LandFXの評価|評判・安全性について(ランドFX)

2013年よりサービスを開始したLAND-FX(ランドエフエックス)は、イギリス・中国・フィリピン・ロシア・シンガポール・インドネシア・マレーシア・エジプトなど、世界各地に営業所を構えるグローバル企業です。

2022年3月28日には、公式サイトのリニューアルに合わせて、口座タイプや取引条件も大幅に刷新されました。

主な変更点は、以下のとおりです。

主な変更点

  • 口座タイプ:2種類3種類
  • 最大レバレッジ:500倍→ 無制限
  • ロスカット率:30%0%
  • 最低入金額:3万円1千円
  • ボーナス:廃止
  • その他:エクスプレス口座 追加

※ 詳しくは「取引条件・ルール」をご覧ください。

もっとも注目したいのが、「レバレッジ無制限」「ロスカット率0%」です。

レバレッジ無制限なら必要証拠金0円で取引でき、ロスカット率0%なら口座残高全額を使用してロスカットに耐えられます。

これまで、レバレッジ無制限で取引できる業者はExness(エクスネス)1社のみでしたが、LAND-FXはそれに続き業界2社目です。

取引条件や方向性はExnessの「ほぼコピー」ではありますが、他社で実証されている優れたサービスを別の業者がそのまま取り入れることは、ユーザーにとっても2つのメリットがあります。

1つはユーザーの選択肢の幅が増えること、もう1つは業者同士の競争が加熱することで、さらに各社のサービスが洗練されていく可能性があることです。

ボーナス廃止については賛否両論あると思います。

ただ、LAND-FXが以前実施していたキャンペーン・ボーナスは、他社の豪華さにはまったく及ばないものでした。

不得意なキャンペーン・ボーナスは思い切って廃止にして、その代わりに本来の強みでもあった取引条件をさらに強化したのは英断だったと思います。

そのほか、スタンダード口座の最低入金額が3万円から1千円に引き下げられ、本口座とは別に本人認証のいらないエクスプレス口座も新設されました。

この記事では、新しく生まれ変わったLAND-FXの信頼性・安全性取引条件入出金サポートなどについて詳しく解説していきます。

また、同じくレバレッジ無制限で取引できるExness(エクスネス)や、日本人から絶大な人気を誇る業界最大手XM Trading(エックスエムトレーディング)とも比較しています。

まずは、気になるメリット・デメリット・ポイントをご覧ください。

メリット

  • レバレッジ無制限なら証拠金0円で取引可能
  • スプレッド・取引手数料の安さは業界トップクラス
  • 約定スピードは驚異の0.035秒
  • マイナススワップが安いのでスイングトレードの負担を抑えられる
  • ロスカット率0%だから口座残高全額でロスカットに耐えられる
  • ゼロカットがあるのでマイナス残高はLAND-FXが負担してくれる
  • 取引ツールはMT4・MT5から選べる
  • 最低入金額が1千円をリーズナブル
  • 最大金利2.5%の定期預金サービスあり
  • デモコンテストあり

デメリット

  • ボーナスなし
  • 過度なスキャルピングに厳しい
  • ストップレベルが広いので短期売買での利食い・損切りが厳しい
  • 証拠金残高・時間帯によるレバレッジ制限に注意
  • スプレッドの広がりやスリッページの発生に注意
  • プラススワップがほとんどつかない
  • 出金時に取引数量が規定ロット数に満たなければ、免除されていた入金手数料を出金額から差し引かれる
  • 信託保全なし・分別管理のみ

ココがポイント

  • 今のところレバレッジ無制限での取引はExnessが有利
  • リニューアルに対するユーザーの反応がまだ少ないため、今後の評判・評価に注目

LAND-FXは、リニューアルによってとても魅力的な業者にアップデートしました。

しかし、結論としては「レバレッジ無制限」が目的の人にはLAND-FXよりもExnessの利用をおすすめします。

今のところは、Exnessの下位互換といった感じが否めないからです。

LAND-FXは依然として過度なスキャルピングには厳しい業者ですし、ストップレベルが広くてスプレッド拡大やスリッページ発生にも懸念があります。

LAND-FXは、平均的なトレードをする人に適した業者です。

極端なトレードをするとペナルティを課せられる可能性があるため、Exnessほどレバレッジ無制限を有効活用できません。

Exnessではレバレッジ無制限を使用するために、5ロット以上・10回以上の取引を達成してロックを解除する必要がありますが、LAND-FXよりも取引制限が少なく各種サービスも充実しています。

とはいえ、リニューアルに対するユーザーからの反応はまだあまり出ていませんので、もう少し口コミを待ってから評価する必要もあるかと思います。

レバレッジ無制限での取引に向いているのは、ハイリスク・ハイリターンなトレードを楽しむだけの精神的・資金的余裕がある中上級者です。

初心者の人には少々リスクが高すぎるので、もっとキャンペーン・ボーナスが充実している一般的な業者を利用したほうが良いでしょう。

少ない資金で一般的な海外FXを学びたいならXM Tradingのマイクロ口座が使いやすいですし、自動売買を始めたい人なら日本人フレンドリーでEA使い放題・無料VPSなどサービスがあるGEMFOREXオールインワン口座などで口座開設すると良いですよ!

それでは、LAND-FXの信頼性・安全性・口コミ・取引条件・その他サービスについて、さらに詳しく見ていきましょう。

Land-FXの公式サイトはこちら

 

目次

信頼性・安全性

運営会社の実態が不透明な海外FX業者には注意してください。

そのような業者は、突然の倒産や日本撤退の危険性がありますし、取引操作・出金拒否・利益取消といったトレーダーの不利益に繋がる行為を平気で行う悪徳業者・詐欺業者も多いからです。

自分の大切な資金を守るためにも、最低限、会社の所在地・金融ライセンス・資金の管理体制がしっかり公開されている業者を利用するようにしましょう。

 

金融ライセンスはおそらく所有していない

会社情報
運営会社 Land Prime Ltd.
設立 2013年
登録住所 不明
金融ライセンス SVG FSA(セントビンセント・グレナディーン金融庁)
登録番号(23627 IBC 2016)

LAND-FXの日本人アカウントは、Land Primeグループの一つであるLand Prime Ltd.が運営しています。

金融ライセンスについての明確な説明はありませんが、公式サイトにはSVG FSA(セントビンセント・グレナディーン金融庁)の登録番号「23627 IBC 2016」が記載されています。

一見すると「金融ライセンスを持っているのかな?」と思いますが、登録番号に含まれる「IBC」の文言を見る限り、節税目的のインターナショナル・ビジネス・カンパニーをセントビンセント・グレナディーンに設立しているだけに過ぎない可能性があります。

セントビンセント・グレナディーンは、現地にオフィスを構えることなく法人を設立することができる節税対策に効果的なタックスヘイブンの一つです。

つまり、日本人アカウントは日本の金融庁のような厳格な金融規制・監督を受けない一般法人が運営している可能性があります。

 

Land Primeグループは、イギリス・中国・フィリピン・ロシア・シンガポール・インドネシア・マレーシア・エジプトなどにも営業所を構えており、拠点はイギリスにあるLandFX UK Ltd.です。

LandFX UK Ltd.は、日本の金融庁のモデルともなったFCA(英国金融行動監視機構)の金融ライセンスを取得して厳しい規制のもと運営されています。

グループ全体で見れば、FCAを取得できるだけの基準は満たした企業であると言えるでしょう(日本人アカウントはFCAの規制対象外)。

数々の受賞歴もあります。

また、仮想通貨取引所Wisebitcoinも運営しています。

Wisebitcoinの評価|口コミ評判と安全性について(ワイズビットコイン)

2018年に海外FX業者LAND-FXから独立する形でサービスをスタートさせた仮想通貨取引所Wisebitcoin(ワイズビットコイン)が、取引ツール・サービスを一新して2021年2月24日にリニュー ...

続きを見る

 

ちなみに、Land Prime Ltd.は、以前までニュージーランドのFINANCLAL SERVICE PROVIDERS(FSP)に登録されていましたが、2017年4月22日に登録抹消されています。

ニュージーランドでは、法人登録(COMPANIES REGISTER)を残すのみです。

世界的な規制強化の流れもあるので、ライセンスの話は少々複雑です。

 

分別管理あり|信託保全なし

LAND-FXでは、顧客資産と業者資産を明確に分別管理しているため、トレーダーの資金がLAND-FXの運営資金に充てられることはありません。

ただし、信託保全は導入していないので、万が一LAND-FXが破綻した場合、口座資金の全額返還されるかどうかの保証はありません。

 

日本の金融庁から警告を受けている

LAND-FXは日本の金融庁から「無登録で金融商品取引業等を行う者」として警告を受けています。

日本の法律上、「海外FX業者が日本居住者にサービスを提供すること」「日本居住者が海外FX業者のサービスを使って取引すること」は合法です。

しかし、海外FX業者が日本居住者を対象に勧誘行為(プロモーション活動)を行うことは明確に禁止されています。

外国証券業者に関する法律第3条により、外国証券業者が国内にある者を相手に証券取引行為を行う場合には、国内に支店等の営業拠点を設け、監督当局の登録を受けなければなりません。本規定に違反した場合は、同法第45条及び第50条の罰則が課せられます。

しかし、登録を受けない外国証券業者であっても、その取引相手が証券会社やその他金融機関等の場合、もしくは証券業者が「勧誘」及び「勧誘に類する行為」をすることなく国内居住者から注文を受ける場合は、国内居住者との取引をすることができます。

ここで言う「勧誘に類する行為」とは、「新聞、雑誌、テレビジョン及びラジオ並びにこれらに類するものによる有価証券に対する投資に関する広告、有価証券に対する投資に関する説明会の開催、口頭、文書又は電話その他の通信手段による有価証券に対する投資に関する情報提供」等が含まれます。

出典:金融庁「外国金融サービス業者が我が国市場に参入するにあたって適用される法規制」

つまり、海外FX業者が日本語公式サイトを運営したり日本語でキャンペーンを告知したりすることがマズいという訳です。

そのため、日本人に人気ある海外FX業者のほとんどが、すでにこの警告を受けてしまっているのが現状です。

ただ、この警告には行政処分や業務停止命令といった効力は一切ありません。今のところ金融庁からの嫌がらせのようなものだと考えてください。

 

口コミ・評判

ここでは、海外トレーダー・国内トレーダーの口コミの一部をご紹介します。ただ、投稿者にはさまざまな事情があります。すべて鵜呑みにはせず、以下のような点に注意してご覧ください。

  • 口座・銘柄・数量・注文方法・時間帯が違う
  • 裁量取引・自動売買などトレードスタイルが違う
  • VPSサーバーの有無・通信状態・スペックが違う
  • トレードスタイルがFX業者の禁止行為に抵触している
  • 投稿時期が違うため業者のサービス内容が変わっている
  • 負けた腹いせによる誹謗・中傷・愚痴にすぎない
  • アフィリエイターやライバル会社による虚偽の投稿

 

大手海外FX掲示板FPAではと高評価

海外最大級のFX掲示板「FPA(Forex Peace Army)」は、海外業者の世界的な評判を知る上でとても参考になるサイトです。

ここでのLAND-FXの評価はと非常に高得点でした。

ただし、コメントを覗くと高評価をしている人もいれば、SCAM(詐欺業者)だと批判する人もいて、評価は真っ二つに分かれます。

損得が関わることなので、個人の評価がこのように極端に分かれることは、ある程度自然なことです。

信頼性の見極めは非常に難しいところですが、全体的に評価件数が多くて「高評価>低評価」なら口座開設は問題ないかと思われます。

極端な悪評、特にSCAMや詐欺という言葉を使った口コミというものは、負けた腹いせ・ルール違反者・憂さ晴らしの可能性もあるからです。

反対に評価件数が少なく場合、たとえ「高評価>低評価」だとしても低評価の内容をしっかり考慮しなくてはいけません。

 

スプレッドが不安定でスリッページも多発するとの報告あり

 

過去にはサーバーダウンが多発していたことも

 

出金報告多数!出金対応もスピーディー

14名無しさん@お金いっぱい。2020/12/09(水) 16:41:20.40ID:oQhNeCCf0>>16

LAND-FX
月曜日に出金申請、本日朝着金しました。
出金拒否の噂があるので、一応、結果報告まで。

18名無しさん@お金いっぱい。2020/12/09(水) 16:58:20.11ID:oQhNeCCf0

>>16
27万円です
ちなみに150%ボーナス使いました

出典:5ちゃんねる

41名無しさん@お金いっぱい。2020/12/10(木) 05:50:37.99ID:Tmhd5Hm+0

Landだけど利益分の出金もできてるよ。累計では100万円超えてるけど。去年のサーバー障害時に高額の補償してもらった人もいるみたいだし、資金面、信用面の不安は少ないとみてメインで使ってるよ。出金拒否はボーナスを使った口座での超短期ハイレバ・ギャンブルとかではないかな

出典:5ちゃんねる

92名無しさん@お金いっぱい。2020/12/11(金) 04:55:35.04ID:XogDCQ2g0>>93>>111

LAND-FX出金完了 
200万(利益170万)
出金拒否怖かったけど半日くらいで着金したわ
両建てと証拠金がぎりぎりになるハイレバトレードはやらなかった

出典:5ちゃんねる

 

出金拒否・利益取消・口座凍結の報告もある

126名無しさん@お金いっぱい。
2020/08/06(木) 01:00:32.86ID:w09RTWxg0>>129>>153

landで出金しようとしたら審査するとかで口座凍結されたんやが。こっから出金できた人おるんかな

出典:5ちゃんねる

 

取引条件・ルール

LAND-FXの取引条件やルールを他社と比較しながら詳しく解説します。

なお、比較対象のFX業者は、初心者から上級者にまで人気のある大手FX業者や、比較的タイプの似ているFX業者から選別しているため、LAND-FXの強み弱みがより直感的に分かりやすくなっているかと思います。

 

口座タイプは3種類|最大レバレッジ無制限

口座タイプと取引条件
スタンダード プライム ECN
取引形態 NDD STP NDD STP NDD ECN
最大レバレッジ 無制限 無制限 1,000倍
取扱銘柄 通貨ペア
貴金属
エネルギー
株価指数
通貨ペア
貴金属
エネルギー
株価指数
通貨ペア
貴金属
取引手数料 無料 無料 1ロットあたり
片道0.3pips
スプレッド 1.1〜1.5pips 0.6〜0.7pips 0.5〜0.6pips
ロット単位 10万通貨 10万通貨 10万通貨
最小取引数量 0.01ロット 0.01ロット 0.01ロット
最大取引数量 30ロット 30ロット 30ロット
最大保有ロット数 100ロット 100ロット 100ロット
ストップレベル 12ポイント 12ポイント 12ポイント
スキャルピング 可能
(制限あり)
可能
(制限あり)
可能
(制限あり)
自動売買 可能 可能 可能
両建て 可能 可能 可能
マージンコール 30% 30% 50%
ロスカット 0% 0% 30%
ゼロカット あり あり あり
取引ツール MT4
MT5
MT4
MT5
MT4
MT5
口座通貨 JPY
USD
JPY
USD
JPY
USD
最低入金額 1千円 3万円 10万円
キャンペーン 2022年4月時点では開催未定

※ ロット単位・スプレッド・最小取引数量・最大取引数量・ストップレベルは米ドル円の値。取引手数料は1ロットあたりの金額。最低入金額は1ドル100円換算。

口座タイプ・取引条件は、2022年3月28日のリニューアルによって刷新しました。

新たな口座タイプは、「スタンダード口座」「プライム口座」「ECN口座」の3つです。

口座タイプごとに、取引形態・最大レバレッジ・取扱銘柄・取引手数料・スプレッド・ロスカットルール・最低入金額が異なります。

このうち、すべてのトレーダーにおすすめなのがプライム口座です。

プライム口座は、スタンダード口座とECN口座の中間に位置するバランスの取れた口座なので、将来的にもっとも利用者の多い人気口座になると思われます。

最大レバレッジは、スタンダード口座・プライム口座が無制限、ECN口座が1,000倍です。

ちなみに、無制限レバレッジの倍率は約21億倍(214,7483,647倍)です。

メジャー通貨ペアを、必要証拠金0円で取引できます。

たとえば、USD/JPYを1ロット注文する際にかかる必要証拠金の計算方法は以下のとおり。

(100,000通貨 × USD/JPYレート100円)÷ レバレッジ214,748,3647倍 = 必要証拠金0.00465661287円

また、LAND-FXには上記3口座以外にも、本人確認書類不要のエクスプレス口座や、仮想資金を使って取引の練習ができるデモ口座もあります。

リニューアル前の口座タイプ・取引条件は以下をご覧ください。

レバレッジ・取引手数料・スプレッド・ロスカットルール・初回入金額が改定され、キャンペーンが廃止となりました。

+ 2022年3月28日以前の取引条件

口座タイプと取引条件
Live ECN
取引形態 NDD STP NDD ECN
最大レバレッジ 500倍 200倍
取扱銘柄 外国為替
貴金属
エネルギー
株価指数
外国為替
貴金属
エネルギー
株価指数
取引手数料 無料 1ロットあたり
片道3.5ドル
スプレッド 0.9~1.4pips 0.0~0.5pips
ロット単位 10万通貨 10万通貨
最小取引数量 0.01ロット 0.1ロット
最大取引数量 30ロット 30ロット
最大保有ロット数 100ロット 100ロット
ストップレベル 1.2pips 1.2pips
スキャルピング 制限あり 制限あり
自動売買 可能 可能
両建て 可能 可能
マージンコール 50% 50%
ロスカット 30% 30%
ゼロカット あり あり
取引ツール MT4
MT5
MT4
MT5
口座通貨 JPY
USD
JPY
USD
最低入金額 3万円 20万円
キャンペーン 対象 対象外

※ ロット単位・スプレッド・最小取引数量・最大取引数量・ストップレベルは米ドル円の値。取引手数料は1ロットあたりの金額。最低入金額は1ドル100円換算。

 

取扱銘柄は通貨ペア67銘柄と貴金属・エネルギー・株価指数

LAND-FXの取扱銘柄を他社と比較

全取扱銘柄

LAND-FX

Exness

XM Trading
通貨ペア 67銘柄 127銘柄 57銘柄
貴金属 5銘柄 11銘柄 4銘柄
エネルギー 3銘柄 2銘柄 5銘柄
商品 なし なし 10銘柄
株式 なし 31銘柄 なし
株価指数 15銘柄 13銘柄 28銘柄
債券 なし なし なし
ETF なし なし なし
仮想通貨 なし 6銘柄 なし

※ 2022年4月時点。

LAND-FXの取扱通貨ペア

クロス円
AUD/JPY GBP/JPY
CAD/JPY NZD/JPY
CHF/JPY USD/JPY
EUR/JPY
クロスカレンシー
AUD/CAD GBP/MXN
AUD/CHF GBP/NOK
AUD/NZD GBP/NZD
AUD/USD GBP/PLN
CAD/CHF GBP/SEK
EUR/AUD GBP/SGD
EUR/CAD GBP/TRY
EUR/CHF GBP/USD
EUR/CZK GBP/ZAR
EUR/DKK NOK/SEK
EUR/GBP NZD/CAD
EUR/HKD NZD/CHF
EUR/HUF NZD/SGD
EUR/MXN NZD/USD
EUR/NOK USD/CAD
EUR/NZD USD/CHF
EUR/PLN USD/CNH
EUR/RUB USD/CZK
EUR/SEK USD/DKK
EUR/SGD USD/HKD
EUR/TRY USD/HUF
EUR/USD USD/ILS
EUR/ZAR USD/MXN
GBP/AUD USD/NOK
GBP/CAD USD/PLN
GBP/CHF USD/RUB
GBP/CZK USD/SEK
GBP/DKK USD/SGD
GBP/HKD USD/TRY
GBP/HUF USD/ZAR

+ 通貨記号

AUD:豪ドル、CAD:カナダドル、CHF:スイスフラン、CNH:オフショア人民元、DKK:デンマーククローネ 、EUR:ユーロ、GBP:英ポンド、HKD:香港ドル、HUF:ハンガリーフォリント、JPY:日本円、MXN:メキシコペソ、NOK:ノルウェークローネ、NZD:NZドル、PLN:ポーランドズウォティ、RUB:露ルーブル、SEK:スウェーデンクローナ、SGD:シンガポールドル、TRY:トルコリラ、USD:米ドル、ZAR:南アフリカランド

取扱通貨ペアは67銘柄です。

貴金属・エネルギー・株価指数もひととおり取引できます。

ECN口座の取扱銘柄は、通貨ペアと貴金属のみなので注意してください。

 

取引コスト(取引手数料+スプレッド)の安さは業界トップクラス

ここでは、代表的な通貨ペア0.1ロット(1万通貨)あたりの取引コストを他社と比較します。取引コストとは「往復手数料+スプレッド」のことです。

なお、すべて日本円に換算して計算・比較しています。実際の金額とは多少異なる場合があるので注意してください。

 

LAND-FXの3口座を比較

0.1ロットあたりの取引コスト

スタンダード

プライム

ECN
USD/JPY 往復手数料 無料 無料 0.06pips
スプレッド 1.1〜1.5pips 0.6〜0.7pips 0.5〜0.6pips
トータル 110〜150円 60〜70円 69〜82円
EUR/JPY 往復手数料 無料 無料 0.06pips
スプレッド 2.1〜2.2pips 1.4〜1.9pips 1.1〜1.3pips
トータル 210〜220円 140〜190円 144〜169円
CAD/JPY 往復手数料 無料 無料 0.06pips
スプレッド 2.9〜3.1pips 2.4〜2.5pips 2.1〜2.3pips
トータル 200〜310円 240〜250円 268〜292円
AUD/JPY 往復手数料 無料 無料 0.06pips
スプレッド 1.6〜2.3pips 1.2〜1.8pips 0.8〜1.6pips
トータル 160〜230円 120〜180円 107〜206円
CHF/JPY 往復手数料 無料 無料 0.06pips
スプレッド 2.5〜2.6pips 1.8〜2.2pips 0.7〜1.7pips
トータル 250〜260円 180〜220円 94〜218円
GBP/JPY 往復手数料 無料 無料 0.06pips
スプレッド 1.8〜2.0pips 1.3〜1.5pips 0.9〜1.1pips
トータル 180〜200円 130〜150円 119〜144円
NZD/JPY 往復手数料 無料 無料 0.06pips
スプレッド 2.8〜3.1pips 2.3〜2.9pips 2.1〜2.3pips
トータル 280〜310円 230〜290円 268〜293円
EUR/USD 往復手数料 無料 無料 0.06pips
スプレッド 0.9〜1.2pips 0.6〜0.7pips 0.1〜0.3pips
トータル 112〜149円 74〜87円 50〜74円

※ 0.1ロット=1万通貨。スプレッドは2022年4月9日1時台の変動幅。1ドル124円として計算。小数点以下四捨五入。 赤字は最も割高・青字は最もお得。

最初に、LAND-FXの3つの口座タイプの取引コストを比較します。

スタンダード口座とプライム口座は取引手数料無料、プライム口座は取引手数料が1ロット当たり片道0.3pips(0.1ロットの往復取引だと0.06pips)発生します。

スタンダード口座もスプレッドが狭いので十分低コストで取引できますが、最も取引コストが安かったのはプライム口座とECN口座の2つです。

プライム口座とECN口座はそれぞれ得意な銘柄が違っているので、一概にどちらが有利かは断言できません。

ただ、ECN口座は文字通り取引形態に透明性の高いNDD ECN方式が採用されてはいますが、取引条件は「最大レバレッジ1,000倍」「取扱銘柄が通貨ペアと貴金属のみ」「ロスカット率50%」「最低入金額10万円」と、その他の2口座よりも不利です。

無理してECN口座を利用しなくても、「最大レバレッジ無制限」「エネルギーや株価指数あり」「ロスカット率0%」「最低入金額3万円」で取引できるプライム口座でも良いと思います。

また、スタンダード口座は「最低入金額1千円」と気軽に利用できる口座ですが、「プライム口座よりも取引コストが不利」「その他の取引条件はプライム口座と同一」です。

妥協してスタンダード口座を利用するくらいなら、なるべく3万円以上の資金を用意してからプライム口座を利用したほうが良いでしょう。

次に、LAND-FXのそれぞれの口座を、他社の取引口座と比較します。

 

スタンダード口座を他社と比較

0.1ロットあたりの取引コスト

スタンダード

スタンダード

スタンダード
USD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.1〜1.5pips 0.8〜1.1pips 1.5〜1.6pips
トータル 110〜150円 80〜110円 150〜160円
EUR/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 2.1〜2.2pips 1.9pips 2.0〜2.5pips
トータル 210〜220円 190円 200〜250円
CAD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 2.9〜3.1pips 2.4pips 3.5〜3.7pips
トータル 200〜310円 240円 350〜370円
AUD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.6〜2.3pips 2.1pips 3.5〜3.7pips
トータル 160〜230円 210円 350〜370円
CHF/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 2.5〜2.6pips 1.7pips 3.4〜3.6pips
トータル 250〜260円 170円 340〜360円
GBP/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.8〜2.0pips 2.0pips 3.8〜4.1pips
トータル 180〜200円 200円 380〜410円
NZD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 2.8〜3.1pips 2.9pips 3.5〜3.7pips
トータル 280〜310円 290円 350〜370円
EUR/USD 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 0.9〜1.2pips 0.8〜1.0pips 1.7〜1.9pips
トータル 112〜149円 99〜124円 211〜236円

※ 0.1ロット=1万通貨。スプレッドは2022年4月9日1時台の変動幅。1ドル124円として計算。小数点以下四捨五入。 赤字は最も割高・青字は最もお得。

LAND-FXスタンダード口座のスプレッドは、Exnessスタンダード口座とほぼ同水準です。

XM Tradingスタンダード口座よりも、圧倒的に取引コストを節約できます。

 

プライム口座を他社と比較

0.1ロットあたりの取引コスト

プライム

プロ

スタンダード
USD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 0.6〜0.7pips 0.5〜0.7pips 1.5〜1.6pips
トータル 60〜70円 50〜70円 150〜170円
EUR/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.4〜1.9pips 1.1〜1.2pips 2.0〜2.5pips
トータル 140〜190円 110〜120円 200〜250円
CAD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 2.4〜2.5pips 1.5pips 3.5〜3.7pips
トータル 240〜250円 150円 350〜370円
AUD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.2〜1.8pips 1.3pips 3.5〜3.7pips
トータル 120〜180円 130円 350〜370円
CHF/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.8〜2.2pips 0.6〜1.7pips 3.4〜3.6pips
トータル 180〜220円 60〜170円 340〜360円
GBP/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.3〜1.5pips 1.2〜1.3pips 3.8〜4.1pips
トータル 130〜150円 120〜130円 380〜410円
NZD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 2.3〜2.9pips 1.8〜2.7pips 3.5〜3.7pips
トータル 230〜290円 180〜270円 350〜370円
EUR/USD 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 0.6〜0.7pips 0.5〜0.7pips 1.7〜1.9pips
トータル 74〜87円 62〜87円 211〜236円

※ 0.1ロット=1万通貨。スプレッドは2022年4月9日1時時台の変動幅。1ドル124円・1ユーロ135円・1加ドル99円・1豪ドル93円・1スイスフラン133円・1ポンド162円・1NZドル85円として計算。小数点以下四捨五入。赤字は最も割高・青字は最もお得。

LAND-FXプライム口座は、取引手数料無料かつスタンダード口座よりもスプレッドが狭い少々特殊な口座です。

Exnessにもプロ口座という同タイプの口座がありますが、XM Tradingには該当口座はないのでスタンダード口座と比較しています。

このうち、もっとも取引コストが安かったのはExnessプロ口座でしたが、LAND-FXプライム口座の取引コストもExnessにまったく引けを取らず業界最安水準です。

 

ECN口座を他社と比較

0.1ロットあたりの取引コスト

ECN

ロースプレッド

XM Zero
USD/JPY 往復手数料 0.06pips 0.7ドル 1ドル
スプレッド 0.5〜0.6pips 0.0pips 0.0〜0.2pips
トータル 69〜82円 87円 124〜144円
EUR/JPY 往復手数料 0.06pips 0.7ドル 1ユーロ
スプレッド 1.1〜1.3pips 0.3〜0.4pips 0.2〜0.3pips
トータル 144〜169円 117〜127円 155〜165円
CAD/JPY 往復手数料 0.06pips 0.7ドル 1カナダドル
スプレッド 2.1〜2.3pips 0.4〜0.6pips 1.3〜1.6pips
トータル 268〜292円 127〜147円 229〜259円
AUD/JPY 往復手数料 0.06pips 0.7ドル 1豪ドル
スプレッド 0.8〜1.6pips 0.4〜0.5pips 1.6〜1.7pips
トータル 107〜206円 127〜137円 253〜263円
CHF/JPY 往復手数料 0.06pips 0.7ドル 1スイスフラン
スプレッド 0.7〜1.7pips 0.7〜1.5pips 1.1〜1.6pips
トータル 94〜218円 157〜237円 243〜293円
GBP/JPY 往復手数料 0.06pips 0.7ドル 1ポンド
スプレッド 0.9〜1.1pips 0.3〜0.4pips 1.2〜1.7pips
トータル 119〜144円 117〜127円 282〜332円
NZD/JPY 往復手数料 0.06pips 0.7ドル 1NZドル
スプレッド 2.1〜2.3pips 0.8〜0.9pips 2.7〜2.9pips
トータル 268〜293円 167〜177円 355〜375円
EUR/USD 往復手数料 0.06pips 0.7ドル 1ユーロ
スプレッド 0.1〜0.3pips 0.0pips 0.0〜0.3pips
トータル 50〜74円 87円 135〜172円

※ 0.1ロット=1万通貨。スプレッドは2022年4月9日1時時台の変動幅。1ドル124円・1ユーロ135円・1加ドル99円・1豪ドル93円・1スイスフラン133円・1ポンド162円・1NZドル85円として計算。小数点以下四捨五入。赤字は最も割高・青字は最もお得。

LAND-FX ECN口座は、1ロットあたり片道0.3pips(0.1ロットあたり往復0.06pips)の取引手数料が発生します。

ここでは同じく取引手数料が発生する同タイプの口座として、Exnessロースプレッド口座とXM Trading Zero口座と比較しています。

結果を見ると、通貨ペアによって有利不利がかなり違いますね。

LAND-FX ECN口座は、EUR/JPY・CAD/JPYが若干割高でしたが、それ以外の通貨ペアはとても格安でした。

ただ、他社よりもスプレッドの変動幅が少々大きいので、流動性の低い時間帯や指標発表時などのボラティリティが高い時間帯の取引は要注意です。

 

スワップポイントはマイナスばかりだが他社よりも負担が少ない

ここでは、代表的な通貨ペア0.1ロット(1万通貨)あたりのスワップポイントを他社と比較します。

なお、前述の取引コストと同様、すべて日本円に換算して計算・比較しています。実際の金額とは多少異なる場合があるので注意してください。

 

大手海外FX業者と比較

0.1ロットあたりのスワップポイント

LAND-FX

Exness
●
XM Trading
USD/JPY -7円 -9円 -11円 -54円 -8円 -60円
EUR/JPY -10円 -8円 -39円 -9円 -44円 -30円
CAD/JPY -6円 -7円 -7円 -26円 -18円 -64円
AUD/JPY -7円 -6円 -9円 -24円 -30円 -47円
CHF/JPY -10円 -7円 -41円 -7円 -67円 -42円
GBP/JPY -11円 -11円 2円 -54円 5円 -94円
NZD/JPY -5円 -6円 -9円 -54円 -20円 -50円
EUR/USD -12円 -9円 -51円 12円 -73円 -1円
TRY/JPY - - 16円 -369円 - -
ZAR/JPY - - 4円 -117円 - -

※ 2022年4月8日時点の1万通貨あたりのスワップポイント。1ドル124円として計算。小数点以下四捨五入。赤字は支払い・青字は受取り。

一般的に海外FX業者のスワップポイントは、売りも買いも高額なマイナススワップ(支払い)ばかりなので長期トレードには向きません。

LAND-FXも例外ではありませんが、マイナススワップの金額自体はそこまで高くありませんでした。

 

大手国内FX業者と比較

0.1ロットあたりのスワップポイント

LAND-FX
GMOクリック証券
GMOクリック証券
SBI FXトレード
SBI FXトレード
USD/JPY -7円 -9円 18円 -21円 17円 -21円
EUR/JPY -10円 -8円 -12円 9円 -12円 7円
CAD/JPY -6円 -7円 13円 -16円 12円 -17円
AUD/JPY -7円 -6円 2円 -5円 1円 -6円
CHF/JPY -10円 -7円 -16円 13円 -15円 10円
GBP/JPY -11円 -11円 34円 -37円 41円 -46円
NZD/JPY -5円 -6円 9円 -12円 11円 -16円
EUR/USD -12円 -9円 -40円 37円 -35円 30円
TRY/JPY - - 17円 -20円 16円 -36円
ZAR/JPY - - 8円 -11円 8円 -11円

※ 2022年4月8日時点の1万通貨あたりのスワップポイント。1ドル124円として計算。小数点以下四捨五入。赤字は支払い・青字は受取り。

もちろん国内FX業者には全く敵いません。スワップポイント狙いの中長期トレードは、国内FX業者を利用したほうが良いでしょう。

 

レバレッジ制限に注意

証拠金額によるレバレッジ制限
証拠金額 レバレッジ
0円〜10万円未満 無制限
10万円〜50万円未満 2,000倍
50万円〜300万円未満 1,000倍
300万円〜2,000万円未満 500倍
2,000万円以上 200倍

※ 1ドル100円換算

LAND-FXでは、証拠金額によってレバレッジが制限されます。

たとえば、レバレッジ無制限で取引できるのは証拠金額10万円未満までです。

このレバレッジ制限の対象は口座レバレッジが適用されるメジャー通貨ペアのみです。

マイナー通貨ペア・エキゾチック通貨ペア・その他CFD銘柄には別途、個別レバレッジが適用されます。

また、経済ニュース発表の15分前〜5分後、週末の閉場3時間前から開場2時間後など、特定の時間帯にもレバレッジは200倍に制限されます。

このレバレッジ制限の対象は期間中の新規ポジションのみで、既存ポジションには影響ありません。

 

過度なスキャルピングに注意

LAND-FXは、スキャルピング・自動売買についてのルールを明確にしていません。

利用規約には、以下のように「サーバーに過度な負荷をかける行為は禁止」とだけ明記されています。

禁止事項

すべてのサーバーは容量に制限があり、多くの人々が使用しているため、Landprime Ltd.サーバー、またはLandprime Ltd.サーバーに接続されているネットワークに損傷または過負荷を与える可能性のある方法で、Landprime Ltd.サイトを使用しないでください。Landprime Ltd.サイトの使用を妨害するような方法でLandprime Ltd.サイトを使用しないでください。(Google翻訳)

出典:LAND-FX公式サイト

特に、スキャルピング系のEAによる自動売買や、指標発表時だけを狙ったスキャルピングには厳しいようです。

事前にサポートセンターに確認してから取引すると安心です。

 

約定力は高いがスリッページが心配

LAND-FXは、取引手数料無料・高い約定力・狭いスプレッド・過度なスキャルピング禁止という特徴と、不利なスリッページが多いという口コミもあることから、「本当はDD方式ではないのか?」という噂がトレーダーの間で囁かれています。

約定率などの詳細データが公開されていないため、これを確認する術はありませんが、この辺りの真偽を意識しながら取引することも大切でしょう。

実際はかなりサクサク約定するのですが、この高速約定の秘密はEquinix、Amazon、RousTech、PrimeXMとのパートナー提携によるサーバー強化にあるとのことです。

念のためLAND-FXに問い合わせたところ、「弊社は、間違いなくNDD(STP・ECN)方式です」との回答でした。

実際どちらであったとしても、直接トレーダーの不利益となる「不利なスリッページやストップ狩りによる被害」が多発しなければ問題ありません。

今のところ、目立った被害はないようですが、一部の評判・口コミを完全に無視することもできません。

 

ストップレベルが広い

主要銘柄のストップレベル

LAND-FX

Exness
●
XM Trading
USD/JPY 12ポイント 0ポイント 0ポイント
EUR/JPY 30ポイント 0ポイント 0ポイント
CAD/JPY 70ポイント 0ポイント 0ポイント
AUD/JPY 60ポイント 0ポイント 0ポイント
CHF/JPY 60ポイント 0ポイント 0ポイント
GBP/JPY 60ポイント 0ポイント 0ポイント
NZD/JPY 70ポイント 0ポイント 0ポイント
EUR/USD 12ポイント 0ポイント 0ポイント

※ 2022年4月時点

LAND-FXは、ストップレベルが広いので注意してください。

ストップレベルとは、指値・逆指値注文を置くことができない価格帯のことです。

現在価格からのポイント値で設定されており、業者や通貨ペアによって異なります。

このストップレベルが広いほど、短期売買における利食い・損切りチャンスを奪われます。

Exness・XM Tradingも以前はストップレベルの広い業者でしたが、現在はほとんどの銘柄がストップレベルゼロに改善されました(2022年4月時点)。

 

ロスカット率0%・ゼロカットあり

Land-FXのロスカットは、証拠金維持率0%で発動します(ECN口座は30%)。

つまり、口座残高全額を使用してロスカットに耐えられます。

ロスカット率0%は、他社ではExness(エクスネス)iFOREX(アイフォレックス)くらいしか採用していません。

ただし、いざロスカットが発動すると、口座残高はゼロになってしまうので資金管理には十分注意しましょう。

また、ゼロカットが採用されているので、もしロスカットが間に合わず口座資金がマイナスになってしまった場合、そのマイナス残高はLAND-FXが全額負担してくれます。

ただし、LAND-FXのゼロカット適用は申請が必要で、審査も少々厳しいようです。

過去にゼロカットやボーナスの悪用が多発したことが原因ではないかと思われます。

 

取引ツール・サービス

取引ツールはMT4・MT5が両方使える

取引ツールの種類
対応機種・OS 自動売買
インジケータ追加
MT4 ダウンロード Windows 可能
ブラウザ Windows・mac 不可
アプリ Android・iOS 不可
MT5 ダウンロード Windows 可能
ブラウザ Windows・mac 不可
アプリ Android・iOS 不可
cTrader ダウンロード なし
ブラウザ なし
アプリ なし
独自ツール ダウンロード なし
ブラウザ なし
アプリ なし

取引ツールは、定番のMT4(MetaTrader4)最新版のMT5(MetaTrader5)が両方使えます。

MT4とMT5が両方使える業者のメリットは、MT4からMT5への移行がしやすいという点ですね。

現在、海外FXトレーダーの多くは依然としてMT4を使い続けており、高機能であるはずのMT5はまだまだ普及していません。

MT5が普及しない主な理由は、MT4とMT5とではEAやインジケータに互換性がないためです。

EAやインジケータというのは、仕組みやスペックがそのまま取引成績に直結する極めて重要なプログラム。トレードスタイルそのものと言っても過言ではないでしょう。

とはいえ、今後はMT5が主流になることは間違いないので、トレーダーはいずれMT5に移行せざるを得ません。

そのため、業者がMT4・MT5を両方採用していてくれると、少しずつMT5への移行準備を進めることが可能です。

ユーザーの実情をよく把握できている業者というのは、このような細かなところまでサービスが行き届いています。

MT4・MT5の違いについては、以下の記事をご覧ください。

MT4とMT5はどっちがいい?スマホアプリ・PCの違いを比較

MetaQuotes社が開発した高機能取引ツールMetaTrader4、MetaTrader5(以下、MT4、MT5)は、海外FXをする上では欠かすことのできないツールです。 どちらも無料で利用でき、 ...

続きを見る

MT4・MT5は、Windows対応のダウンロードタイプ、Windows・mac対応のブラウザタイプ、Android・iOS対応の専用アプリがリリースされています。

この内、自動売買のためのEA(Expert Adviser)やカスタムインジケータをインストールできるのは、Windows対応のダウンロードタイプだけなので注意しましょう。

スマホ・タブレットでは自動売買はできません。macユーザーの場合は、以下の記事で対処方法を解説しているので参考にしてください。

macでMT4を動作させる方法まとめ

MT4(MetaTrader4)はWindows専用ソフトなので、通常であればmacにインストールすることはできません。 そのため、これまでmacユーザーは一部の海外FX業者からダウンロードできる「m ...

続きを見る

 

本人認証不要のエクスプレス口座で1ヶ月のお試し取引ができる

Land-FXの口座には、本口座(スタンダード・プライム・ECN)・エクスプレス口座・デモ口座の3種類があります。

エクスプレス口座は、すぐに本番環境で取引を始めたい人におすすめです。

口座開設時に身分証明書や居住証明書などの本人確認書類を提出する必要はなく、手続きはメールアドレスと携帯電話番号を入力するだけの簡単さ。

ただし、入金限度額は3,000ドル使用可能期間1ヶ月の制限があります。

そのほかに取引制限はありません。

初めてLAND-FXを利用する人は、この気軽なエクスプレス口座から初めてもみても良いでしょう。

1ヶ月以内に本人確認書類をアップロードすれば、自動的に本口座に変更されます。

ちなみに、仮想資金を使って取引できるデモ口座も本人確認書類不要で利用できますが、あくまでも本番環境とは異なるデモ環境での取引です。

デモ口座は海外FXの仕組みやMT4の使い方を学ぶには最適ですが、LAND-FXのリアルな取引環境を体験することはできません。

 

日本語の無料学習コンテンツが充実している

LAND-FXでは、テキストタイプの無料学習コンテンツ(日本語)があります。

内容はFX取引の基礎やテクニックがとても見やすくまとめられており、初心者の人はひととおり目を通しておくと良いかもしれません。

 

電話・メールによる日本語サポートあり

サポート窓口
日本語対応 受付時間
電話 可能 日本語対応
平日10〜18時
英語対応
平日24時間
メール 可能 平日24時間
専用フォームあり
チャット 不可 英語対応
平日24時間

LAND-FXのサポート窓口は、電話・メール・チャットの3種類です。

営業時間は基本的に平日24時間ですが、コールセンターの日本語サポートのみ平日10〜18時です。

コールセンターの利用には国際電話料金がかかるので、メールでコールバックで依頼すると良いでしょう。

また、チャットは日本語サポート対象外なので注意してください。

 

キャンペーン・ボーナス

LAND-FXは2022年3月のリニューアルより、これまで実施していたキャンペーン・ボーナスを終了しました。

現在は、「定期預金」「デモコンテスト」を実施しているだけです(2022年4月時点)。

ただ、今後キャンペーンが開催される可能性もあるので、参考までに過去に開催していたキャンペーンの詳細が知りたい人は、以下の記事をご覧ください。

LandFX(ランドFX)のボーナス解説|LPボーナス口座の入金100%最大50万円の受け取り方

LAND-FXは2022年3月のリニューアルより、これまで実施していたキャンペーン・ボーナスを終了しました。 現在は、「定期預金」「デモコンテスト」を実施しているだけです(2022年4月時点)。 ただ ...

続きを見る

 

最大金利2.5%定期預金

キャンペーン概要
キャンペーン期間 常時開催
キャンペーン対象口座 -
キャンペーン内容 最大金利2.5%の定期預金

LAND-FXでは、定期預金ができます。

預金期間を最低1週間〜最大1年から選択でき、金利は最低0.3%〜最大2.5%です。

金利表
預金期間(満期) 金利(年)
7日 0.3%
15日 0.5%
30日 1.2%
3ヶ月 1.5%
6ヶ月 1.8%
9ヶ月 2.1%
12ヶ月 2.5%

たとえば、三井住友銀行「スーパー定期」の金利が年0.002%であることを考えると非常にお得ですね。

主な特徴と注意点は以下の通りです。

ココがポイント

  • 申込時に預金期間を設定
  • 預金期間は最短1週間〜最大1年
  • 金利は預金期間によって最低0.3%〜最大2.5%で変動
  • 預金上限は50,000ドル
  • 預金利息は日本時間の午前0時に発生
  • いつでもLand Walletから定期預金へ資金移動可能
  • いつでも定期預金からLand Walletへ資金移動可能

ココに注意

  • Land Walletの保有は1人1つまで
  • 中途解約した場合、利息は消滅し元金はLand Walletに戻る

定期預金の申込方法は、マイページの専用フォームを利用して申請します。申請は最大5つまで可能です。

LAND-FXの総合口座である「Land Wallet」に資金を入金後、金額と預金期間を設定すればOKです。

定期預金は通常の資金と同様に分別保管され、預金利息は預金を申請した翌日から発生します。

満期前に途中解約すると、利息が消滅してしまうので注意してください。

特に利息発生に対する制限はありませんが、利息だけを目当てにLAND-FXを利用するのはあまりおすすめしません。

LAND-FXには「入金額に対して一定の取引量を満たさずに出金する場合、入金時にLAND-FXが負担した入金手数料を出金時に差し引く」というルールがあります。

せっかく貯めた利息が、この手数料が差し引かれることでチャラになってしまう可能性があるので注意しましょう。

 

デモコンテスト

キャンペーン概要
キャンペーン期間 ほぼ毎週開催
キャンペーン対象口座 デモ口座
キャンペーン内容 豪華賞金が獲得できるトレードコンテスト

LAND-FXは、初心者の人でも気軽に参加できる仮想資金を使ったとトレードコンテストを開催します。

このキャンペーンの主な特徴と注意点は以下の通りです。

ココがポイント

  • デモ口座・バーチャルマネーを使ったトレードコンテスト
  • 賞金はリアルマネー総額11,000ドル
  • 1〜5位は特別賞金がもらえチャンピオンシップに進出可能
  • チャンピオンシップではファンドマネージャーの権限付与され、PAMMシステム上にファンドを構築可能

ココに注意

  • レバレッジは500倍固定
  • 仮想資金10,000ドルからスタート

資金はバーチャルマネーですが、賞金はリアルマネー総額11,000ドルです。

ただし、賞金がもらえるのはランキング上位5名のみ。

ランキング1位〜5位の賞金と特別賞
賞金 特別賞
(チャンピオンシップ進出者)
1位 500ドル 3,000ドル
2位 300ドル 1,000ドル
3位 100ドル 600ドル
4位 50ドル 300ドル
5位 50ドル 100ドル

この上位5名は、PAMMシステム上にファンドを構築し、特別賞金がもらえるチャンピオンシップにも参加できます。

 

口座開設・入出金

必要書類は本人確認書類と現住所確認書類

口座開設の際は、本人認証のため以下の書類の画像データが必要となります。

書類全体が写るよう鮮明に撮影したものをあらかじめ用意してください。

顔写真の有無・有効期限・発行日などに注意しましょう。

本人確認書類(有効期限内・写真付き・両面)

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

現住所確認書類(発行から3ヶ月以内)

  • 住民票
  • 公共料金領収明細書
  • 銀行またはカード会社の明細書

本人確認書類が準備できたらLAND-FX公式サイトにアクセスして、口座開設と必要書類をアップロードしましょう。

口座開設の手順は以下の通りです。

 

step
1
公式サイトにアクセスする

まずはLAND-FX公式サイトにアクセスし、Live口座をクリックしてください。

 

本口座開設をクリックします。

 

step
2
基本情報を登録する

法人/個人・プラットフォーム・口座タイプ・口座通貨・レバレッジを選択します。

 

step
3
個人情報を登録する(1/2)

氏名・性別・国籍・生年月日を選択または入力します。

 

step
4
SNS認証を実施する

SNS認証を実施します。

携帯電話番号・固定電話番号(なければ携帯電話番号)を入力し、SNS受信をクリックしてください。

日本の国番号は+81です。電話番号は全ての数字を入力してください(例.09012345678)。

 

携帯のSNSメールに届いた4桁の認証コードを画面に入力し、認証をクリックします。

 

認証が成功するとメッセージが表示されます。

 

step
5
個人情報を登録する(2/2)

メールアドレス・住所・郵便番号を入力して、次へをクリックします。

 

step
6
資産情報&雇用状況を登録する

資産情報・雇用状況を選択してください。

 

step
7
本人確認書類をアップロードする

あらかじめ用意していた、身分証明書(本人確認書類)の画像ファイルを検索ボタンで指定します。

 

続けて、居住証明書(現住所確認書類)の画像ファイルも検索ボタンで指定して、次へをクリックします。

 

step
8
利用規約に同意する

約諾書の同意チェックを入れて次へをクリックします。

 

追加リスク開示の同意チェックを入れて次へをクリックします。

 

step
9
審査を待つ

あとは審査を待ちましょう。

審査が完了すると、MT4のログイン情報がメールで届きます。

 

入出金方法はクレジットカードまたはSTICPAYがオススメ

入金方法
最低金額 所要日数 手数料
クレジットカード
デビットカード
VISA 1万円 即時 無料
master 1万円 即時 無料
JCB なし
オンライン
ウォレット
bitwallet なし
STICPAY 500円 即時 無料
WebMoney なし
仮想通貨 BTC 5万円 即時 無料
ETH なし
XRP なし
銀行送金 国内 5万円 最短翌日 無料
海外 5万円 最短当日 無料
出金方法
最低金額 所要日数 手数料
クレジットカード
デビットカード
VISA 指定なし 最長45営業日 無料
master 指定なし 最長45営業日 無料
JCB なし
オンライン
ウォレット
bitwallet なし
STICPAY 指定なし 1〜2営業日 2.5%+
30円
WebMoney なし
仮想通貨 BTC なし
ETH なし
XRP なし
銀行送金 国内 なし
海外 指定なし 最長5営業日 4.5千円

※:金融機関・決済サービス会社・取引所で発生する入出金手数料・送金手数料等は別途自己負担。

LAND-FXの入出金方法を大きく分けると、クレジット/デビットカード・オンラインウォレット・仮想通貨・銀行送金の4種類です。

カードブランドはVISA・MasterCard、オンラインウォレットはSTICPAY(スティックペイ)、仮想通貨はBTC(ビットコイン)、銀行送金は国内・海外から選択できます。

最低金額以上なら、入金手数料はLAND-FXが負担してくれます。

ただし、資金を出金する際に以下の規定ロット数を達成していなければ、一度は負担してもらっていた入金手数料を出金額から差し引かれてしまうので注意してください。

入金額と規定取引ロット数
入金額 規定ロット数
100ドル 2ロット
200ドル 4ロット
500ドル 10ロット
1,000ドル 20ロット
5,000ドル 100ロット
10,000ドル 200ロット

LAND-FXについてよくある質問(FAQ)

最大レバレッジは何倍ですか?レバレッジ制限はありますか?

スタンダード口座・プライム口座は無制限、ECN口座は1,000倍です。また、LAND-FXには証拠金額によるレバレッジ制限があります。

レバレッジ無制限で取引できるのは、証拠金残高10万円未満です。


スキャルピングや自動売買はできますか?

裁量取引による短期売買や自動売買は可能です。ただし、過度なスキャルピングやスキャルピング系EAの使用はペナルティの対象となる場合があります。


強制ロスカット・マージンコールの基準を教えてください。

スタンダード口座・プライム口座は、マージンコールが証拠金維持率30%以下で発動、ロスカットが証拠金維持率0%で発動します。ECN口座は、マージンコールが証拠金維持率50%以下で発動、ロスカットが証拠金維持率30%以下で発動します。


両建ては可能ですか?
はい。同一口座内での両建ては認められています。

取引ツールは何が使えますか?
MT4(MetaTrader4)・MT5(MetaTrader5)の2種類が利用できます。

確定申告はどうすればいい?

海外FXで利益を得た場合、日本国内で確定申告をして税金を納める必要があります。納める金額は、総合課税(給与所得など、他の所得と合算した課税所得に、所得税の税率をかけて所得税額を算出する課税方式)で計算されます。

税率は課税所得に応じて、所得税5%から45%、住民税10%、復興税2.1%となります。

海外FXの税金まとめ2022|確定申告は必要?脱税できる?節税方法は?

この記事では、海外FXの税金と節税対策について国内FXと比較しながら具体的に解説します。 まず、海外FXの税金について気になるであろうことをまとめました。 ココがポイント 海外FX業者で出した利益には ...

続きを見る

 

ボーナスを活用して取引しないと損!

海外FX業者の中には、

  • 口座開設だけで10000円
  • 入金額の100%ボーナス

など、知らないと損をするお得なボーナスを実施しているところが沢山あります。

信頼性の高い業者のみを厳選して紹介しているので、今一番お得なキャンペーンを見つけてください。

 

2022年!安全かつ人気のおすすめFX海外業者ランキング

海外FXおすすめ業者ランキング

FX海外業者で最も重要視しなければいけないのは次の3つです。

  • 業者の安全性・信頼性
  • スプレッド・取引コストの安さ
  • ボーナス・日本語サポートの有無

しかし、海外業者は情報が少ないため、どこが人気で優良な業者なのかわからない人がとても多いです。

当サイトを見てくれた人だけに、日本だけでなく海外でも知名度がある本当に人気のおすすめ海外業者を紹介します。

 

  • この記事を書いた人

海外FX wiki編集部

海外FX歴14年。専業トレーダーとして月間最高利益2000万円。初心者が安心して海外FXを利用できるように信頼できるコンテンツを提供していきます。

-海外FX口座レビュー

© 2022 海外FX Wiki