【2021年最新版】XMTradingの入金・出金方法すべて!おすすめはVISAカードかbitwallet!入出金できない場合の対処法

注意

XM Tradingでは入出金方法に以下の変更がありました。(2021年2月時点)。

海外FX業者の入出金方法は、短期間で頻繁に変更されるので、古い情報には注意してください。

  • JCB・MasterCardの取扱終了(対応カードはVISAのみ)。
  • ビットコイン入金の取扱終了。
  • 利益分の出金方法が海外銀行送金から国内銀行送金へ変更。

    XMTrading(以下XM)の入金方法は7種類と非常に多彩です。

    海外FXの入出金によく使われるクレジットカードを持っていない人でもXMなら大丈夫。

    いずれかの方法を利用すれば、誰でもすぐに取引を始められますよ。

    また、入金手数料は全て無料最低入金額も500円以上からでOKです。

    • クレジット・デビットカード決済(VISAのみ対応)
    • 国内銀行送金
    • Online Bank Transfer
    • Local Transfer
    • bitwallet(オンラインウォレット送金)
    • Stickpay(オンラインウォレット送金)
    • BXONE(オンラインウォレット送金)

    ただし、XMでは入出金ルールに注意してください。トレーダーは出金方法を自由に選べません。

    また、入出金方法によっては「隠れ手数料」とも言うべき、決済サービス会社・銀行の入出金手数料も別途発生します。

    せっかくこれから取引で稼いでいこうと思っている訳ですから、無駄な入出金手数料を負担したり、上手く入出金できずトラブルになったりするのは避けたいですよね?

    そこでこの記事では、主に次の3つのポイントについて解説していきたいと思います。

    ベストな入出金方法を選び、余計なコスト負担やトラブルを避けましょう。

    入出金のポイント

    • XM Tradingの入金方法の選び方
    • XM Tradingの入出金方法と入出金ルール
    • XM Tradingで入出金できない場合とその対処方法
    XMTradingの評価|評判・安全性について(エックスエムトレーディング)

    2009年に設立したXM Trading(エックスエムトレーディング)は、もはや海外FXの代名詞と言っても過言ではない日本人に人気のブローカーです。 この記事では、XMTradingの特徴を口コミも交 ...

    続きを見る

     

    XM Tradingの入金方法の選び方

    さっそくですが、最初にXMの入金方法の選び方から解説します。

    出金方法については、次の「入出金でおさえておくべき2つ基本ルール」で詳しく解説しますが、トレーダーに選択権はありません。

    入金方法は、まず「複数のFX業者を併用するか?」「XMしか使わないか?」VISAのクレジットカード・デビットカードを持っているか?」で判断しましょう。

    入金方法の選び方
    複数の業者を併用する XMしか利用しない
    VISAカードを持っている クレジット・デビットカード クレジット・デビットカード
    VISAカードを持っていない bitwalletまたはSTICPAY Online Bank Transfer
    Local Transfer

    XMで利用できるクレジット・デビットカードははVISAのみです。

    VISAカードを持っている人なら、カード入金が一番手軽なのでおすすめです。

    手数料も一切かかりません。

    VISAカードを持っていない人は、複数のFX業者を併用する人ならbitwalletまたはSTICPAY、XMしか利用しない人であればOnline Bank TransferまたはLocal Transferがおすすめです。

    ただし、こちらは多少手数料が発生します。

    オンラインウォレットにはBXONEもありますが、あまり利用価値がないので、bitwalletまたはSTICPAYから選択すると良いでしょう。

    この入金方法の選び方の根拠については、後ほど解説します。

    基本的に、XMの入出金ルール・XMで発生する入出金手数料・決済サービス会社や銀行で発生する隠れ手数料・口座反映時間などを全て考慮した結果です。

     

    XM Tradingの入出金方法と入出金ルール

    入出金でおさえておくべき2つ基本ルール

    ルール1:ユーザーが自由に選べるのは入金方法だけ

    XMの入出金で、ユーザーが自由に選べるのは入金方法だけです。

    出金方法は選んだ入金方法によって必然的に決まるため、自分で選ぶことはできません。

    XMでは口座資金を以下の2種類に分けて、それぞれに入出金ルールを定めています。

    • 資金分(入金額と同額の部分)
    • 利益分(入金額以上の部分)
    入金方法と出金方法の関係
    入金方法 出金方法
    資金分 利益分
    クレジットカード
    デビットカード
    bitwallet
    STICPAY
    BXONE
    同一ルート 国内銀行送金
    国内銀行送金
    Online Bank Transfer
    Local Transfer
    国内銀行送金 国内銀行送金

    例えば、bitwalletで10万円入金して取引で資金を30万円に増やした場合、最初の10万円まではbitwallet、残りの20万円は海外銀行送金での出金となります。

    Online Bank TransferやLocal Transferなどで入金した場合は、無条件で海外銀行送金での出金となり、bitwalletやSTICPAYでの出金は選べません。

    ちなみに、上記の例は最もシンプルな入出金パターンの話です。

    複数のクレジット・デビットカード、あるいは複数の入金方法を併用している場合は、次に解説する「ルール2:出金方法には優先順位がある」が絡んでくるので少々複雑です。

    どのルートでいくら入出金していたかは、会員ページの入金メニュー・出金メニューにある、入金履歴・出金履歴でそれぞれ確認できます。

     

    ルール2:出金方法には優先順位がある

    もう一つ、XMには出金優先順位という大原則があります。

    XMでは、必ず以下の順番で出金しなくてはいけません。

    1. 直近で使用したクレジット・デビットカード
    2. 過去に使用したクレジット・デビットカード
    3. bitwallet・STICPAY・BXONE
    4. 国内銀行送金・Online Bank Transfer・Local Transfer

    よく分からなければ、カスタマーサポートに聞くのがもっとも確実です。

    自分で確認するなら、会員ページの入金履歴・出金履歴を見ながら、以下の手順で出金方法を確認してみてください。

    出金方法の確認手順
    手順 入金実績の有無をチェック YESなら
    入金額までは 入金額以上は
    1 クレジットカード
    デビットカード
    で入金したことはあるか?
    同一ルート
    で出金
    手順2へ進む
    2 過去に別の
    クレジットカード
    デビットカード
    で入金したことはあるか?
    同一ルート
    で出金
    手順3へ進む
    3 bitwallet
    STICPAY
    BXONE
    で入金したことはあるか?
    同一ルート
    で出金
    国内銀行送金
    で出金
    4 国内銀行送金
    Online Bank Transfer
    Local Transfer
    で入金したことはあるか?
    国内銀行送金で出金

    「もし手順1がYESなら入金額までは同一ルートで出金、入金額以上は次の手順2に進む。もし手順2がYESなら...」を繰り返せばOKです。

    クレジットカード・デビットカード・オンラインウォレットの入金額と同額以上を出金しようとする人、国内銀行送金・Online Bank Transfer・Local Transferでの入金しかしていない人は、出金方法に国内銀行送金しか選べません。

    以下に、例をあげます。

    例えば、毎回異なる入金方法で資金を小分けに入金した場合、

    1. 初回入金:クレジットカードAで10万円
    2. 2回目入金:クレジットカードBで10万円
    3. 3回目入金:bitwalletで10万円

    数週間後に、利益を含めた口座資金100万円を全額出金するとなると、

    1. クレジットカードBに10万円出金
    2. クレジットカードAに10万円出金
    3. bitwalletに10万円出金
    4. 国内銀行送金で指定口座に70万円出金

    という順番で出金しなくてはいけません。

    上記の場合は、直近で使ったクレジットカードAへの出金が最も優先されます。

    次に、過去に使ったクレジットカードB → bitwallet → SticPay → 国内銀行送金の順番で出金する流れとなります。

    クレジットカード利用時の注意点

    クレジットカード入金は、「カードのショッピング枠を使い、FX業者から取引資金を購入する」という手続きです。

    そのため、クレジットカードで出金することは、そのショッピング履歴のキャンセル手続きに他なりません。

    もし、カード会社の締日までに出金できれば、そのショッピング履歴のデータを削除するだけで済みます。

    しかし、カード会社の締日を過ぎてから出金すると、一旦入金額がカード会社登録の銀行口座から引き落とされ、出金時はその銀行口座への返金処理となります。

    クレジットカードを利用する際は、入出金のタイミングによって処理と出金手続きにかかる日数が異なるという点に注意してください。

    返金処理の場合は、口座反映までに数週間から数ヶ月要する場合もあります。

     

    入出金手数料と最低入出金額

    入金
    最低入金額 手数料
    XM 決済サービス会社・銀行
    クレジットカード
    デビットカード
    500円 無料 決済手数料:無料
    bitwallet 500円 無料 送金手数料:XM負担
    STICPAY 500円 無料 送金手数料:XM負担
    BXONE 500円 無料 送金手数料:XM負担
    国内銀行送金 500円 入金額1万円以下は
    980円
    銀行所定の振込手数料
    Online Bank Transfer 2,000円 無料 決済手数料:280円
    Local Transfer 2,000円 無料 決済手数料:280円

    ※ 公式サイト上では最低入金額は、「マイクロ口座・スタンダード口座が500円」「XM Zero口座が1万円」となっていますが、実際は全口座タイプ共通で上記の最低入金額から入金できます。

    出金
    最低出金額 手数料
    XM 決済サービス会社・銀行
    クレジットカード
    デビットカード
    500円 無料 決済手数料:無料
    bitwallet 500円 無料 受取手数料:無料
    STICPAY 500円 無料 受取手数料:無料
    BXONE 500円 無料 受取手数料:無料
    国内銀行送金 10,000円 出金額40万円以下は
    2,500円
    受取手数料:無料

    ※ 国内銀行送金・Online Bank Transfer・Local Transferで入金した場合は、無条件で国内銀行送金での出金となります。

    上記は、XM・決済サービス会社・銀行間で発生する入出金手数料と最低入出額をまとめたものです。

    これを見る限り、基本的にほとんど手数料無料ですし、決済サービス会社や銀行で発生する手数料もそれほど高くはありませんね。

    「国内銀行送金を利用した場合のXM側で発生する手数料に気をつければ良いだけかな?」と思うかもしれませんが、実は上記以外にもトレーダーは「隠れ手数料」ともいうべき余計なコストを負担しなくてはいけません。

    「隠れ手数料」とは、決済サービス会社・銀行側で発生する入出金手数料のことです。

     

    クレジットカード・デビットカード

    クレジットカード・デビットカードであれば、完全無料で入出金できます。

    隠れ手数料もありません。

    ただし、前述した通り利益分は国内銀行送金での出金となります。

     

    オンラインウォレット

    オンラインウォレットも、基本的には無料で入出金できますが、オンラインウォレットには隠れ手数料があります。

    オンラインウォレット側の入出金手数料は、どのサービスも割高です。

    複数のFX業者を併用して資金をオンラインウォレットで一元管理している人なら、コストよりも利便性のほうが上回ると思います。

    しかし、XMしか利用しない人であれば、コストが負担になるだけなのであまり利用する意味はないかと思います。

    また、利益分は国内銀行送金での出金となります。

    どのオンラインウォレットを使うは、以下の記事を参考にしてみてください。

    オンラインウォレットによって入出金方法は異なるので、利便性とコストを天秤にかけて検討しましょう。

    海外FXの入出金はbitwalletが早いしおすすめ(ビットウォレット)アカウント作成〜出金方法

    海外FX業者を利用する際の資金の入出金には、bitwallet(ビットウォレット)を利用するのが非常に便利です。 入金・出金のどちらも早く、手数料が安い。 むしろ、クレジットカード・デビットカード以外 ...

    続きを見る

    STICPAYとは?アカウント作成から入金・出金方法まで徹底解説

    STICPAY(スティックペイ)とは、多彩な入出金方法に対応した、便利なオンラインウォレットことです。 現在、ヨーロッパ全域・香港・インド・インドネシア・韓国・ネパール・ナイジェリア・フィリピン・シン ...

    続きを見る

    ちなみに、BXONEにはあまり利用価値はありません。

    入金手数料は無料ですが、どの出金方法を選んでも最低出金額は1万円以上ですし、各種手数料が高額です。

    また、XM以外ではBigBossが採用している程度なので汎用性もありません。

     

    Online Bank Transfer・Local Transfer

    Online Bank Transfer・Local Transferは入金専用です。

    手数料は入金時に280円だけ発生します。

    隠れ手数料もありません。

    そのため、複数のFX業者を併用していない人、または併用する予定のない人は、Online Bank Transfer・Local Transferもなかなか良い選択肢だと思います。

    最低入金額は2,000円ですが、これは特に問題ではないでしょう。

    ただし、資金・利益の出金方法は無条件で国内銀行送金となります。

     

    国内銀行送金

    国内銀行送金は手数料が少々高く、隠れ手数料も発生します。

    まず入金の場合ですが、入金額10,000円以下だとXM側で980円の手数料が発生します。

    送金銀行側で発生する振込手数料も別途自己負担です(隠れ手数料)。

    ただ、入金額が10,000円以上かつ振込手数料を銀行側のサービスで無料にできる人なら、国内銀行送金での入金も良い選択肢だと思います。

    次に出金の場合ですが、国内銀行送金ですからもちろん着金銀行側で受取手数料などは発生しません。

    しかし、出金額40万円以下だとXM側で2,500円もの手数料が発生します。

    国内銀行送金はXMの出金方法の基本ですから、資金はなるべくまとめて出金する癖をつけておいたほうが良いでしょう。

     

    着金までにかかる時間

    入出金反映時間
    入金反映時間 出金反映時間
    クレジットカード
    デビットカード
    即時 最長2ヶ月※
    bitwallet 即時
    STICPAY
    BXONE
    国内銀行送金 平日営業時間内は約1時間
    上記以外は翌営業日
    2~5営業日

    ※カード会社の締日前後で出金処理が異なるため。

    XMの入金処理は、基本的に即時反映です。

    国内銀行送金による入金の場合でも、銀行とXMの営業時間外・土日祝日の場合を除き、当日中には反映します。

    ただし、出金処理には少々日数のかかるケースがあるので注意しましょう。

    オンラインウォレットであれば、XMの営業日であれば即時反映です。

    しかし、国内銀行送金の場合は2〜5営業日要します。

    そして、出金に最も日数がかかるのがクレジットカード・デビットカードで、最長で2ヶ月かかる場合もあります。

    理由は「クレジットカード利用時の注意点」でも述べましたが、出金のタイミングがカード会社の締日以前か締日以降かによって出金の処理方法が変わるからです。

    そのため、クレジットカード・デビットカードについては、「入金には最適だが、出金は少々面倒な面もある」と考えるようにしてください。

     

    XM Tradingで入出金できない場合とその対処方法

    出金先に指定できない銀行がある

    XMでは、一部の銀行は資金の出金先銀行に指定できません。

    XMの銀行送金は国内銀行送金として出金処理されますが、出金先銀行に指定できるのはSWIFTコードのある銀行のみです。

    そのためSWIFTコードを所有していない銀行は利用不可となります。

    また、出金時には出金先銀行情報を以下の専用フォームに入力し、出金リクエストを送信します。

    ここで銀行情報が間違っていたり、出金先に選べない銀行を指定していた場合は、出金リクエストを受け付けてもらえないので注意しましょう。

    特に、SWIFTコードの入力は必須です。

     

    証拠金維持率が150%以下だと出金できない

    XMでは、ポジション保有中でも出金は可能です。

    しかし、証拠金維持率が150%以下の場合は口座資金を出金できません。

    保有中のポジションを決済するか、追加入金して証拠金維持率を150%以上に回復させてください。

    証拠金維持率(%)= 有効証拠金(口座残高 + ボーナス + 損益)÷ 必要証拠金 × 100

     

    ボーナスは出金できない

    XMのボーナスは出金できません。

    証拠金・損失補填にしか使えないので、勘違いしないようにしましょう。

    また、万が一口座残高がマイナスになってしまった場合、ゼロカットが実施される前に保有しているボーナスを使って損失を補填します。

    つまり、ゼロカットはボーナスと引き換えが条件です。

    また、口座資金を出金するたびに一定のボーナスが消滅します。

    XMTradingの100%入金ボーナス・新規口座開設3000円の受け取り方!出金条件や消滅・リセット条件も徹底解説

    XMTradingでは、3種類のキャンペーンが常時開催されており、口座開設・入金・取引をすることでボーナスがもらえます。 口座開設ボーナス3,000円(未入金ボーナス) 100%+20%入金ボーナス( ...

    続きを見る

     

    bitwallet・STICPAYに出金できない特殊なケースもある

    現在は不可能ですが、以前のXMではbitwallet・STICPAYでも利益分を出金できました。

    そのため、既存ユーザーの人で「過去にbitwallet・STICPAYで利益分を出金したことのある人」はちょっと厄介です。

    現行ルールに合わせて、過去に出金した利益分と同額を再度bitwallet・Stickpayを使って入金しなければいけません。

    どういうことかと言うと、例えば

    • ルール改訂前に、bitwalletで利益50万を出金したことがある
    • ルール改定後に、bitwalletで10万入金している

    という場合、

    bitwalletで新たに40万の入金実績を作らない限り、bitwalletへは出金できません。

    「取り急ぎbitwalletに10万円出金したいだけなのに、新たに40万円も入金できない」

    「口座にある資金を全額出金して、しばらく入金や取引する予定はない」

    といった人は、普通に国内銀行送金で10万円を出金してください。

     

    XMTradingの入出金についてよくある質問(FAQ)

    XMから出金拒否のメールが届きました。出金方法が間違っているとのことですが、良く意味が分かりません。

    まず、これは出金拒否ではありませんので安心してください。

    正しい出金方法で手続きすれば、最終的にはちゃんと出金できますよ。

    XMの入出金は、「資金分は同一ルートで出金」「利益分は海外銀行送金で出金」という大原則があります。

    また、クレジット・デビットカードで入金した場合や、複数の入金方法を併用した場合も、出金方法に優先順位があります。

    間違った出金方法を選択すると、今回のようにカスタマーサポートからメールで指摘され、正しい出金方法での手続きを求められます。

    このルールを知らない人の中には、この再手続メールを出金拒否と勘違いしてしまう人も多いようですね。


    XMの入出金は、なぜこんなにも面倒なのでしょうか?

    全てマネーロンダリングなどの金融犯罪を防止するためです。

    これは金融機関に対する世界的な規制の動きなので、入出金ルールが徹底されている業者ほどしっかりとした国際企業と言えます。

    XMは国際ルールに則った上で、ユーザーの利便性も考慮してさまざまな入金方法を用意しているので、安心して利用できる業者ですよ。


    JCBで入金しようとしたらマイページに選択肢がありません。

    ビットコインで入金できますか?

    現在は取扱を終了しています。

    別の入金手段を検討してください。


    デモ口座の資金は追加入金できますか?

     

    ボーナスを活用して取引しないと損!

    海外FX業者の中には、

    • 口座開設だけで10000円
    • 入金額の100%ボーナス

    など、知らないと損をするお得なボーナスを実施しているところが沢山あります。

    信頼性の高い業者のみを厳選して紹介しているので、今一番お得なキャンペーンを見つけてください。

     

    2021年!安全かつ人気のおすすめFX海外業者ランキング

    海外FXおすすめ業者ランキング

    FX海外業者で最も重要視しなければいけないのは次の3つです。

    • 業者の安全性・信頼性
    • スプレッド・取引コストの安さ
    • ボーナス・日本語サポートの有無

    しかし、海外業者は情報が少ないため、どこが人気で優良な業者なのかわからない人がとても多いです。

    当サイトを見てくれた人だけに、日本だけでなく海外でも知名度がある本当に人気のおすすめ海外業者を紹介します。

     

    • この記事を書いた人

    海外FX wiki編集部

    海外FX歴14年。専業トレーダーとして月間最高利益2000万円。初心者が安心して海外FXを利用できるように信頼できるコンテンツを提供していきます。

    -XMTrading

    © 2021 海外FX Wiki