限で作成可能なので、もしロット制限にかかるようであれば新たな口座を作成しましょう。

 

スキャルピング・自動売買に制限なし|別口座との両建ても可能

ThreeTraderに禁止手法はありません。EAや超高速取引・スキャルピング・両建てなど、すべて実践できます。

ゼロカットやボーナスを悪用した両建て取引は禁止です。

また、ThreeTraderは同一口座内での両建て以外にも、他社では禁止されていることの多い、別口座との両建てや他社口座との両建ても許可されています。

他社口座との両建てについては、相手側の業者も他社口座との両建てを許可している必要があります。

 

ほとんどの銘柄がストップレベルゼロ

ThreeTraderは、通貨ペアならほとんどの銘柄がストップレベルゼロなので、現在価格から±1ポイントの位置にも指値注文を置くことが可能です。

 

ロスカット率は20%・ゼロカットあり

ThreeTraderのロスカットルールは、海外FX業者としては一般的です。証拠金維持率80%以下でマージンコール証拠金維持率20%でロスカットが発動します。

また、ゼロカットも採用しているので、急激な相場変動によってロスカットが機能せず、口座残高がマイナスになってしまった場合でも安心。マイナス残高は、ThreeTraderが補填してくれます。

ゼロカット適用には審査があります。ゼロカット適用前に入金してしまうと、自己資金でマイナス残高が補填されてしまうので、必ず日本語サポートへ連絡してゼロカットを適用してもらってから入金してください。

 

通貨ペアは60銘柄|その他CFD銘柄の種類も一般的

大手海外FX業者と比較

全取扱銘柄

ThreeTrader
AXIORY
AXIORY

XM Trading
通貨ペア 60銘柄 62銘柄 57銘柄
貴金属 3銘柄 4銘柄 4銘柄
エネルギー 2銘柄 5銘柄 5銘柄
商品 - なし 10銘柄
株式 - なし なし
株価指数 20銘柄 10銘柄 28銘柄
債券 - なし なし
ETF - なし なし
仮想通貨 5銘柄 なし なし

※ 2021年10月時点。

ThreeTraderの取扱銘柄は、海外FX業者としては一般的なラインナップです。

通貨ペア60銘柄・貴金属3銘柄・エネルギー2銘柄・株価指数20銘柄・仮想通貨5銘柄です。

クロス円の種類は豊富ですが、残念なことに高金利通貨ペア TRY/JPY・ZAR/JPYの取扱いはありません。

ThreeTraderの全取扱銘柄は以下の通りです。

通貨ペア(クロス円)
AUD/JPY GBP/JPY
CAD/JPY NZD/JPY
CHF/JPY SGD/JPY
EUR/JPY USD/JPY
通貨ペア(クロスカレンシー)
AUD/CAD GBP/CHF
AUD/CHF GBP/NOK
AUD/CNH GBP/NZD
AUD/NZD GBP/SEK
AUD/SGD GBP/SGD
AUD/USD GBP/USD
AUD/ZAR NOK/SEK
CAD/CHF NZD/CAD
CHF/HUF NZD/CHF
CHF/ZAR NZD/SEK
EUR/AUD NZD/SGD
EUR/CAD NZD/USD
EUR/CHF USD/CAD
EUR/CNH USD/CHF
EUR/CZK USD/CNH
EUR/GBP USD/CZK
EUR/HKD USD/DKK
EUR/HUF USD/HKD
EUR/NOK USD/HUF
EUR/NZD USD/MXN
EUR/SEK USD/NOK
EUR/SGD USD/RUB
EUR/TRY USD/SEK
EUR/USD USD/SGD
GBP/AUD USD/TRY
GBP/CAD USD/ZAR
貴金属・エネルギー
XAG/USD XTI
XAU/USD XBR/USD
XPT/USD
株価指数
AUS200 NETH25
CHCUSD SGCSGD
ESTOX50 SWI20
FRA40 TW88
GER30 UK100
HK50 US2000
HSCHKD US30
IND50 US500
JPN225 USIDX
NAS100 VIX
仮想通貨
BCH/USD LTC/USD
BTC/USD XRP/USD
ETH/USD

+ 通貨記号

AUD:豪ドル、CAD:カナダドル、CHF:スイスフラン、CNH:オフショア人民元、CZK:チェココルナ、DKK:デンマーククローネ 、EUR:ユーロ、GBP:英ポンド、HKD:香港ドル、HUF:ハンガリーフォリント、JPY:日本円、MXN:メキシコペソ、NOK:ノルウェークローネ、NZD:NZドル、RUB:、ロシアルーブル、SEK:スウェーデンクローナ、SGD:シンガポールドル、TRY:トルコリラ、USD:米ドル、ZAR:南アフリカランドBCH:ビットコインキャッシュ、BTC:ビットコイン、ETH:イーサリアム、LTC:ライトコイン、XRP:リップル、XAG:銀、XAU:金、XPT:プラチナ

 

取引手数料は片道2ドル・スプレッドの狭さはもはや異次元!

ここでは、代表的な通貨ペア0.1ロット(1万通貨)あたりの取引コストを他社と比較します。取引コストとは「往復手数料+スプレッド」のことです。

なお、すべて日本円に換算して計算・比較していますので、実際の金額とは多少異なる場合があるので注意してください。

Pureスプレッド口座を他社と比較

0.1ロットあたりの取引コスト

Pureスプレッド
AXIORY
スタンダード

スタンダード
USD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 0.5〜0.7pips 1.3〜1.6ips 1.5〜1.6pips
トータル 50〜70円 130〜160円 150〜160円
EUR/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 0.5〜0.8pips 1.2〜1.8pips 2.2〜2.5pips
トータル 50〜80円 120〜180円 220〜250円
CAD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 0.7〜1.1pips 1.4〜2.3pips 3.1〜3.4pips
トータル 70〜110円 140〜230円 310〜340円
AUD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 0.6〜1.0pips 1.7〜2.1pips 3.2〜3.4pips
トータル 60〜100円 170〜210円 320〜340円
CHF/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 0.7〜1.2pips 1.8〜2.1pips 3.4〜3.7pips
トータル 70〜120円 180〜210円 340〜370円
GBP/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 0.7〜1.1pips 1.6〜2.0pips 3.5〜3.8pips
トータル 70〜110円 160〜200円 350〜380円
NZD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド   1.0〜1.2pips 2.1〜2.4pips 2.9〜3.1pips
トータル 100〜120円 210〜240円 290〜310円
EUR/USD 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 0.5〜0.7pips 1.1〜1.3pips 1.6〜1.7pips
トータル 57〜79円 124〜147円 181〜192円

※ 0.1ロット=1万通貨。スプレッドは2021年10月14日21時台の変動幅。1ドル113円として計算。小数点以下四捨五入。 赤字は最も割高・青字は最もお得。

ThreeTrader Pureスプレッド口座は、取引形態にNDD STP方式を採用した取引手数料無料の口座です。

外付け取引手数料がない代わりに、この口座には銀行から受け取ったスプレッドに一律0.5pipsのコミッションが上乗せされています。

ここでは同タイプの口座として、大手海外FX業者であるAXIORY スタンダード口座XM Trading スタンダードと取引コストを比較しました。

結果はThreeTraderの圧勝です。

取引手数料無料の口座としては、業界でも圧倒的に狭く安定したスプレッドを実現していると思います。

また、ThreeTrader Pureスプレッド口座と同じように、取引手数料無料かつ激狭スプレッドを実現している業界屈指の低コスト口座、Exness プロ口座IronFX アブソルトゼロ口座とも比較してみました。

 

Pureスプレッド口座を他社と比較

0.1ロットあたりの取引コスト

Pureスプレッド

プロ-

アブソルトゼロ
USD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 0.5〜0.7pips 0.7pips 0.3~0.4pips
トータル 50〜70円 70円 30~40円
EUR/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 0.5〜0.8pips 1.1~1.2pips 0.3~0.5pips
トータル 50〜80円 110~120円 30~50円
CAD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 0.7〜1.1pips 1.5pips 1.1~1.3pips
トータル 70〜110円 150円 110~130円
AUD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 0.6〜1.0pips 0.8pips 1.1~1.3pips
トータル 60〜100円 80円 110~130円
CHF/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 0.7〜1.2pips 1.0~1.7pips 1.2~1.5pips
トータル 70〜120円 100~170円 120~150円
GBP/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 0.7〜1.1pips 1.2~1.3pips 0.5~0.8pips
トータル 70〜110円 120~130円 50~80円
NZD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド   1.0〜1.2pips 1.8pips 1.2~1.5pips
トータル 100〜120円 180円 120~150円
EUR/USD 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 0.5〜0.7pips 0.6~0.7pips 0.3~0.5pips
トータル 57〜79円 68~79円 34~57円

※ 0.1ロット=1万通貨。スプレッドは2021年10月14日21時台の変動幅。1ドル113円として計算。小数点以下四捨五入。 赤字は最も割高・青字は最もお得。

この3社の取引コストの安さは、もはや異次元ですね。

とはいえ、ExnessもIronFXも非常にクセの強い業者なので、詳しくは以下の記事を参考にThreeTraderと比較・検証してみてください。

Exnessの評価|評判・安全性について(エクスネス)

2008年に設立したExness(エクスネス)は一時的に日本から撤退していましたが、2020年に入り日本語公式サイト・日本語サポートを充実させ再び日本人の受け入れを開始した注目の海外FX業者です。 こ ...

続きを見る

IronFXの評価|評判・安全性について(アイアンFX)

IronFX100%入金ボーナスはこちら 2010年に設立したIronFX(アイアンエフエックス)は、日本人トレーダーにはお馴染みの海外FX業者です。 しかし、過去に起こした事件・トラブルの評判を未だ ...

続きを見る

では次に、Rawゼロ口座の取引コストも見てみましょう。

 

Rawゼロ口座を他社と比較

0.1ロットあたりの取引コスト

Rawゼロ
AXIORY
ナノスプレッド

XM Zero
USD/JPY 往復手数料 0.4ドル 0.6ドル 1ドル
スプレッド 0.0〜0.1pips 0.2〜0.7pips 0.1〜0.3pips
トータル 45〜55円 88〜138円 123〜143円
EUR/JPY 往復手数料 0.4ドル 0.6ドル 1ユーロ
スプレッド 0.0〜0.4pips 0.2〜0.6pips 0.3〜0.6pips
トータル 45〜85円 88〜128円 161〜191円
CAD/JPY 往復手数料 0.4ドル 0.6ドル 1カナダドル
スプレッド 0.3〜0.6pips 0.7〜1.0pips 1.3〜1.6pips
トータル 75〜105円 138〜168円 221〜251円
AUD/JPY 往復手数料 0.4ドル 0.6ドル 1豪ドル
スプレッド 0.1〜0.5pips 0.6〜1.0pips 0.9〜1.5pips
トータル 55〜95円 128〜168円 174〜234円
CHF/JPY 往復手数料 0.4ドル 0.6ドル 1スイスフラン
スプレッド 0.3〜0.8pips 0.6〜1.2pips 1.0〜1.4pips
トータル 75〜125円 128〜188円 223〜263円
GBP/JPY 往復手数料 0.4ドル 0.6ドル 1ポンド
スプレッド 0.2〜0.6pips 0.7〜1.1pips 0.9〜1.4pips
トータル 65〜105円 138〜178円 245〜295円
NZD/JPY 往復手数料 0.4ドル 0.6ドル 1NZドル
スプレッド 0.5〜0.6pips 0.8〜1.2pips 2.0〜2.2pips
トータル 95〜105円 148〜188円 279〜299円
EUR/USD 往復手数料 0.4ドル 0.6ドル 1ユーロ
スプレッド 0.0pips 0.1〜0.3pips 0.0〜0.1pips
トータル 45円 79〜102円 131〜142円

※ 0.1ロット=1万通貨。スプレッドは2021年10月14日21時時台の変動幅。※ 1ドル113円・1ユーロ131円・1加ドル91円・1豪ドル84円・1スイスフラン123円・1ポンド155円・1NZドル79円として計算。小数点以下四捨五入。赤字は最も割高・青字は最もお得。

ThreeTrader RAWゼロ口座は、銀行から受け取ったスプレッドがそのまま提供される代わりに、外付け取引手数料が1ロットあたり片道2ドル(0.1ロットあたり往復0.4ドル)発生します。

ThreeTrader Rawゼロ口座は、ECN口座の中では業界最安とも言えるAXIORY ナノスプレッド口座よりも、取引手数料・スプレッド・トータルコストすべてにおいて優っています。

中上級者がこの口座を使わない理由はありません。

Rawゼロ口座は、トレーダーの注文がダイレクトにマーケットへ流れるNDD ECN方式を採用した口座です。業者のディーラーが取引に一切介入できない透明性の高い口座である反面、流動性が低い時間帯は売買注文を自動マッチングできず、Pureスプレッド口座よりもスプレッドが不安定かつ大きく広がることがあります。

 

スワップポイントは海外FX業者にしては良心的な金額

ここでは、代表的な通貨ペア0.1ロット(1万通貨)あたりのスワップポイントを他社と比較します。

なお、前述の取引コストと同様、すべて日本円に換算して計算・比較していますので、実際の金額とは多少異なる場合があるので注意してください。

大手海外FX業者と比較

0.1ロットあたりのスワップポイント

ThreeTrader
AXIORY
AXIORY
●
XM Trading
USD/JPY -8円 -17円 -24円 -38円 -22円 -39円
EUR/JPY -16円 0円 -39円 -12円 -49円 -22円
CAD/JPY -2円 -9円 -11円 -23円 -29円 -44円
AUD/JPY -4円 -5円 -12円 -20円 -30円 -37円
CHF/JPY -16円 6円 -43円 -3円 -70円 -29円
GBP/JPY -22円 -18円 -34円 -58円 -34円 -49円
NZD/JPY -4円 -6円 5円 -35円 -12円 -52円
EUR/USD -21円 1円 -49円 -2円 -60円 -12円
TRY/JPY - - 53円 -73円 - -
ZAR/JPY - - 7円 -15円 - -

※ 2021年10月14日時点の1万通貨あたりのスワップポイント。1ドル113円として計算。小数点以下四捨五入。赤字は支払い・青字は受取り。

FXでは保有ポジションが日をまたぐと、売買方向によってスワップポイントの受取りまたは支払いが発生します。

どこの業者も以前に比べてスワップポイントでは稼ぎづらくなりましたが、国内FX業者では現在もなお高金利通貨ペアで長期間スワップポイントをもらい続けるポジショントレードが可能です。

一方、海外FX業者のスワップポイントはどの通貨ペアもマイナススワップ(支払い)ばかりなので、基本的にスワップポイント狙いのトレードはできません。

しかし、ThreeTraderは高金利通貨ペアであるTRY/JPY・ZAR/JPYの取扱いはないものの、CHF/JPY(売)・EUR/USD(売)など一部の通貨ペアでスワップポイントがもらえます。

AXIORYではTRY/JPY(買)・ZAR/JPY(買)で高額なスワップポイントがもらえますが、その他の通貨ペアは売買方向にかかわらずThreeTraderよりも高額なマイナススワップが発生します。

XM TradingはAXIORYよりもさらに条件が悪く、どの通貨ペアもスワップポイントは受け取れず、高額なマイナススワップの支払いのみが発生します。

 

大手国内FX業者と比較

0.1ロットあたりのスワップポイント

ThreeTrader
GMOクリック証券
GMOクリック証券
SBI FXトレード
SBI FXトレード
USD/JPY -8円 -17円 6円 -9円 10円 -14円
EUR/JPY -16円 0円 -15円 12円 -17円 12円
CAD/JPY -2円 -9円 5円 -8円 4円 -9円
AUD/JPY -4円 -5円 2円 -5円 1円 -6円
CHF/JPY -16円 6円 -20円 17円 -19円 14円
GBP/JPY -22円 -18円 10円 -13円 6円 -11円
NZD/JPY -4円 -6円 15円 -18円 10円 -15円
EUR/USD -21円 1円 -24円 21円 -25円 20円
TRY/JPY - - 40円 -43円 41円 -51円
ZAR/JPY - - 7円 -10円 7円 -10円

※ 2021年10月14日時点の1万通貨あたりのスワップポイント。1ドル113円として計算。小数点以下四捨五入。赤字は支払い・青字は受取り。

スワップポイントがもらえる銘柄数や受取金額は、国内FX業者が圧倒的に有利です。

しかし、スワップポイントの支払金額だけでみた場合、ThreeTraderはどの通貨ペアも国内FX業者レベルの安さであり、AXIORYやXM Tradingほど高額な支払いは発生しません。

 

取引ツール・サービス

取引ツールはMT4のみ

取引ツールの種類
対応機種・OS 自動売買
インジケータ追加
MT4 ダウンロード Windows 可能
ブラウザ Windows・mac 不可
アプリ Android・iOS 不可
MT5 ダウンロード なし
ブラウザ なし
アプリ なし
cTrader ダウンロード なし
ブラウザ なし
アプリ なし
独自ツール ダウンロード なし
ブラウザ なし
アプリ なし

取引ツールは、MT4(MetaTrader4)のみです。

最新版のMT5(MetaTrader5)には対応していません。

MT4は、Windows対応のダウンロードタイプ、Windows・mac対応のブラウザタイプ、Android・iOS対応の専用アプリがリリースされています。

この内、自動売買のためのEA(Expert Adviser)やカスタムインジケータをインストールできるのは、Windows対応のダウンロードタイプだけなので注意しましょう。

スマホ・タブレットでは自動売買はできません。macユーザーの場合は、以下の記事で対処方法を解説しているので参考にしてください。

macでMT4を動作させる方法まとめ

MT4(MetaTrader4)はWindows専用ソフトなので、通常であればmacにインストールすることはできません。 そのため、これまでmacユーザーは一部の海外FX業者からダウンロードできる「m ...

続きを見る

MT4・MT5の違いについては、以下の記事をご覧ください。

MT4とMT5はどっちがいい?スマホアプリ・PCの違いを比較

MetaQuotes社が開発した高機能取引ツールMetaTrader4、MetaTrader5(以下、MT4、MT5)は、海外FXをする上では欠かすことのできないツールです。 どちらも無料で利用でき、 ...

続きを見る

 

日本語サポートの品質は業界最高レベル!

サポート窓口
日本語対応 受付時間
電話 可能 平日9〜20時(日本時間)
メール 可能 平日9〜20時(日本時間)
チャット 可能 平日7時半~20時(日本時間)

ThreeTraderの日本語サポートは、海外FX業者とは思えないほど積極的かつ丁寧な顧客対応です。

とにかく回答がスピーディーで的確ですし、いつも低姿勢で丁寧な個別対応をしてもらえます。

サポート窓口は電話・メール・チャットの3種類あり、すべて日本人スタッフの方による日本語対応が可能です。

チャットはブラウザの種類によっては機能しない場合があります。利用できない場合は、ブラウザを変えて再度試してみてください。

営業時間は基本的に平日9〜20時(日本時間)、チャットは平日7時半~20時(日本時間)です。チャットへのリンクを含め、すべての連絡先はThreeTrader公式サイト お問い合わせをご覧ください。

また、ThreeTraderは公式Twitterアカウントで最新情報を頻繁に更新しています。ThreeTraderのハッシュタグをつけてつぶやくと、高確率で公式サポートからリプがもらえます。

 

キャンペーン・ボーナス

ここでは、ThreeTraderで開催中のキャンペーン情報をご紹介します。

ただ、ThreeTraderのキャンペーンは基本的に期間限定開催です。そのため、口座開設時にはここで紹介しているキャンペーンはすでに終了しているかもしれません。

また、ThreeTraderはボーナスを提供していません。

新規口座開設ボーナスや入金ボーナスなどのキャンペーンに興味がある人は、以下の記事でオススメ業者を紹介しているので、ぜひ参考にして見てください。

 

象印マグボトル プレゼント(期間限定2021年10月31日まで)

キャンペーン概要
キャンペーン期間 期間限定(直近:2021年10月1日〜10月31日)
キャンペーン対象口座 Pureスプレッド口座・Rawゼロ口座
キャンペーン内容 新規口座開設・一定数量の取引達成で
象印マグボトルが抽選で当たる

ThreeTraderでは、2021年10月1日〜10月31日までの期間限定で、象印のマグボトルがもらえるキャンペーンが開催中です。

このキャンペーンの主な特徴と注意点は以下の通りです。

ココがポイント

  • キャンペーンのエントリーは不要
  • 2021年10月中に新規口座開設する
  • FXまたは貴金属を10ロット以上トレードする
  • 抽選で先着200名に象印のマグボトルが当たる

ココに注意

  • もらえる景品は1人1つまで
  • 在庫状況によってはサイズと色の指定不可

2021年10月中に新規口座開設して、FXまたは貴金属を10ロット以上の取引を達成すると、抽選で200名にマグボトルが当たります。

海外FX Wiki編集部:さっそくSNSには当選者からの喜びの報告が投稿されていますね。

 

ThreeTrader ポイントストア(常時開催)

キャンペーン概要
キャンペーン期間 常時開催
キャンペーン対象口座 Pureスプレッド口座・Rawゼロ口座
キャンペーン内容 取引でポイントを貯めて豪華景品と交換

ThreeTraderにはボーナス制度がない代わりに、豪華景品やキャッシュバックがもらえるポイント制度があります。

このキャンペーンは常時開催しており、主な特徴と注意点は以下の通りです。

ココがポイント

  • 取引でポイントを貯めて豪華景品をゲット!
  • FX・貴金属は取引1ロットあたり10ポイント獲得
  • その他の銘柄は取引1ロットあたり1ポイント獲得
  • 獲得したポイントは毎日2時(MT4時間)に自動付与
  • 景品はポイントストアで交換手続後5営業日以内に発送

ココに注意

  • ポイントの有効期限は2年間
  • アカウントに1年間取引活動がなければ全ポイント失効

まず、取引銘柄によって取引1ロットあたりに付与されるポイントが異なることに注意してください。

FX・貴金属は取引1ロットあたり10ポイントその他の銘柄は取引ロットあたり1ポイントです。

獲得したポイントは日々加算されていきます。

ポイントには有効期限・失効条件がありますが、特別厳しいものではありません。

有効期限は2年間と長く、失効条件もアカウントに1年間取引活動がない場合のみです。

しかも、もし口座名義人が亡くなった場合、同居親族などが12ヶ月以内に連絡すればポイント残高を相続できるという親切設計。

景品はキャッシュバックやApple製品・家電・電子機器などから選べますよ。

キャッシュバック

Apple製品・家電・電子機器

 

口座開設・入出金

必要書類は本人確認書類と現住所確認書類

口座開設の際は、本人認証のため以下の書類の画像データが必要となります。

書類全体が写るよう鮮明に撮影したものをあらかじめ用意してください。

顔写真の有無・有効期限・発行日などに注意しましょう。

本人確認書類(有効期限内・写真付き・両面)

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカードなど

現住所確認書類(発行から3ヶ月以内)

  • 公共料金明細書
  • 銀行明細書など
画像形式は、JPG・JPEG・PNG・PDF形式、ファイルサイズは10MB以下で保存してください。

本人確認書類が準備できたらThreeTrader公式サイトにアクセスして、口座開設と必要書類をアップロードしましょう。

口座開設の手順は以下の通りです。

step
1
公式サイトにアクセスする

まずはThreeTrader公式サイトにアクセスし、ライブ口座を開設をクリックしてください。

 

すでにThreeTraderの偽サイトが出現しているので注意してください。本物のURLはhttps://www.threetrader.com/jp/です。

 

 

step
2
個人情報を登録する

氏名・居住国・携帯電話番号・メールアドレス・マイページのログインパスワード(2箇所)を登録します。

私はロボットではありませんチェックを入れ、提出するをクリックしてください。

 

生年月日・住所を登録して、をクリックしてください。

 

step
3
取引口座を選択する

口座タイプ・口座通貨・口座レバレッジを選択します。

口座通貨はJPY・USDから選択

口座タイプはPureスプレッド・Rawゼロから選択

レバレッジは、500・400・200・100・50・10・1倍から選択

マイページのログインパスワードとは別に、取引口座のログインパスワード(2箇所)も登録してください。

あとは利用規約の同意チェックを入れ、提出するをクリックしてください。

 

step
4
本人認証を実施する

あらかじめ用意していた本人確認書類・現住所確認書類の画像データを、上記矢印ボタンをクリックするかファイルをドラッグ&ドロップしてアップロードしてください。

提出するをクリックすれば、口座開設手続きは完了です。

 

取引口座はまだ作成されませんので、本人認証完了を待ってください。通常なら1営業日以内にメールが届きます。 

 

本人認証が完了すると上記のようなメールが届き、口座レバレッジの変更や入出金手続きなどができるようになります。

 

step
5
追加口座を開設する

追加口座作成は、マイページ>ダッシュボードにあるをクリックします。

 

サーバー・レバレッジ・取引口座のログインパスワード(2箇所)・PIN(暗証番号)を登録し、提出するをクリックしてください。

2021年10月時点では、追加口座は口座タイプを選択できず、自動的にPureスプレッド口座が作成されます。もし、Rawゼロ口座が希望なら、日本語サポートに口座番号を伝え、口座タイプを変更してもらってください。

 

入出金方法は便利なクレカ・bitwallet・銀行送金がすべて利用可能

入金方法
最低金額 所要日数 手数料
クレジットカード
デビットカード
VISA 1万円 即時 無料
master 1万円 即時 無料
JCB 1万円 即時 無料
AMEX 1万円 即時 無料
オンライン
ウォレット
bitwallet 1万円 即時 無料
STICPAY なし
BXONE なし
仮想通貨 BTC なし
ETH なし
USDT 1万円 即時 無料
銀行送金 国内 1万円 20分〜1時間 無料
海外 なし
出金方法
最低金額 所要日数 手数料
クレジットカード
デビットカード
VISA 1万円 1〜3営業日 無料
master 1万円 1〜3営業日 無料
JCB 1万円 1〜3営業日 無料
AMEX 1万円 1〜3営業日 無料
オンライン
ウォレット
bitwallet 1万円 1営業日 無料
STICPAY なし
BXONE なし
仮想通貨 BTC なし
ETH なし
USDT 1万円 1営業日 無料
銀行送金 国内 1万円 1〜3営業日 無料
海外 なし

※:金融機関・決済サービス会社・取引所で発生する入出金手数料・送金手数料等は別途自己負担。1ドル100円換算。

ThreeTraderの入出金方法は、利便性・サービスともに申し分ありません。

クレジット/デビットカード・bitwallet(ビットウォレット)・USDT(テザー)・国内銀行送金の4種類から選択できます。

入出金手数料はすべて無料です。

これまでは「出金手数料は月2回まで無料」という制限がありましたが、すでにこの制限は撤廃されており、「いつでも出金手数料無料」となっています。

クレジット/デビットカードは、VISA・MasterCard・JCB・AMERICAN EXPRESSに対応。

口座反映は、入金が即時、出金が1〜3営業日です。

クレジットカードでの入出金は、カードのショッピング枠を利用した仕組みです。入金は即時反映しますが出金はカード会社を経由してショッピング利用履歴をキャンセルするため、口座反映までに数週間〜数ヶ月要することもあるので注意してください。

オンラインウォレットは、多くの海外FX業者に採用されているbitwalletが利用できます。

口座反映は、入金が即時、出金は1営業日です。

bitwallet側で資金を入出金する際には、所定の手数料が発生します。詳しくは「海外FXの入出金はbitwalletが早いしおすすめ(ビットウォレット)アカウント作成〜出金方法」をご覧ください。

仮想通貨は、米ドルと価値が連動しているステーブルコインのUSDT(テザー)が利用できます。

口座反映は、入金が即時、出金が1営業日も即時です。

国内銀行送金の種類と特徴
入金メニュー 振込先 反映時間 1回あたりの
最高入金額
国内銀行送金
(オンラインバンキング専用)
GMOあおぞら
ネット銀行
約20分 1,100,000円
国内銀行送金
(国内指定銀行)
みずほ銀行 約20分 500,000円
銀行振込
(PayPay銀行)
PayPay銀行 約1時間 無制限
国内銀行送金
(楽天銀行)
楽天銀行 約20分 1,000,000円

国内銀行送金は、マイページに4タイプの入金メニューが用意されており、それぞれ振込先・反映時間・1回あたりの最高入金額が異なります。

口座反映の目安は、入金が20分〜1時間(銀行営業日)、出金が1〜3営業日です。

また、いずれも最低入出金額は1万円ですが、Rawゼロ口座の最低入金額が10万円という点に注意してください。

口座タイプ別 最低入金額
口座タイプ 最低入金額
Pureスプレッド口座 1万円
Rawゼロ口座 10万円

※:1ドル100円換算。

 

ThreeTraderについてよくある質問(FAQ)

最大レバレッジは何倍ですか?また、レバレッジ制限はありますか?

レバレッジは、通貨ペア・貴金属が最大500倍、エネルギー・株価指数が100倍固定、仮想通貨が5倍固定です。取引数量や口座残高によるレバレッジ制限はありません。


スキャルピング・自動売買・両建ては可能ですか?

はい。ThreeTraderはスキャルピング・自動売買・両建てに制限はありません。

両建ては、同一口座内以外に、別口座との両建て、他社口座との両建ても許可されています。


マージンコール・ロスカットの基準を教えてください。

マージンコールは証拠金維持率80%以下で発動、ロスカットは証拠金維持率20%以下で発動します。


取引手数料はいくらですか?

Pureスプレッド口座は無料、Rawゼロ口座は1ロットあたり片道2ドルです。


キャンペーン・ボーナスはありますか?

ThreeTraderは、ボーナスを提供していません。

しかし、キャッシュバックや豪華賞品がもらえるポイント制度を常時開催していたり、期間限定で景品がもらえるキャンペーンを開催したりします。


日本語サポートはありますか?

はい。日本人スタッフが在籍していますので、電話・メール・チャットで日本語サポートを受けられます。


取引ツールはなんですか?

定番のMT4(MetaTrader4)です。

ダウンロードタイプ(Windows)・ブラウザタイプ(Windows・Mac)・スマホ/タブレットアプリ(Android・iOS)がリリースされているので、デバイスやOSを選びません。


確定申告はどうすれば良いですか?

海外FXで利益を得た場合、日本国内で確定申告をして税金を納める必要があります。

納める金額は、総合課税(給与所得など、他の所得と合算した課税所得に、所得税の税率をかけて所得税額を算出する課税方式)で計算されます。

税率は課税所得に応じて、所得税5%から45%、住民税10%、復興税2.1%となります。

海外FXの税金まとめ2021|確定申告は必要?脱税できる?節税方法は?

この記事では、海外FXの税金と節税対策について国内FXと比較しながら具体的に解説します。 まず、海外FXの税金について気になるであろうことをまとめました。 ココがポイント 海外FX業者で出した利益には ...

続きを見る

 

ボーナスを活用して取引しないと損!

海外FX業者の中には、

  • 口座開設だけで10000円
  • 入金額の100%ボーナス

など、知らないと損をするお得なボーナスを実施しているところが沢山あります。

信頼性の高い業者のみを厳選して紹介しているので、今一番お得なキャンペーンを見つけてください。

 

2021年!安全かつ人気のおすすめFX海外業者ランキング

海外FXおすすめ業者ランキング

FX海外業者で最も重要視しなければいけないのは次の3つです。

  • 業者の安全性・信頼性
  • スプレッド・取引コストの安さ
  • ボーナス・日本語サポートの有無

しかし、海外業者は情報が少ないため、どこが人気で優良な業者なのかわからない人がとても多いです。

当サイトを見てくれた人だけに、日本だけでなく海外でも知名度がある本当に人気のおすすめ海外業者を紹介します。

 

  • この記事を書いた人

海外FX wiki編集部

海外FX歴14年。専業トレーダーとして月間最高利益2000万円。初心者が安心して海外FXを利用できるように信頼できるコンテンツを提供していきます。

-海外FX口座レビュー

© 2021 海外FX Wiki