TitanFXのレバレッジルール徹底解説!レバレッジ規制やロット制限の解除など

TITAN FX(タイタンFX)は、多くの海外FX業者とは一線を画す、ハイスペック・低コストで本格的な取引ができる優良業者です。

キャンペーンは一切開催せず最大レバレッジも500倍と海外FX業者の中では一般的ですが、他社よりレバレッジルールの縛りが緩く、口座残高によるレバレッジ制限はありません。

また、CFD銘柄も通貨ペアと同じ最大レバレッジ500倍で取引できるところも、TITAN FXの大きな魅力の一つ。

他社とはしっかり差別化されているので、取引条件重視のトレーダーにはとても人気の業者です。

TITAN FXのレバレッジルール

  • TITAN FXの口座レバレッジは最大500倍
  • 口座レバレッジは自分で変更可能
  • 通貨ペア以外のCFD銘柄も最大500倍で取引可能
  • 株式CFDのレバレッジは20倍固定
  • 口座残高によるレバレッジ制限なし
  • 相場が荒れる時期には一時的にレバレッジ制限を実施

この記事では、TITAN FXのレバレッジルールについて、他社と比較しながらポイントや注意点を詳しく解説していきます。

TitanFXの評価|評判・安全性について(タイタンFX)

2014年に設立したTITAN FX(タイタンエフエックス)は、元PepperStone(ペッパーストーン)のスタッフが立ち上げたヘビートレーダー向けの海外FX業者です。 この記事では、TITAN F ...

続きを見る

TITAN FX公式サイトはこちら

TITAN FXの最大レバレッジを他社と比較

通貨ペアのレバレッジ

口座タイプと口座レバレッジ
口座タイプ 口座レバレッジ
スタンダード口座 最大 500倍
ブレード口座

TITAN FXでは60銘柄もの通貨ペアを取引できますが、必要証拠金は口座タイプごとに決められている口座レバレッジを元に計算します。

口座タイプはスタンダード口座・ブレード口座の2種類があり、口座レバレッジはどちらも最大500倍です。

もし、レバレッジが最大の500倍なら、最小取引数量0.01ロット(1ロットは10万通貨)を取引するのに必要な証拠金は200円のみ(米ドル円1ドル100円の場合)。

必要証拠金(円)= ロット数 × ロットサイズ ÷ 口座レバレッジ × 取引通貨の対円レート

口座レバレッジは、保有ポジションがない場合に限り、マイページで1倍・25倍・50倍・100倍・200倍・300倍・400倍・500倍の中から自由に変更できます。

口座レバレッジ上限のことを「最大レバレッジ」とも言います。

ただ、TITAN FXの最大レバレッジ500倍は、他社と比較してもごく一般的な水準です。

通貨ペアのレバレッジを他社と比較
FX業者 一般向け口座 中上級者向け口座

TITAN FX
スタンダード口座
最大 500倍
(2万円)
ブレード口座
最大 500倍
(2万円)

AXIORY
スタンダード口座
最大 400倍
(2.5万円)
ナノスプレッド口座
最大 400倍
(2.5万円)

XMTrading
スタンダード口座
最大 888倍
(1.1万円)
XM Zero口座
最大 500倍
(2万円)

LAND-FX
Live口座
最大 500倍
(2万円)
ECN口座
最大 200倍
(5万円)

FBS
スタンダード口座
最大 3,000倍
(0.3万円)
ECN口座
最大 500倍
(2万円)

GEMFOREX
オールインワン口座
固定 1,000倍
(1万円)
ノースプレッド口座
固定 1,000倍
(1万円)

IS6FX
スタンダード口座
固定 1,000倍
(1万円)
プロ口座
固定 400倍
(2.5万円)

※()は1ロット(10万通貨)あたりの必要証拠金(米ドル円1ドル100円の場合)

例えば、GEMFOREXIS6FXのレバレッジは1,000倍なので、この2社では実にTITAN FXの半分の証拠金で取引できます。

また、TITAN FXは本格的な取引環境を提供している反面、口座開設ボーナスや入金ボーナスなどのキャンペーンは一切開催しない業者。

レバレッジの低さに加えてボーナスもなければ、トレーダーは最初にある程度資金が必要となります。

とはいえ、基本的にTITAN FXを選ぶトレーダーというのは、あまりハイレバレッジで取引する人はいませんので、最大レバレッジ500倍でも特に支障はないでしょう。

 

その他CFD銘柄のレバレッジ

TITAN FXでは、通貨ペア以外にも株価指数・貴金属・エネルギー・株式のCFD銘柄も取引可能です。

CFD(差金決済取引)は、実際にゴールドや株式を所有することなく証拠金を担保に取引できる仕組みなので、通貨ペアと同じように空売りもできますし、レバレッジ取引もできます。

全CFD銘柄とレバレッジ
銘柄 特徴 レバレッジ
株価指数 AUS200 オーストラリア株式市場
優良200銘柄の株価指数
最大 500倍
CAN60 カナダ株式市場
優良60銘柄の株価指数
CN50 中国A株市場
優良50銘の株価指数
EUSTX50 ユーロ先進12カ国
優良50銘柄の株価指数
FRA40 フランス証券取引所
優良40銘柄の株価指数
GER30 フランクフルト証券取引所
優良30銘柄の株価指数
HK50 香港証券取引所
優良50銘柄の株価指数
HSCEI 香港証券取引所
ハンセン中国企業株価指数
IND50 インド証券取引所
優良50銘柄の株価指数
JPN225 東京証券取引所
日経平均株価指数
NAS100 NASDAQ証券取引所
優良100銘柄の株価指数
NETH25 アムステルダム証券取引所
優良25銘柄の株価指数
SING30 シンガポール証券取引所
優良30銘柄の株価指数
SWISS20 スイス証券取引所
優良20銘柄の株価指数
TWFTSE 台湾証券取引所
FTSE社開発の株価指数
UK100 ロンドン証券取引所
優良100銘柄の株価指数
US2000 アメリカ株式市場
2,000銘柄の株価指数
US30 アメリカ株式市場
優良30銘柄の株価指数
US500 アメリカ株式市場
優良500銘柄の株価指数
USDX
(ドルインデックス)
複数の主要通貨に対する
米ドルの通貨指数
VIX
(恐怖指数)
シカゴオプション取引所
US500を元にした株価指数
貴金属 XAU/AUD ゴールド/豪ドル 最大 500倍
XAU/CHF ゴールド/スイスフラン
XAU/EUR ゴールド/ユーロ
XAU/GBP ゴールド/英ポンド
XAU/JPY ゴールド/日本円
XAU/USD ゴールド/米ドル
XAG/AUD シルバー/豪ドル
XAG/EUR シルバー/ユーロ
XAG/USD シルバー/米ドル
XPD/USD パラジウム米ドル
XPT/USD プラチナ米ドル
エネルギー UKO/USD ブレント原油(インデックス) 最大 500倍
USO/USD WTI原油(インデックス)
XBR/USD ブレント原油(スポット)
XTI/USD WTI原油(スポット)
株式 米国株式 米国企業の株式65銘柄 固定 20倍

TITAN FXでは、CFD銘柄にも通貨ペアと同じ口座レバレッジが適用されるため、最大500倍のレバレッジで取引できます。株式CFDは、レバレッジは20倍固定です。

では、一部のCFD銘柄のレバレッジを他社と比較してみましょう。

株式CFDを取扱っている業者は少ないので、その他のCFD銘柄とは別で比較しています。

CFD銘柄のレバレッジを他社と比較
株価指数 貴金属 エネルギー
FX業者 JPN225 NAS100 ゴールド シルバー ブレント原油 WTI原油

TITAN FX
500倍 500倍 500倍 500倍 500倍 500倍

AXIORY
100倍 100倍 100倍 100倍 20倍 20倍

XMTrading
200倍 100倍 400倍 400倍 66.6倍 66.6倍

LAND-FX
200倍 200倍 200倍 200倍 100倍 100倍

FBS
- 100倍 333倍 333倍 33倍 33倍

GEMFOREX
200倍 100倍 1,000倍 1,000倍 66.6倍 66.6倍

IS6FX
100倍 50倍 1,000倍 1,000倍 50倍 50倍
株式CFDのレバレッジを他社と比較
FX業者 株式

TITAN FX
20倍

AXIORY
5倍

iFOREX
20倍

easyMarkets
20倍

IFC Markets
20倍

FBS
10倍

HotForex
14倍

FxPro
25倍

Exclusive Markets
20倍

FXSuit
10倍

GEMFOREXIS6FXは、貴金属のレバレッジが飛び抜けて高いのですが、TITAN FXもその次に高く、その他の銘柄では圧倒的に他社より有利なレバレッジで取引可能です。

TITAN FXの「CFD銘柄も通貨ペアと同じ500倍で取引できる」というメリットは、他社との差別化に繋がっており、口座開設の大きな理由にもなっています。

また、株式CFDのレバレッジも、AXIORYでは5倍に制限されているのに対し、FxProでは25倍で取引できるなど、業者によって全く異なります。

TITAN FXの20倍は、業界では十分好条件と言えますね。

このように、通貨ペア同様、CFD銘柄のレバレッジも各社で全然違うので、業者選びの際に意識してください。

 

TITAN FXの取引制限

口座残高によるレバレッジ制限なし

口座残高によるレバレッジ制限を他社と比較
FX業者 2万円
未満
2万円
~
20万円
20万円
~
50万円
50万円
~
200万円
200万円
~
300万円
300万円
~
500万円
500万円
~
1,000万円
1,000万円
~
1,500万円
1,500万円
~
2,000万円
2,000万円
以上

TITAN FX
500倍

AXIORY
400倍 300倍 200倍

XMTrading
888倍 200倍 100倍

LAND-FX
500倍 200倍 100倍

FBS
3,000倍 2,000倍 1,000倍 500倍 200倍 100倍

GEMFOREX
1,000倍 500倍

IS6FX
1,000倍 500倍 200倍 100倍

※ AXIORYスタンダード口座と他社の一般向け口座(取引手数料無料・スプレッド広め)で比較。

多くの海外FX業者では、口座残高が高額になるほど設定可能な最大レバレッジを制限する仕組みを採用しており、これを「口座残高によるレバレッジ制限」または「ダイナミックレバレッジ」と言います。

例えば、FBSの最大レバレッジは驚異の3,000倍ですが、口座残高が僅か2万円を超えただけでも2,000倍に制限され、さらに50万円を超えるとTITAN FXと同じ500倍に制限されてしまうので、ちょっとがっかりしますよね。

TITAN FXには、この口座残高によるレバレッジ制限がありません。口座残高が高額になっても、基本的に必要証拠金はいつも同じ金額です(レートによって多少変動あり)。

 

マーケット次第では一時的にレバレッジ制限を実施

TITAN FXでは、国際的なイベント時や有事の際、ボラティリティの急激な変化によるリスクを軽減するため、一時的に口座レバレッジを制限する場合があるので注意してください。

これは、その他のCFD銘柄も例外ではありません。

トレーダーには事前通知が届くので、対策する猶予はあります。常にメールや公式サイトのお知らせなどはチェックしておきましょう。

 

ロット制限・ポジション制限は一般的

ロット制限・ポジション制限を他社と比較
FX業者 最大ロット数 最大保有ポジション ロット数による
レバレッジ制限

TITAN FX
100ロット
(1注文あたり)
200ポジション
(1口座あたり)
なし

AXIORY
1,000ロット
(1注文あたり)
無制限 なし

XMTrading
50ロット
(1注文あたり)
200ポジション
(1アカウントあたり)
なし

LAND-FX
30ロット
(1注文あたり)
100ポジション
(1口座あたり)
あり

FBS
500ロット
(1注文あたり)
200ポジション
(1口座あたり)
なし

GEMFOREX
30ロット
(1注文あたり)
30ポジション
(1口座あたり)
なし

IS6FX
30ロット
(1注文あたり)
30ポジション
(1口座あたり)
なし

※ AXIORYスタンダード口座と他社の一般向け口座(取引手数料無料・スプレッド広め)で比較。

先ほどの口座残高によるレバレッジ制限の他に、LAND-FXなど一部の業者では、保有ロット数が一定の基準を超過した場合にも、レバレッジを制限されてしまう場合があります。

TITAN FXには、このロット数によるレバレッジ制限はありません。また、1注文あたりの最大ロット数は100ロット最大保有ポジション数は200ポジションなので、大口取引も可能です。

no image
FXの1Lotっていくら?損益や注文可能ロット数の計算方法をわかりやすく解説

この記事では「レバレッジ」「ロスカット」「通貨ペア」などと並び、FXの専門用語の中でも基本中の基本「ロット」について解説します。 結論から言うと、ロットとは取引の正確性・利便性を向上させるための便利な ...

続きを見る

 

ロスカット率は20%以下と一般的

マージンコール・ロスカットの条件を他社と比較
FX業者 マージンコール発動
証拠金維持率
ロスカット発動
証拠金維持率

TITAN FX
90%以下 20%以下

AXIORY
50%以下 20%以下

XMTrading
50%以下 20%以下

LAND-FX
50%以下 30%以下

FBS
40%以下 20%以下

GEMFOREX
50%以下 20%以下

IS6FX
70%以下 50%以下

TITAN FXのロスカットルールは、一般的な海外FX業者の水準です。

証拠金維持率90%以下でマージンコールが発動、証拠金維持率20%以下でロスカットが発動します。

例えば、IS6FXのロスカット水準は証拠金維持率50%以下なので、TITAN FXよりも資金管理に余裕がありません。

マージンコールとは「ポジションを維持できるだけの口座資金が少なくなってきましたよ」という警告のことです。

ロスカットとは「一旦保有ポジションをすべて強制決済して口座資金が空っぽになるのを防ぎます」というセーフティ機能のことです。

発動基準は各社で異なりますが、証拠金維持率が一定基準を下回ると発動する仕組み自体は各社共通です。

証拠金維持率とは、リアルタイムの損益も考慮した口座残高と現在ポジション維持に使っている必要証拠金との比率のこと。

ロスカットが発動する証拠金維持率を「ロスカット率」とも言い、数値が低いほどロスカットまでの余力があることを意味します。

証拠金維持率(%)= 有効証拠金 ÷ 必要証拠金 × 100

有効証拠金(円)=口座残高 + 評価損益(為替損益 + スワップ)

必要証拠金(円) = ロット数 × ロットサイズ ÷ 口座レバレッジ × 取引通貨の対円レート

証拠金維持率は「口座レバレッジが低いほど下がる」「口座残高が少ないほど下がる」「評価損が大きくなるほど下がる」特徴を持っています。

つまり、ロスカットを防ぐために口座残高を増やすことで、もし前述のレバレッジ制限がかかってしまえば、自動的に証拠金維持率も下がります。

また、ロスカット率・レバレッジ制限のルールが業者によって違うということは、たとえ口座残高・取引数量が同一でも、ロスカットに耐えられる値幅も業者ごとに異なるということです。

以下の表は、口座残高・取引数量を同一条件にして、最大レバレッジで取引した場合の「ロスカットまでの値幅」を他社と比較したものです(ここでは比較のためロット制限は考慮していません)。

ロスカットまでの値幅を他社と比較
FX業者 口座残高
1万円
口座残高
10万円
口座残高
100万円
口座残高
1,000万円
取引数量
0.1ロット
取引数量
1ロット
取引数量
10ロット
取引数量
100ロット

TITAN FX
96.0pips
(9,600円)
96.0pips
(9.6万円)
96.0pips
(96万円)
96.0pips
(960万円)

AXIORY
95.0pips
(9,500円)
95.0pips
(9.5万円)
95.0pips
(95万円)
93.0pips
(930万円)

XMTrading
97.7pips
(9,770円)
97.7pips
(9.77万円)
97.7pips
(97.7万円)
80.0pips
(800万円)

LAND-FX
94.0pips
(9,400円)
94.0pips
(9.4万円)
94.0pips
(94万円)
70.0pips
(700万円)

FBS
99.3pips
(9,930円)
99.0pips
(9.9万円)
96.0pips
(96万円)
90.0pips
(900万円)

GEMFOREX
98.0pips
(9,800円)
98.0pips
(9.8万円)
98.0pips
(98万円)
96.0pips
(960万円)

IS6FX
95.0pips
(9,500円)
95.0pips
(9.5万円)
95.0pips
(95万円)
50.0pips
(500万円)

※()は1ロット(10万通貨)あたりの必要証拠金(米ドル円1ドル100円の場合)

TITAN FXには口座残高によるレバレッジ制限はありませんので、ロスカットまでの値幅はいつも同じです。

XM TradingIS6FXは、口座残高が1,000万円を超えると、レバレッジ制限によって一気にロスカットまでの余力がなくなります。

ちなみに、証拠金維持率はMT4に表示されますが、ロスカットまでの値幅は自分で計算しなくてはいけません。

ロスカット基準額(ロスカット後の口座残高)・ロスカットまでの値幅の計算方法は、以下の通りです。

ロスカット基準額(円) = 必要証拠金 × ロスカット率

ロスカットまでの値幅(円)= 口座残高 - ロスカット基準額

ロスカットまでの値幅(pips)= 口座残高 - ロスカット基準額 ÷ 1pipsの損益

取引数量と1pipsの損益の関係
取引数量 1pipsの損益
0.1ロット(1万通貨) 100円
1ロット(10万通貨) 1,000円
10ロット(100万通貨) 10,000円
100ロット(1,000万通貨) 100,000円

 

実効レバレッジの確認方法

口座レバレッジと実行レバレッジの違い

  • 口座レバレッジは本来の取引額と必要証拠金との比率
  • 実効レバレッジは本来の取引額と残り資金との比率
  • 実効レバレッジ=口座レバレッジでロスカット発動
  • 実効レバレッジ<口座レバレッジであればロスカットまで余力あり

ロスカットまでのリスクを知りたい場合、先ほどのロスカット基準額を計算しても良いのですが、実効レバレッジという倍率で確認する方法もあります。

口座レバレッジ(倍)= ロット数 × ロットサイズ ÷ 必要証拠金

実効レバレッジ(倍)= ロット数 × ロットサイズ ÷ 有効証拠金

口座レバレッジは、単純に本来の取引額と必要証拠金との比率です。これはFX業者によって口座タイプごとにあらかじめ決められているものでしたね。

実効レバレッジとは、本来の取引数量とリアルタイムの損益も考慮した口座残高との比率のことで、計算方法はFX業者共通です。

実効レバレッジの計算にはリアルタイムの損益が含まれるので相場変動によって常に変動し、最終的に実効レバレッジがFX業者の口座レバレッジに達するとロスカットが発動する仕組みです。

どこの業者でも、大きなロットを取引するほど実行レバレッジは上昇し、ロスカットのリスクが高まります。

その場合、口座残高または含み益を増やして実効レバレッジを下げれば、ロスカットは回避できます。

とはいえ、他社では口座残高を増やすと今度はレバレッジ制限に引っかかり、強制的にレバレッジを下げられてしまうので注意が必要です。

TITAN FXには、口座残高によるレバレッジ制限はありませんので、この点は気にする必要はありません。

ココに注意

  • 口座レバレッジが高いほど少ない証拠金で取引できる
  • だからといって大口取引は本来の取引数量が増える
  • 本来の取引数量が増えるほど実効レバレッジが上がる
  • 実効レバレッジが上がるほど有効証拠金に余裕がなくなる
  • 口座残高か含み益を増やさない限りロスカットが早まる

 

TITAN FXのレバレッジルールについてよくある質問(FAQ)

TITAN FXには、口座残高によるレバレッジ制限はありますか?

いいえ、ありません。

ただし、マーケット次第では一時的にレバレッジ制限を実施する場合はあります。


TITAN FXには、取引ロット数によるレバレッジ制限はありますか?

いいえ、ありません。


TITAN FXでは、自由に口座レバレッジを変更できますか?

はい、できます。

保有ポジションがない場合に限り、マイページで1倍・25倍・50倍・100倍・200倍・300倍・400倍・500倍の中から自由に変更できます。

 

ボーナスを活用して取引しないと損!

海外FX業者の中には、

  • 口座開設だけで10000円
  • 入金額の100%ボーナス

など、知らないと損をするお得なボーナスを実施しているところが沢山あります。

信頼性の高い業者のみを厳選して紹介しているので、今一番お得なキャンペーンを見つけてください。

 

2020年!安全かつ人気のおすすめFX海外業者ランキング

海外FXおすすめ業者ランキング

FX海外業者で最も重要視しなければいけないのは次の3つです。

  • 業者の安全性・信頼性
  • スプレッド・取引コストの安さ
  • ボーナス・日本語サポートの有無

しかし、海外業者は情報が少ないため、どこが人気で優良な業者なのかわからない人がとても多いです。

当サイトを見てくれた人だけに、日本だけでなく海外でも知名度がある本当に人気のおすすめ海外業者を紹介します。

 

  • この記事を書いた人

海外FX wiki編集部

海外FX歴14年。専業トレーダーとして月間最高利益2000万円。初心者が安心して海外FXを利用できるように信頼できるコンテンツを提供していきます。

-TitanFX

© 2021 海外FX Wiki