FocusMarketsの評価|評判・安全性について(フォーカスマーケッツ)

オーストラリア生まれの海外FX業者Focus Markets(フォーカスマーケッツ)が、2022年2月より50%入金ボーナスキャンペーンを掲げて日本上陸を果たしました。

この記事では、Focus Marketsの特徴を口コミも交えつつ、さまざまな角度から徹底解説します。これからFocus Marketsで取引を考えている人は、ぜひ参考にしてください。

まずは、気になるメリット・デメリット・ポイントを見てみましょう。

メリット

  • 最大レバレッジ1,000倍で取引できる
  • さらに貴金属・原油までレバレッジ1,000倍
  • 株式・仮想通貨を数百銘柄も扱っている
  • スプレッドの狭さが業界トップレベル
  • スワップポイントが有利
  • 一部の仮想通貨がスワップフリー
  • ストップレベルゼロ
  • ゼロカットあり
  • MT4・MT5が両方使える
  • 日本語サポートあり
  • ASICで金融ライセンスを取得

デメリット

  • 日本人トレーダーからクチコミがほとんど出ていない
  • ロスカット率が50%と少々高め
  • ボーナスにクッション機能がない
  • キャンペーンの縛りが少々厳しい
  • 入出金方法の一部が準備中(2022年6月時点)

ココがポイント

  • 取引条件・スペックは業界トップレベル
  • キャンペーンの内容は今後の改善に期待
  • 高額入金や本格的な取引をするには時期尚早
  • しばらくはトレーダーからの出金報告を待ちつつ様子を見よう!

まず、Focus Marketsの優れている点は、株式・仮想通貨の取扱銘柄の多さです。株式は米国株650銘柄以上、仮想通貨は350銘柄以上もあります。

また、最大レバレッジ1,000倍で取引できるのもFocus Marketsの魅力です。通貨ペアや貴金属銘柄以外にも、原油銘柄まで最大レバレッジ1,000倍で取引できます。

株式・仮想通貨・原油をよく取引する人にとって、Focus Marketsは新たな選択肢の一つになると思います。

スプレッドが狭く取引手数料も安いことから、取引コストの安さも業界トップレベルスワップポイントも国内FX業者並に有利です。

日本語サポートにも対応していますし、ゼロカットボーナスもしっかり提供しているので、日本人トレーダー好みのスペックと言えるでしょう。

デメリットとしては、ロスカット発動条件「証拠金維持率50%以下」と少々高めに設定されている点です。他社には証拠金維持率が20%以下になるまでロスカットに耐えられる業者はたくさんあります。

ボーナスにもクッション機能がないため、ボーナス残高で含み損やロスカットには耐えられません。さらに、キャンペーンの縛りが少々厳しいところも難点です。

また、新興ブローカーのネックは会社の信頼性です。Focus Marketsは日本上陸から間もない業者なので、本格的な利用はトレーダーからのクチコミや出金報告が出てくるまでしばらく待っていたほうが良いでしょう。

とはいえ、今のところFocus Marketsには、典型的な詐欺業者に見られるような怪しさや悪評は見当たりません。今後、キャンペーンや入出金方法が改善すれば、人気業者の仲間入りを果たす可能性大です!

それでは、Focus Marketsの信頼性・安全性・クチミ・取引条件・その他サービスについて、さらに詳しく見ていきましょう!

Focus Marketsの公式サイトはこちら

 

信頼性・安全性

運営会社の実態が不透明な海外FX業者には注意が必要です。

突然の倒産・日本撤退の危険性がありますし、取引操作・出金拒否・利益取消といった、トレーダーの不利益に繋がる行為を平気で行う悪徳業者や詐欺業者も多いからです。

自分の大切な資金を守るためにも、最低限、会社の所在地・金融ライセンス・資金の管理体制ぐらいはしっかり公開している業者を選ぶようにしましょう。

 

金融ライセンスはオーストラリアのASICを取得

会社情報
運営会社 Focus Markets LLC Focus Markets Pty Ltd 
設立 2019年 2019年
登録住所 セントビンセント・グレナティーン諸島
1st Floor, First St. Vincent Bank Ltd Building,
James Street, Kingstown, VC0100
オーストラリア
35th Floor, 525 Collins St,
Melbourne VIC 3000
金融ライセンス なし ASIC
オーストラリア証券投資委員会
(登録番号:514425)

Focus Marketsの運営会社は、2019年にオーストラリアのメルボルンで誕生した「Focus Markets Pty Ltd」です。

Focus Markets Pty Ltdは、ハイリスクなCFDやバイナリーオプションなどに対して金融規制の厳しいASIC(オーストラリア証券投資委員会)で金融ライセンスを取得しているため、信頼性の面では一定の水準を満たしていると言えます。

出典:ASIC公式サイト

日本居住者は、セントビンセント・グレナディーン諸島に登録されている「Focus Markets LLC(登録番号356 LLC 2020)」が管理・運営しています。

規制の緩いオフショアで運営することによって、ハイレバレッジやボーナスといった、日本人好みのサービスを提供できるようにしています。

 

分別管理あり・信託保全なし

お客様の資金の安全性は私たちにとって最も重要です。

すべてのお客様の資金は、オーストラリアの顧客資金規則に従って維持および運営されております。Tier-1オーストラリアの預金取扱機関であるナショナル・オーストラリア銀行 (NAB) の分離された顧客信託口座に保管されています。

私たちは、お客様がオープンしたポジションをカバーする以外のビジネス目的でお客様の資金を使用しません。お客様の資金の取り扱いの詳細については、各種規定・方針をご参照下さい。

出典:Focus Markets公式サイト よくある質問

顧客資金は、ナショナル・オーストラリア銀行の顧客信託口座に保管されます。

Focus Marketsの資金とは完全に分別管理されるため、取引以外に使用されることはありません。

ただし、信託保全や各種保険・補償制度などは導入していないようなので、万が一、Focus Marketsが破綻した際、顧客資金が全額返還される保証はないので注意しましょう。

 

日本の金融庁から警告なし

出典:金融庁「無登録で金融商品取引業を行う者の名称等について」

今のところ、Focus Marketsには日本の金融庁・関東財務局から警告は出ていません。(2022年6月時点)。

金融庁に登録せずに日本人トレーダーを受け入れている全ての海外業者は、日本の法律上は無登録業者という扱いとなり警告が発せられます。

日本の法律上「海外業者が日本居住者にサービスを提供すること」「日本居住者が海外業者のサービスを使って取引すること」は合法です。

しかし、海外業者が日本居住者を対象に勧誘行為(プロモーション活動)を行うことは、以下の規制によって明確に禁止されています。

外国証券業者に関する法律第3条により、外国証券業者が国内にある者を相手に証券取引行為を行う場合には、国内に支店等の営業拠点を設け、監督当局の登録を受けなければなりません。本規定に違反した場合は、同法第45条及び第50条の罰則が課せられます。

しかし、登録を受けない外国証券業者であっても、その取引相手が証券会社やその他金融機関等の場合、もしくは証券業者が「勧誘」及び「勧誘に類する行為」をすることなく国内居住者から注文を受ける場合は、国内居住者との取引をすることができます。

ここで言う「勧誘に類する行為」とは、「新聞、雑誌、テレビジョン及びラジオ並びにこれらに類するものによる有価証券に対する投資に関する広告、有価証券に対する投資に関する説明会の開催、口頭、文書又は電話その他の通信手段による有価証券に対する投資に関する情報提供」等が含まれます。

出典:金融庁「外国金融サービス業者が我が国市場に参入するにあたって適用される法規制」

つまり、海外FX業者が日本語公式サイトを運営したり日本語でキャンペーンを告知したりすることがマズいという訳です。

そのため、日本人に人気ある海外FX業者のほとんどは、すでにこの警告を受けてしまっております。

ただ、この警告には行政処分や業務停止命令といった効力は一切ありません。今のところ金融庁からの嫌がらせのようなものだと考えてください。

 

クチコミ・評判

ここでは、海外トレーダー・国内トレーダーのクチコミの一部をご紹介します。

ただ、投稿者にはさまざまな事情があります。すべて鵜呑みにはせず、以下のような点に注意してご覧ください。

  • 口座タイプが違う
  • 取引銘柄・取引数量・注文方法が違う
  • 取引時間帯が違う
  • トレードスタイルが違う
  • VPSの有無・通信状態・スペックが違う
  • 投稿時期によってサービスが変わっている
  • 業者の禁止行為に抵触している
  • 負けた腹いせによる誹謗中傷・愚痴
  • アフィリエイターによる過剰な宣伝
  • ライバル会社による虚偽の投稿

 

大手海外FX掲示板FPAには登録なし

海外最大級のFX掲示板「FPA(ForexPeaceArmy.com)」は、海外FX業者の評判を知る上でとても参考になるサイトですが、今のところFocus Marketsの登録はありませんでした(2022年6月時点)。

 

日本人トレーダーはボーナスでお試し取引中

Focus Marketsを利用している日本人トレーダーはまだまだ少数です。

SNSを見ても、50%入金ボーナスを利用してお試し取引しているトレーダーが数人見つかる程度。

中にはすでに利益を出金申請した人もいますが、現在のところ「無事に銀行口座に着金した」という報告はありません。

ただ、今後順調に口座開設者が増加していけば、じきに出金報告も増えてくるかと思われます。

 

取引条件・取引ルール

ここではFocus Marketsの取引条件・取引ルールを、他社と比較しながら詳しく解説します。

なお、比較業者の主な選定基準は「中上級者向け口座の取引手数料が同額の業者」とし、今回はTITAN FX(タイタンエフエックス) MYFX Markets(マイエフエックスマーケッツ)の2社と比較しました。

タイプの似ている業者と比較することで、Focus Marketsの強み弱みがより直感的に分かるようになっています。

 

口座タイプは2種類

口座タイプと取引条件
スタンダード Raw
取引形態 NDD STP NDD ECN
最大レバレッジ 1,000倍 1,000倍
取扱銘柄 通貨ペア
貴金属
エネルギー
株価指数
仮想通貨
株式
通貨ペア
貴金属
エネルギー
株価指数
仮想通貨
株式
取引手数料 無料 片道3.5ドル
スプレッド 1.0~1.4pips 0.0~0.4pips
ロット単位 10万通貨 10万通貨
最小取引数量 0.01ロット 0.01ロット
最大取引数量 40ロット 40ロット
最大ポジション数 指定なし 指定なし
ストップレベル 0pips 0pips
スキャルピング 可能 可能
自動売買 可能 可能
両建て 可能 可能
マージンコール 80% 80%
ロスカット 50% 50%
ゼロカット あり あり
取引ツール MT4
MT5
MT4
MT5
口座通貨 JPY
USD
JPY
USD
最低入金額 1万円 1万円
キャンペーン 対象 対象

ロット単位・スプレッド・最小取引数量・最大取引数量・ストップレベルは「米ドル円」の値。取引手数料は1ロットあたりの金額。最低入金額は1ドル130円換算。

Focus Marketsの口座タイプは、一般向けのスタンダード口座と、中上級者向けのRaw口座の2種類です。

口座タイプによって、取引形態・取引手数料・スプレッドが異なります。

まず、スタンダード口座は、取引形態にNDD STP方式を採用しており、取引手数料は無料ですがスプレッドはやや広めです。

次に、Raw口座は、取引形態にNDD ECN方式を採用しており、取引手数料が1ロットあたり片道3.5ドル発生する代わりにスプレッドは非常にタイトです。

ちなみに、口座通貨は今のところJPYしか選べませんので、もしUSD口座を開設したい場合はカスタマーサポートへ直接連絡してください(2022年6月時点)。

では、Focus Marketsの取引条件について、さらに詳しく見ていきましょう。

 

最大レバレッジ1,000倍|口座残高によるレバレッジ制限あり

最大レバレッジは、スタンダード口座・Raw口座どちらも1,000倍です。

Focus Marketsでは、通貨ペア以外にも貴金属(金・銀)やエネルギー(原油)までも最大レバレッジ1,000倍で取引できます。

特に原油を取引する人にとっては、Focus Marketsは新たな選択肢の一つになると思います。

ただし、どの銘柄もレバレッジ1,000倍で取引できるのは口座残高100万円までです。

口座残高が100万円以上になると、最大レバレッジは500倍に制限されるので注意してください。

また、その他の銘柄のレバレッジは、株価指数が100~200倍株式が5倍です。

仮想通貨は、BTC・ETHのペアが100倍で、その他の銘柄は20倍で取引できます。

 

通貨ペア51銘柄|株式と仮想通貨の取扱も多数!

大手海外FX業者と比較

全取扱銘柄

Focus Markets

TITAN FX

 MYFX Markets
外国為替 51銘柄 52銘柄 52銘柄
貴金属 3銘柄 11銘柄 2銘柄
エネルギー 2銘柄 5銘柄 2銘柄
商品 なし なし なし
株式 650銘柄
以上
100銘柄 なし
株価指数 16銘柄 21銘柄 10銘柄
債券 なし なし なし
ETF なし なし なし
仮想通貨 350銘柄
以上
34銘柄 5銘柄
クロス円
AUD/JPY MXN/JPY
CAD/JPY NOK/JPY
CHF/JPY NZD/JPY
CNH/JPY SGD/JPY
EUR/JPY USD/JPY
GBP/JPY ZAR/JPY
クロスカレンシー
AUD/CAD GBP/NZD
AUD/CHF GBP/USD
AUD/NZD NZD/CAD
AUD/SGD NZD/CHF
AUD/USD NZD/USD
CAD/CHF USD/BRL
EUR/AUD USD/CAD
EUR/CAD USD/CHF
EUR/CHF USD/DKK
EUR/DKK USD/HKD
EUR/GBP USD/HUF
EUR/HUF USD/MXN
EUR/NOK USD/NOK
EUR/NZD USD/PLN
EUR/PLN USD/SEK
EUR/TRY USD/SGD
EUR/USD USD/THB
GBP/AUD USD/TRY
GBP/CAD USD/ZAR
GBP/CHF

+ 通貨記号一覧

AUD:豪ドル、BRL:ブラジルレアル、CHF:スイスフラン、CNH:人民元、DKK:デンマーククローネ、EUR:ユーロ、GBP:ポンド、HKD:香港ドル、HUF:ハンガリーフォリント、JPY:日本円、MXN:メキシコペソ、NOK:ノルウェークローネ、NZD:ニュージーランドドル、PLN:ポーランドズウォティ、SEK:スウェーデンクローナ、SGD:シンガポールドル、THB:タイバーツ、TRY:トルコリラ、USD:米ドル、ZAR:南アフリカランド

2022年6月時点。

Focus Marketsの取扱銘柄は、通貨ペア51銘柄、貴金属(金・銀)3銘柄、エネルギー(原油)2銘柄、株式650銘柄以上、株価指数16銘柄、仮想通貨350銘柄以上です。

通貨ペアはクロス円も充実していますが、クロスカレンシーもBRL・HKD・THB・MXNなど、マイナー通貨も数多く取り扱っています。

さらに、株式と仮想通貨の銘柄数も業界トップレベルです。

近年、株式・仮想通貨を取引できる海外FX業者はだいぶ増えましたが、その中でもFocus Marketの取扱銘柄の充実度は群を抜いています。

株式はMT5でのみ取引可能。

 

取引手数料は片道3.5ドル|スプレッドも非常に狭い!

ここでは、代表的な通貨ペア0.1ロット(1万通貨)あたりの取引コストを他社と比較します。取引コストとは「往復手数料+スプレッド」のことです。

なお、すべて日本円に換算して計算・比較しているため、実際の金額とは多少異なる場合もあるので注意してください。

 

一般向け口座を他社と比較

0.1ロットあたりの取引コスト

スタンダード

スタンダード

スタンダード
USD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.0~1.4pips 1.1~1.7pips 1.0~1.6pips
トータル 100~140円 110~170円 100~160円
EUR/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 0.6~1.3pips 1.1~2.0pips 1.8~2.7pips
トータル 60~130円 110~200円 180~270円
CAD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.8~2.7pips 1.5~2.0pips 2.3~2.6pips
トータル 180~270円 150~200円 230~260円
AUD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.0~2.1pips 1.7~2.2pips 2.4~3.2pips
トータル 100~210円 170~220円 240~320円
CHF/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 2.3~3.5pips 1.5~2.2pips 2.3~4.4pips
トータル 230~350円 150~220円 230~440円
GBP/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.2~1.8pips 1.7~2.4pips 2.6~4.0pips
トータル 120~180円 170~240円 260~400円
NZD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 2.1~2.5pips 1.7~1.9pips 2.4~3.3pips
トータル 210~250円 170~190円 240~330円
EUR/USD 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.0~1.2pips 1.0~1.3pips 1.4~1.6pips
トータル 130~156円 130~169円 182~208円

0.1ロット=1万通貨。スプレッドは2022年6月3日21時台の変動幅。1ドル130円として計算。小数点以下四捨五入。赤字は最も割高・青字は最もお得。

Focus Marketsスタンダード口座のスプレッド・取引コストを、TITAN FXスタンダード口座MYFX Marketsスタンダード口座と比較しました。

どの口座も取引手数料無料なので、取引コストの金額はスプレッドの広さとイコールです。

Focus MarketsとTITAN FXは、得意な通貨ペア・苦手な通貨ペアがそれぞれ異なりますが、どちらも取引コストの安さは業界トップレベルです。

Focus Marketsは、特にEUR/JPY・AUD/JPY・GBP/JPYの3銘柄のスプレッドが他社よりも狭く安定していました。

 

中上級者向け口座を他社と比較

0.1ロットあたりの取引コスト

Raw

ブレード

プロ
USD/JPY 往復手数料 0.7ドル 0.7ドル 0.7ドル
スプレッド 0.0~0.4pips 0.1~0.5pips 0.1~0.4pips
トータル 91~131円 101~141円 101~131円
EUR/JPY 往復手数料 0.7ドル 0.7ドル 0.7ドル
スプレッド 0.1~0.3pips 0.1~1.0pips 0.7~1.8pips
トータル 101~121円 101~191円 161~271円
CAD/JPY 往復手数料 0.7ドル 0.7ドル 0.7ドル
スプレッド 0.4~1.2pips 0.3~1.0pips 1.3~1.8pips
トータル 131~211円 121~191円 221~271円
AUD/JPY 往復手数料 0.7ドル 0.7ドル 0.7ドル
スプレッド 0.5~1.0pips 0.4~1.0pips 1.1~1.6pips
トータル 141~191円 131~191円 201~251円
CHF/JPY 往復手数料 0.7ドル 0.7ドル 0.7ドル
スプレッド 0.9~1.5pips 0.5~0.8pips 2.1~2.6pips
トータル 181~241円 141~171円 301~351円
GBP/JPY 往復手数料 0.7ドル 0.7ドル 0.7ドル
スプレッド 0.2~0.9pips 0.9~1.5pips 3.0~3.5pips
トータル 111~181円 181~241円 391~441円
NZD/JPY 往復手数料 0.7ドル 0.7ドル 0.7ドル
スプレッド 1.0~1.3pips 0.6~0.8pips 1.5~1.8pips
トータル 191~221円 151~171円 241~271円
EUR/USD 往復手数料 0.7ドル 0.7ドル 0.7ドル
スプレッド 0.0~0.2pips 0.0~0.3pips 0.1~0.6pips
トータル 91~117円 91~130円 104~169円

0.1ロット=1万通貨。スプレッドは2022年6月3日21時台の変動幅。1ドル130円として計算。小数点以下四捨五入。赤字は最も割高・青字は最もお得。

Focus Markets Raw口座のスプレッド・取引コストは、TITAN FXブレード口座MYFX Marketsプロ口座と比較しました。

どの口座も取引手数料が1ロットあたり片道3.5ドル(0.1ロットあたりだと往復0.7ドル)発生するため、取引コストの金額は「スプレッド+取引手数料」で計算します。

中上級者向け口座で比較した場合も、Focus Markets Raw口座とTITAN FXブレード口座の取引コストは業界トップレベルの安さでした。

Focus Marketsは、特にEUR/JPY・GBP/JPYの2銘柄のスプレッドが、他社よりも狭く安定しています。

 

スワップポイントも国内FX業者並に有利!

ここでは、代表的な通貨ペア0.1ロット(1万通貨)あたりのスワップポイントを他社と比較します。

なお、すべて日本円に換算して計算・比較しているため、実際の金額とは多少異なる場合もあるので注意してください。

 

海外FX業者とスワップポイントを比較

0.1ロットあたりのスワップポイント

Focus Markets

TITAN FX

 MYFX Markets
USD/JPY 24円 -50円 -7円 -69円 20円 -55円
EUR/JPY -36円 -4円 -40円 -11円 -37円 2円
CAD/JPY 18円 -48円 15円 -50円 13円 -48円
AUD/JPY 6円 -33円 -1円 -32円 5円 -32円
CHF/JPY -51円 13円 -44円 -2円 -44円 5円
GBP/JPY 25円 -79円 6円 -98円 24円 -74円
NZD/JPY 26円 -50円 33円 -58円 29円 -63円
EUR/USD -72円 43円 -73円 13円 -76円 39円
TRY/JPY - - - - - -
ZAR/JPY 10円 -16円 10円 -18円 11円 -17円

2022年6月3日時点の1万通貨あたりのスワップポイント。1ドル130円として計算。小数点以下四捨五入。赤字は支払い・青字は受取り。

Focus Marketsはスワップポイントも有利です。

上記3社の中では、一部銘柄を除きFocus Marketsが最も受取スワップが高く支払スワップが安い結果となりました。

 

国内FX業者とスワップポイントを比較

0.1ロットあたりのスワップポイント

Focus Markets
GMOクリック証券
GMOクリック証券
SBI FXトレード
SBI FXトレード
USD/JPY 24円 -50円 33円 -36円 32円 -36円
EUR/JPY -36円 -4円 -15円 12円 -12円 7円
CAD/JPY 18円 -48円 39円 -42円 27円 -32円
AUD/JPY 6円 -33円 15円 -18円 8円 -13円
CHF/JPY -51円 13円 -11円 8円 -13円 8円
GBP/JPY 25円 -79円 46円 -49円 46円 -51円
NZD/JPY 26円 -50円 41円 -44円 32円 -37円
EUR/USD -72円 43円 -53円 50円 -54円 49円
TRY/JPY - - 28円 -31円 26円 -46円
ZAR/JPY 10円 -16円 10円 -13円 12円 -15円

2022年6月3日時点の1万通貨あたりのスワップポイント。1ドル130円として計算。小数点以下四捨五入。赤字は支払い・青字は受取り。

Focus Marketsのスワップポイントは、国内FX業者と比較しても全く遜色ありません。

また、Focus MarketsはBTCペア・ETHペアのスワップポイントがゼロ(スワップフリー)です。

海外FXのトレードスタイルはハイレバレッジでのスキャルピングやデイトレードが基本ですが、Focus Marketsでは低レバレッジでのスイングトレード・中長期トレードも実践可能です。

スワップポイントは日々更新されます。

 

スキャルピング・自動売買に制限なし

Focus Marketsは、同一口座内での両建て・スキャルピング・EAを使用した自動売買に制限はありません。

 

ロスカット率50%|ゼロカットあり

Focus Marketsでは、マージンコールが証拠金維持率80%以下、ロスカットが証拠金維持率50%以下で発動します。

また、ゼロカットも採用しているので、万が一、ロスカットが機能しないほどの価格変動があり、口座残高がマイナスになってしまったとしても、マイナス分はFocus Marketsが補填してくれます。

追証なしゼロカットシステムのリスクとデメリットとは|海外FXで借金になる?国内業者は対応してる?

ゼロカットとは、ロスカットが間に合わず口座残高がマイナスになってしまった場合に、その損失分を業者が負担して口座残高をゼロにリセットしてくれる、海外FX独自のありがたいサービスのことです。 残念ながら国 ...

続きを見る

 

取引ツール・サービス

MT4(MetaTrader4)・MT5(MetaTrader5)が両方使える

Focus Marketsでは、定番のMT4(MetaTrader4)と最新版のMT5(MetaTrader5)が両方使えます。

MT4とMT5が両方使える業者のメリットは、MT4からMT5への移行がしやすいという点ですね。

現在、海外FXトレーダーの多くは依然としてMT4を使い続けており、高機能であるはずのMT5はまだまだ普及していません。

MT5が普及しない主な理由は、MT4とMT5とではEAやインジケータに互換性がないためです。

EAやインジケータというのは、仕組みやスペックがそのまま取引成績に直結する極めて重要なプログラム。トレードスタイルそのものと言っても過言ではないでしょう。

とはいえ、今後はMT5が主流になることは間違いないので、トレーダーはいずれMT5に移行せざるを得ません。

そのため、業者がMT4・MT5を両方採用していてくれると、トレーダーは少しずつMT5への移行準備を進めることが可能です。

ユーザーの実情をよく把握できている業者というのは、このような細かなところまでサービスが行き届いています。

MT4・MT5の違いについては、以下の記事をご覧ください。

MT4とMT5はどっちがいい?スマホアプリ・PCの違いを比較

MetaQuotes社が開発した高機能取引ツールMetaTrader4、MetaTrader5(以下、MT4、MT5)は、海外FXをする上では欠かすことのできないツールです。 どちらも無料で利用でき、 ...

続きを見る

MT4・MT5は、Windows対応のダウンロードタイプ、Windows・mac対応のブラウザタイプ、Android・iOS対応の専用アプリがリリースされています。

この内、自動売買のためのEA(Expert Adviser)やカスタムインジケータをインストールできるのは、Windows対応のダウンロードタイプだけなので注意しましょう。

スマホ・タブレットは、自動売買できません。macユーザーの方は、以下の記事で対処方法を解説しているので参考にしてください。

macでMT4を動作させる方法まとめ

MT4(MetaTrader4)はWindows専用ソフトなので、通常であればmacにインストールすることはできません。 そのため、これまでmacユーザーは一部の海外FX業者からダウンロードできる「m ...

続きを見る

 

日本語サポートは電話・メール・チャットの3種類

サポート窓口
日本語対応 受付時間
電話 可能 平日8:00~17:00(日本時間)
メール 可能 常時受付
チャット 可能 平日8:00~17:00(日本時間)

Focus Marketsのサポート窓口は、電話・メール・チャットの3種類です。

受付時間は平日8:00〜17:00です。

日本人スタッフによる、日本語サポートに対応しています。

メール:jp.support@focusmarkets.com​

電話:+61 3 8376 1322

 

キャンペーン・ボーナス

ここでは、Focus Marketsで開催中のキャンペーンや過去に開催していたキャンペーン情報をご紹介します。

Focus Marketsのキャンペーン・ボーナスは基本的に期間限定かつ不定期開催なので、口座開設時にここで紹介しているキャンペーンは終了しているかもしれません。

ただ、Focus Marketsはキャンペーン開催に積極的な業者なので、今回タイミングを逃してしまったとしても再度ボーナスを獲得できるチャンスは十分あります。

ここでは直近に開催されたキャンペーンのみ掲載していますが、基本的なルールやパターンは毎回同じだと思うので、おおよその傾向は把握できるかと思います。

 

50%入金ボーナス

キャンペーン概要
キャンペーン期間 期間限定(直近:2022年4月20日〜2022年6月30日)
キャンペーン対象口座 スタンダード口座・Raw口座
キャンペーン内容 50%入金ボーナス

Focus Marketsは、2022年4月20日〜2022年6月30日までの期間限定で50%入金ボーナスキャンペーンを開催しています。

このキャンペーンの主な特徴と注意点は以下の通りです。

ココがポイント

  • 初回入金に対し50%分のボーナス付与
  • もらえるボーナス上限は20万円
  • 利益はいつでも出金可能

ココに注意

  • キャンペーン期間中の新規口座開設者限定
  • キャンペーン期間中に1万円以上の初回入金が必要
  • ボーナス反映は24〜48時間
  • ボーナスはクッション機能なし
  • 「ボーナス ≧ 有効証拠金」でボーナス全額消滅
  • 口座資金を一部でも出金するとボーナス全額消滅
  • ボーナスは出金不可

まず、このキャンペーンはキャンペーン期間中の新規口座開設者限定です。既存ユーザーはキャンペーン対象外なので注意してください。

新規口座開設したスタンダード口座またはRaw口座に1万円以上初回入金すると、入金額に対し50%分のボーナスが最大48時間以内に口座反映します。

もらえるボーナス上限は20万円なので、ボーナス付与対象は最大で40万円の一括入金です。

ボーナスを使って得た利益はいつでも出金可能ですが、ボーナス自体は出金できません。

また、ボーナスにはクッション機能がないので、ボーナス残高で含み損やロスカットに耐えることはできません。あくまでも証拠金として利用することで、実効レバレッジを上げる効果しかありません。

有効証拠金額がボーナス額と同額またはそれ以下になると、保有ボーナスが全額消滅します。また、口座資金を一部でも出金しても保有ボーナスは全額消滅します。

 

口座開設・入出金

必要書類は本人確認書類と現住所確認書類

口座開設の際は、本人認証のため以下の書類の画像データが必要となります。

書類全体が写るよう鮮明に撮影したものをあらかじめ用意してください。

顔写真の有無・有効期限・発行日などに注意しましょう。

本人確認書類(有効期限内・写真付き・両面)

  • 運転免許証
  • マイナンバーカード
  • パスポートなど

※ いずれか1点。

現住所確認書類(発行から90日以内のもの)

  • 銀行の明細書
  • 公共料金請求書など

※ いずれか1点。
※ パスポートを提出した人のみ初回出金時に提出する
※ 提出方法はメール(jp.support@focusmarkets.com​

現住所確認書類は、本人確認書類にパスポートを選択した人のみ提出します。

初回出金時に、メールに添付してカスタマーサポートへ送信すればOKです。

書類の準備ができたらFocus Markets公式サイトにアクセスして、口座開設手続と必要書類をアップロードしましょう。

口座開設の手順は以下のとおりです。

 

step
1
公式サイトにアクセスする

まずはFocus Markets公式サイトにアクセスして、ライブ口座を開設をクリックしてください。

 

step
2
基本情報を入力する

基本情報を入力します。

居住国・姓名・メールアドレス・マイページパスワード・電話番号を入力して、口座開設をクリックしてください。

電話番号の先頭につける日本の国番号は+81です。

電話番号は頭の0を削除して入力します。

 

step
3
メール認証を実施する

Focus Marketsからのメール本文にあるメールアドレスの確認をクリックしてください。

 

 

step
4
個人情報を登録する

個人情報を登録します。

口座の種類・生年月日・住所・郵便番号・居住国・税務上の居住国を入力して、次へをクリックしてください。

 

step
5
口座タイプやレバレッジを選択する

口座情報を入力します。

プラットフォーム(取引ツール)・口座タイプ・口座通貨・レバレッジを選択して、次へをクリックしてください。

 

step
6
利用規約に同意する

利用規約に同意します。

2箇所ある利用規約の同意チェックを入れて、申し込みを完了するをクリックしてください。

 

step
7
必要書類をアップロードする

必要書類をアップロードします。

クリックして身分証明をアップロードをクリックしてください。

 

身分証明書(両面)またはパスポート、もしくは面面のみの書類のどちらかを選択してください(ここでは身分証明書を選択)。

 

上記箇所をクリックして身分証明書の表面/裏面の画像ファイルをそれぞれ指定したら、完了をクリックしてください。

 

書類を送信するをクリックしてください。

 

あとは口座開設手続が承認されるのを待ちます。

 

step
8
口座開設完了

口座が承認されると、MT4またはMT5のログイン番号・ログインパスワードがメールで届きます。

 

サーバー名マイページ>ダッシュボード>プラットフォームで確認できます。

あとは、MT4またはMT5をダウンロードしてログインしてください。

 

入出金方法はクレジットカード・bitwallet・仮想通貨

入金方法
最低金額 所要日数 手数料
クレジットカード
デビットカード
VISA 2,500円 即時 無料
master 2,500円 即時 無料
JCB なし
オンライン
ウォレット
bitwallet 10,000円 即時 無料
STICPAY なし
BXONE なし
仮想通貨 BTC 指定なし 即時 無料
USDT(TRC20) 指定なし 即時 無料
USDT(ERC20) 指定なし 即時 無料
銀行送金 国内 なし
海外 利用停止中(2022年6月時点)
出金方法
最低金額 所要日数 手数料
クレジットカード
デビットカード
VISA 指定なし 最大5営業日 無料
master 指定なし 最大5営業日 無料
JCB なし
オンライン
ウォレット
bitwallet 指定なし 最大2営業日 無料
STICPAY なし
BXONE なし
仮想通貨 BTC 50ドル 最大2営業日 無料
USDT(TRC20) 50ドル 最大2営業日 無料
USDT(ERC20) 50ドル 最大2営業日 無料
銀行送金 国内 なし
海外 利用停止中(2022年6月時点)

金融機関・決済サービス会社・取引所で発生する入出金手数料・送金手数料等は別途自己負担。

入出金方法は、クレジット/デビットカード(VISA・MasterCard)、オンラインウォレット(bitwallet)、仮想通貨(BTC・USDT)、海外銀行送金の4種類です。

2022年6月時点で、海外銀行送金は利用停止中、仮想通貨はUSD口座限定(JPY口座への対応予定あり)

最低入金額は、クレジット/デビットカードが2,500円以上、オンラインウォレットが10,000円以上です(仮想通貨は指定なし)。

いずれも口座反映は即時、入金手数料無料です。

出金方法は、基本的に入金と同じルートで出金します。

クレジット/デビットカードのみ、入金額と同額までしか同じルートで出金できません。利益分はbitwallet・仮想通貨・海外銀行送金など、その他のルートで出金します。

口座反映はクレジット/デビットカードが最大5営業日、オンラインウォレットと仮想通貨が最大2営業日で、出金手数料はいずれも無料です。

 

 

ボーナスを活用して取引しないと損!

海外FX業者の中には、

  • 口座開設だけで10000円
  • 入金額の100%ボーナス

など、知らないと損をするお得なボーナスを実施しているところが沢山あります。

信頼性の高い業者のみを厳選して紹介しているので、今一番お得なキャンペーンを見つけてください。

 

2022年!安全かつ人気のおすすめFX海外業者ランキング

海外FXおすすめ業者ランキング

FX海外業者で最も重要視しなければいけないのは次の3つです。

  • 業者の安全性・信頼性
  • スプレッド・取引コストの安さ
  • ボーナス・日本語サポートの有無

しかし、海外業者は情報が少ないため、どこが人気で優良な業者なのかわからない人がとても多いです。

当サイトを見てくれた人だけに、日本だけでなく海外でも知名度がある本当に人気のおすすめ海外業者を紹介します。

 

  • この記事を書いた人

海外FX wiki編集部

海外FX歴14年。専業トレーダーとして月間最高利益2000万円。初心者が安心して海外FXを利用できるように信頼できるコンテンツを提供していきます。

-海外FX口座レビュー

© 2022 海外FX Wiki