FXSuitの評価|評判・安全性について(FXスーツ)

FXSuitでは、2020年10月26日早朝に発生したチャート異常により、予期せぬ強制ロスカットの被害を受けたトレーダーが続出しています。

被害者の方の中には、3すくみスワップ投資法の実践者も含まれており、これまで築き上げてきたスワップ利益を全て失うどころか、高額なマイナス残高となってしまった人が多数おります。

FXSuitは被害を受けたトレーダーに対し、損害補填の声明を発表しましたが、その補填対象が「マイナス残高だけなのか?」「未決済差益・スワップも対象なのか?」といった詳細は今のところ不明です。

また、現在はFXSuitのサポートに問い合わせても、自動返信メールが送られるようになっており、よほど重要な案件でない限り個別対応をしてもらえません。

自動返信メールの内容はこちら

また、当サイトでは以前より「FXSuitにおける3すくみスワップ投資法実践者の強制ロスカットの危険性」について注意喚起をしておりましたが、今回の件はそれが現実になった形です。

今後の動向に注目し、しばらくはFXSuitでの口座開設・取引は控えたほうが良いでしょう。

2019年に設立したFXSuit(エフエックススーツ)は、ノーリスクで稼げると話題の「3すくみスワップ投資法」が唯一実践できる海外FX業者です。

この記事では、まずこの3すくみスワップ投資法の信憑性について検証し、FXSuitの安全性・信頼性・取引条件・入出金・サポートについても、口コミも交えながら詳しく解説していきます。

では、最初にFXSuitのメリット・デメリット・ポイントを見てみましょう。

メリット

  • 平常時のスプレッドは狭く安定している
  • スワップポイントが他社よりも好条件
  • 通貨ペアは77銘柄と豊富・その他CFD銘柄も豊富
  • 最大レバレッジは500倍(STP/ECN手数料なし口座)

デメリット

  • 新興業者なので信頼性や安全性は評価不十分
  • 日本の金融庁から警告あり
  • FPAではSCAM(詐欺業者)認定されている
  • IronFXと繋がっている可能性が高い
  • 相対取引によって顧客の注文を呑んでいる
  • サポートの対応が遅い
  • 最終入金日から半年以内の出金には30%の手数料発生
  • 出金トラブルがちらほら出てきている
  • ボーナスがない

ココがポイント

  • 3すくみスワップ投資法はFXSuit非公式のトレードテクニックに過ぎない
  • 3すくみスワップ投資法は取引禁止事項に抵触する可能性がある
  • 3すくみスワップ投資法で得た利益の出金報告がほぼ見当たらない
  • 新興業者なのでFXSuitの信頼性と安全性は評価不十分
  • さっそくSCAM認定や金融庁から警告を受けている
  • FXSuitの利用はオススメしないが、もしやるなら自己責任で

結論から言うと、3すくみスワップ投資法を実践すれば、確かに日々利益を出すことができます。ただし、これはMT4の画面上の話です。

3すくみスワップ投資法は、FXSuitが定める取引禁止事項に抵触する可能性が高いため、その利益をちゃんと出金させてくれるかどうかは定かではありません。

長期トレードが前提のテクニックなので、実践者の多くは現在もポジションを保有し続けてる人がほとんどなので、現状は出金に関する情報は圧倒的に不足しています。

そもそも、FXSuit自体が実績のない新興ブローカーです。信頼性・安全性は未知数ですし、金融ライセンスも持っていません。

さっそく大手海外FX掲示板FPAからのSCAM(詐欺業者)認定や、日本の金融庁から「無登録業者」として警告を受けています。

また、同じくSCAM認定されているIronFXと繋がっているという疑いもあります。

さらに、FXSuitは相対取引業者です。トレーダーとFXSuitは利益相反しているため、3すくみスワップ投資法は本来ならFXSuitにとってデメリットしかないはず。

もし、FXSuitが意図的な価格操作やスプレッド拡大をした場合、3すくみスワップ投資法の実践者の中から強制ロスカットの被害者が続出する可能性があります。

また、最終入金日より半年以内の出金には手数料が30%課せられます。高額な出金手数料によってトレーダーに出金を渋らせるのは、明らかに資金繰りを意識した相対取引業者の手口です。

とはいえ、FXの取引条件自体は結構良いので、このことがFXSuitを利用すべきかどうか、判断を難しくしています。

ただ、総合的に見るとやはり3すくみスワップ投資法もFXSuitの利用もオススメしません

あえてFXSuitを選ばなくても、他にもっと良い業者はたくさんあります。トレードやボーナス目的でFX業者をお探しであればぜひ次の記事を読んでみてください。

海外FX業者おすすめランキング2021!人気FX会社14社を口座比較

この記事では、海外FX歴14年の管理人が、最大レバレッジ400倍以上、極狭スプレッド、おトクなボーナス、かつ安全で初心者に本当におすすめの海外業者をランキング形式でご紹介します。 人気FX海外業者14 ...

続きを見る

【2021年4月】海外FXおすすめ新規口座開設ボーナス(ノーデポジット・未入金キャンペーン)

口座開設ボーナスとは? 入金不要! 資金ゼロからトレードできる! 口座開設ボーナスとは、新規口座開設を条件にもらえる、その業者専用の取引資金のこと。 この口座開設ボーナスを活用すれば、たとえ自己資金ゼ ...

続きを見る

FXSuitの公式サイトはこちら

まずは「3すくみスワップ投資法」について

提唱者は個人トレーダー「saekinomao」氏

「3すくみスワップ投資法」とは、saekinomaoなる人物が編み出したトレードテクニックのことで、主にTwitterを使って提唱・拡散されています。(過去に使っていた@saekinoma0@saekinoma02はどちらも凍結済)

saekinomao氏曰く、この3すくみスワップ投資法は自分が知り合いのFXSuit幹部と直接交渉し、日本人向けアカウントのみスワップポイントを優遇してもらった結果実現できたとのこと。

つまり、3すくみスワップ投資法はFXSuit公認の金融商品ではなく、個人トレーダーのトレードテクニックの一つに過ぎません。

「あくまで自己責任で実践してください」「あなたに何かあっても私には関係ありません」という点に注意してください。

 

3すくみスワップ投資法の仕組み

3すくみスワップ投資法は、3つの異なるポジションを同時に保有することで為替リスクを相殺し、スワップポイントだけを永遠に受け取り続けるための長期トレードテクニックです。

saekinomao氏のTwitterアカウントには、現在も数千万円の利益を更新し続けているトレーダーが紹介されています。

ここからは、具体的なやり方の解説です。

3すくみの取引内容
ポジション 取引内容 取引数量
(比率)
スワップポイント
(1ロットあたり)
USD/JPY
ロング
USD
売り
JPY
買い
EUR/USD
のレート
-260円
EUR/USD
ロング
EUR
売り
USD
買い
1 840円
EUR/JPY
ショート
EUR
買い
JPY
売り
1 0円

仕組みは非常に単純で、異なる通貨ペアで3つのポジションを同時に保有するだけです。

取引内容の部分を見てもらうと分かるとおり、USD・EUR・JPYがそれぞれ反対売買されているため為替差益を相殺します。

「USD /JPYロング・USD/JPYショート」のような普通の両建ての場合、取引数量は「1:1」にします。

しかし、3すくみスワップ投資法の場合、USD/JPYロングの取引数量をEUR/USDのレートに設定するところがポイントです。

例えば、EUR/USDのレートを1.11ドルとすると「USD/JPY 1.11:EUR/USD 1:EUR/JPY 1」です。

普通なら同じ取引数量で3つの異なる通貨ペアを同時に保有した場合、独立した為替変動とスプレッドによって評価損益はかなり変動しますが、saekinomao氏はUSD/JPYの取引数量を「EUR/USDのレート」に設定することで評価損益の変動を最小限に食い止められることを発見したと主張しています。

こうすることで為替損益を相殺しつつ、スワップポイントだけを毎日ノーリスクで獲得し続けるという理論です。

上記の例だと、1ロットあたり580円のスワップポイントを毎日獲得できます。

これは他のFX業者では実現できません。FXSuitと他のFX業者とでは、スワップポイントの金額が全然違うためです。

saekinomao氏曰く、3すくみスワップ投資法は、FXSuitとのスワップポイント優遇交渉と、この取引数量の黄金バランスの発見によって実現していると主張しています。

 

3すくみスワップ投資法の3つのリスク

3すくみスワップ投資法のリスク

  • スワップポイント改定のリスク
  • スプレッド拡大によるロスカットリスク
  • 利益を出金拒否されるリスク

「3すくみスワップ投資法はノーリスク」と紹介されていることが多いのですが、これは誤りです。

冷静に考えれば分かることですが、実践者は上記のようなリスクを抱えるので注意してください。

 

リスク1|スワップポイント改定

まず、スワップポイントというのはFX業者が独自に決定するものなので、いつでも金額が変わる可能性のあるものです。

FXSuit公式サイトにある利用規約を見ても、そのことがしっかり明記されています。

7.20 スワップレートは、主に金利の水準と、一晩オープンポジションを保有するための会社手数料に依存します。当社は、各金融商品のスワップレートのレベルをいつでも変更する裁量権を有しており、お客様はメインウェブサイトから通知されることを認めます。さらに、クライアントは、当社に注文する前に、スワップレートのレベルで更新されるメインウェブサイトにある契約仕様を確認する責任があることを認めます。(Google翻訳)

出典:FXSuit公式サイト 法的文書 取引条件

今のところ、FXSuitのスワップポイントに大きな改定はありませんが、もし改定があればその時点から3すくみスワップ投資法は実践不可能となります(2020年8月時点)。

ポジションを保有している人は、常にスワップポイントの金額を公式サイトやMT4でチェックしてください。

 

リスク2|価格操作・スプレッドの拡大・ストップ狩り

過去に特定の業者で他人のトレードテクニックを利用した投資被害に「サタンプロジェクト」というものがあります。

これは、FX業者にIronFXが指定され、satan0254と呼ばれる人物のコピートレードが利用されました(@satan0254のアカウントは既に凍結済)。

そして、3すくみスワップ投資法の一連の流れは、このサタンプロジェクトに酷似しています。

サタンプロジェクトの流れ

  1. satan0254など複数の投資系SNSアカウントを作成
  2. 現金プレゼントツイートでフォロワー獲得
  3. 月利15%のコピートレードの勧誘開始
  4. IronFXへの口座開設と入金を指示
  5. 数か月間は利益を出して運用
  6. 強制ロスカットによりトレーダーの口座資金を没収

巷では「IronFXとsatan0254が手を組んだ投資詐欺」と言われることが多いのですが、両者がグルだったかどうかは不明です。

「satan0254自身も実際に大損したのか」「IronFXから何かしらの保証をしてもらえたのか」「そもそもIronFX内部の人間だったのか」は、今となっては分かりません。

これを3すくみスワップ投資法で考えると、現在は「5」の段階。

つまり、最後の仕上げである「6」の強制ロスカットがすでに秒読み段階である可能性が非常に高いのです。

FXSuitもIronFXも相対取引業者なので、意図的に価格操作・スプレッド拡大・ストップ狩りをしようと思えばいつでもできます。

 

リスク3|出金拒否・利益没収

また、FXSuit公式サイトには3すくみスワップ投資法については一切触れられていません。

つまり、FXSuitとしては「saekinomaoという人物は自社とは無関係であり、3すくみスワップ投資法などというトレードテクニックの実践も正式に認めていない」ということ。

そのため、3すくみスワップ投資法で得た利益は、FXSuitの判断によっていつでも出金拒否されてもおかしくない訳です。

そのことを裏付ける証拠として、FXSuit公式サイトにある法的文書 取引条件の書類を見ると、以下のような気になる文章が見つかります。

7.13 価格と量の両方に影響するボラティリティのレベルを考慮して、当社は、一般的な市場条件下で合理的に可能な限り最良の執行をクライアント注文に提供することを常に求めています。クライアントの注文(買い/売り、買いリミット、買いストップ、売りリミット、売りストップ、ストップロス、テイクプロフィット)は要求/宣言された価格で実行されます。ただし、不安定な市場状況の期間、ニュースの発表、ギャップの開き(取引セッションの開始)、または特定の市場で原商品が一時停止または制限されている可能性のあるギャップでは、買い/売りストップおよびストップロス注文は要求された/宣言された価格で埋められますが、代わりに次に利用可能な価格で満たされます。そのような場合、アクティベーション中の買いストップ/売りストップ注文の下/上でテイクプロフィット注文、または買いストップ/売りストップ注文の上/下でストップロス注文は削除されます。取引戦略が悪用とみなされる場合にも、同じ実行ポリシーが適用されます。 リスクのない利益または当社が虐待的であるとみなした別の戦略。したがって、ストップロス注文を行っても、必ずしもクライアントの損失が意図した金額に制限されるわけではありません。(Google翻訳)

FXSuit公式サイト 法的文書 取引条件

注文執行条件に関する規約に「取引戦略が悪用とみなされる場合」「リスクのない利益」については、その注文自体をFXSuitの裁量でキャンセルできると明言されています。

少額なら見逃してもらえるかもしれませんが、金額が数百万〜数千万円ともなれば出金拒否される可能性は非常に高いと言えるのではないでしょうか?

 

信頼性・安全性

運営会社の実態が不透明な海外FX業者には注意してください。

そのような業者は、突然の倒産や日本撤退の危険性がありますし、取引操作・出金拒否・利益取消といったトレーダーの不利益に繋がる行為を平気で行う悪徳業者・詐欺業者も多いからです。

自分の大切な資金を守るためにも、最低限、会社の所在地・金融ライセンス・資金の管理体制がしっかり公開されている業者を利用するようにしましょう。

 

金融ライセンスは保有していない

会社情報
運営会社 Salvax Limited
設立 2019年
登録住所 バミューダ
Continental Building, 25 Church
Street, Hamilton HM 12, Bermuda
金融ライセンス なし

FXSuitの運営会社は、バミューダにあるSalvax Limitedです。

金融ライセンスは保有しておらず、バミューダでの法人登録をしているだけです。

第三者機関からの規制・監督を受けないため、ハイレバレッジ・ゼロカットなどの自由なサービスを提供できています。しかし、その分だけ金融機関としての信頼性はありません。

 

分別管理は徹底されているが口座資金の補償制度は一切なし

FXSuitでは、顧客資産と業者資産を明確に分別管理していますが、保管先の金融機関は不明です。

また、信託保全制度や各種保険・基金には一切加入していないので、FXSuitが破綻した際に預けている資金が全額返還される保証されません。

 

日本の金融庁から警告を受けている

FXSuitは日本の金融庁から「無登録で金融商品取引業等を行う者」として警告を受けています。

日本の法律上、「海外FX業者が日本居住者にサービスを提供すること」「日本居住者が海外FX業者のサービスを使って取引すること」は合法です。

しかし、海外FX業者が日本居住者を対象に勧誘行為(プロモーション活動)を行うことは明確に禁止されています。

外国証券業者に関する法律第3条により、外国証券業者が国内にある者を相手に証券取引行為を行う場合には、国内に支店等の営業拠点を設け、監督当局の登録を受けなければなりません。本規定に違反した場合は、同法第45条及び第50条の罰則が課せられます。

しかし、登録を受けない外国証券業者であっても、その取引相手が証券会社やその他金融機関等の場合、もしくは証券業者が「勧誘」及び「勧誘に類する行為」をすることなく国内居住者から注文を受ける場合は、国内居住者との取引をすることができます。

ここで言う「勧誘に類する行為」とは、「新聞、雑誌、テレビジョン及びラジオ並びにこれらに類するものによる有価証券に対する投資に関する広告、有価証券に対する投資に関する説明会の開催、口頭、文書又は電話その他の通信手段による有価証券に対する投資に関する情報提供」等が含まれます。

出典:金融庁「外国金融サービス業者が我が国市場に参入するにあたって適用される法規制」

つまり、海外FX業者が日本語公式サイトを運営したり日本語でキャンペーンを告知したりすることがマズいという訳です。

そのため、日本人に人気ある海外FX業者のほとんどは、すでにこの警告を受けてしまっているのが現状です。

ただ、この警告には行政処分や業務停止命令といった効力は一切ありません。今のところ金融庁からの嫌がらせのようなものだと考えてください。

 

口コミ・評判

ここでは、海外トレーダー・国内トレーダーの口コミの一部をご紹介します。ただ、投稿者にはさまざまな事情があります。すべて鵜呑みにはせず、以下のような点に注意してご覧ください。

  • 口座・銘柄・数量・注文方法・時間帯が違う
  • 裁量取引・自動売買などトレードスタイルが違う
  • VPSサーバーの有無・通信状態・スペックが違う
  • トレードスタイルがFX業者の禁止行為に抵触している
  • 投稿時期が違うため業者のサービス内容が変わっている
  • 負けた腹いせによる誹謗・中傷・愚痴にすぎない
  • アフィリエイターやライバル会社による虚偽の投稿

 

大手海外FX掲示板FPAではSCAM認定されている

海外最大級のFX掲示板FPA(ForexPeaceArmy.com)は、海外業者の世界的な評判を知る上でとても参考になるサイトです。

FXSuitは2019年7月にFPAよりSCAM(詐欺業者)に認定されており、2件あるレビューを見ても酷い内容です。

Mr M,UK, United Kingdom,Jun 22, 2020,Guest

それは大きな詐欺です。彼らに登録しないでください。クレジットカードから電話で頼まれたお金を入れました。 |カスタマーケアなし.. 電話番号は偽物です。信用しないで。(Google翻訳)

出典:FPA

Elena,Cyprus, Cyprus,May 27, 2020,Guest

Fxsuitは、別の詐欺ブローカーであるIronFXに接続されている詐欺ブローカーです。 fxsuitブランドは、IronFXが持つすべての悪い報道を避けるために作成されました。いかなる状況においても、そこに預金しないでください。彼らはあなたのお金のすべてを盗む詐欺師であり、あなたは彼らに到達することは決してできません。(Google翻訳)

出典:FPA

SCAM認定の理由は、同じくFPAでSCAM認定しているIronFXとの繋がりが判明したためとされています。このIronFXも、FPAでは以前から評判の悪い業者です。

過去には突然の日本撤退をしていますし、中国では金銭トラブルによるオフィス襲撃事件も発生しています。

ちなみにFXSuitの運営会社Salvax Limitedは、FXSuit以外にもFXPaceNAVITAS MarketsというFXサイトも運営しているのですが、そのどちらもSCAM認定でした。

 

国内トレーダーからの評判は上々だが出金報告は少ない

良い評判

  • 3すくみの利益が順調に伸びている
  • やっぱり3すくみスワップ投資法はオススメ
  • みんなもやろう!リンクはこちら
  • 普通の利益はちゃんと出金できる

悪い評判

  • FXSuitに群がるアフィリエイターが多すぎる
  • サポートの質が悪い

次に、国内トレーダーからの評判を見てみましょう。

投稿はTwitterから引用しました。

今のところ非常に評判がよく、3すくみスワップ投資法に大きな期待が集まっています。

ただ、3すくみスワップ投資法は長期トレードなので、まだ利益確定して出金したトレーダーはほとんど見当たりません。

サポートの質が悪いとの評判があるのも気になるところですね。

あと、Twitterは全体的にFXSuitに群がるアフィリエイターの投稿が多すぎます。そのような投稿は、基本的にメリットしか伝えないので気をつけてください。

 

取引条件・ルール

FXSuitの取引条件やルールを他社と比較しながら詳しく解説します。

なお、比較対象のFX業者は、初心者から上級者にまで人気のある大手FX業者や、比較的タイプの似ているFX業者から選別しているため、FXSuitの強み弱みがより直感的に分かりやすくなっているかと思います。

 

口座タイプは2種類|最大レバレッジは500倍

口座タイプと取引条件
STP/ECN
手数料なし
STP/ECN
オールゼロ
取引形態 NDD STP/ECN NDD STP/ECN
最大レバレッジ 500倍 200倍
取扱銘柄 外国為替
貴金属
エネルギー
株価指数
仮想通貨
外国為替
貴金属
エネルギー
株価指数
仮想通貨
取引手数料 無料 片道350円
スプレッド 0.8~1.0pips 0.2~0.4pips
ロット単位 10万通貨 10万通貨
最小取引数量 0.01ロット 0.01ロット
最大取引数量 80ロット 80ロット
最大ポジション数 - -
ストップレベル 2.5pips 2.5pips
スキャルピング 可能 可能
自動売買 可能 可能
両建て 可能 可能
マージンコール - -
ロスカット 20% 20%
ゼロカット あり あり
取引ツール  MT4 MT4
口座通貨 JPY
XBT
JPY
最低入金額 5万円 5万円
ボーナス なし なし

※:ロット単位・スプレッド・最小取引数量・最大取引数量・ストップレベルは「米ドル円」の値。
※:取引手数料は1ロットあたりの金額。
※:最低入金額は1ドル100円換算。

FXSuitの口座タイプは、STP/ECN手数料なし口座・STP/ECNオールゼロ口座の2種類です。

STP/ECN手数料なし口座は、一般トレーダー向けのスタンダード口座のことで、取引手数料は無料ですが、スプレッドが広めに設定されています。最大レバレッジは500倍です。

STP/ECNオールゼロは、中上級者向けの口座のことで、取引手数料は1ロット(10万通貨)あたり片道350円発生しますが、スプレッドはとても狭く設定されています。最大レバレッジは200倍です。

基本的にどちらの口座も、口座管理手数料は無料です。ただし、1年間取引や入出金がない場合は、口座管理手数料が50ドル発生します。

その際、口座残高が50ドル未満だったとしても口座管理手数料は請求され、かつアカウントも凍結されてしまうので注意してください。

ちなみに、口座名に「ECN」という言葉が含まれていますが、FXSuitは完全なECNではありません。

真のECNとは、取引に業者のディーラーが一切介入せず、マーケットにおいて他のトレーダーとオークション形式で取引をするNDD方式と呼ばれる取引形態のことを指します。

しかし、FXSuitは相対取引も行います。つまり、国内FX業者と同じように「呑み行為」もしており、取引の透明性がない代わりに即時約定を実現しています。

 

通貨ペアは77銘柄|その他CFDは一般的

大手海外FX業者と比較

全取扱銘柄

FXSuit
AXIORY
AXIORY

XM Trading
外国為替 77銘柄 62銘柄 57銘柄
貴金属 6銘柄(現物) 4銘柄(現物) 2銘柄(現物)
2銘柄(先物)
エネルギー 6銘柄(現物) 5銘柄(現物) 5銘柄(先物)
商品 なし なし 10銘柄(先物)
株式 なし なし なし
株価指数 17銘柄(現物) 10銘柄(現物) 18銘柄(現物)
10銘柄(先物)
債券 なし なし なし
ETF なし なし なし
仮想通貨 13銘柄 なし なし

FXSuitの取扱通貨ペアは77銘柄と、海外FX業者としては一般的です。

ただし、その他のCFD銘柄の種類は非常に少ないので、株式・株価指数・商品といった銘柄も取引したければ、iForexHotForexあたりがオススメです。

FXSuitの全取扱銘柄は以下の通り。

クロス円
AUD/JPY NZD/JPY
CAD/JPY SEK/JPY
CHF/JPY SGD/JPY
EUR/JPY TRYJPY
GBP/JPY USD/JPY
NOK/JPY ZAR/JPY
クロスカレンシー
AUD/CAD GBP/CHF
AUD/CHF GBP/DKK
AUD/DKK GBP/HUF
AUD/HUF GBP/NOK
AUD/NZD GBP/NZD
AUD/PLN GBP/PLN
AUD/SGD GBP/SEK
AUD/USD GBP/SGD
CAD/CHF GBP/TRY
CAD/NOK GBP/USD
CAD/SEK GBP/ZAR
CHF/HUF NOK/SEK
CHF/SGD NZD/CAD
EUR/AUD NZD/CHF
EUR/CAD NZD/HUF
EUR/CHF NZD/SGD
EUR/CNH NZD/USD
EUR/CZK USD/CAD
EUR/DKK USD/CHF
EUR/GBP USD/CNH
EUR/HKD USD/CZK
EUR/HUF USD/DKK
EUR/NOK USD/HKD
EUR/NZD USD/HUF
EUR/PLN USD/MXN
EUR/RUB USD/NOK
EUR/SEK USD/PLN
EUR/SGD USD/RUB
EUR/TRY USD/SEK
EUR/USD USD/SGD
EUR/ZAR USD/TRY
GBP/AUD USD/ZAR
GBP/CAD

+ 通貨記号一覧

AUD:豪ドル、CAD:加ドル、CHF:スイスフラン、CNH:オフショア人民元、DKK:デンマーククローネ、EUR:ユーロ、GBP:英ポンド、HKD:香港ドル、JPY:日本円、MXN:メキシコペソ、NOK:ノルウェークローネ、NZD:ニュージーランドドル、PLN:ポーランドズヴォティ、SEK:スウェーデンクローナ、SGD:シンガポールドル、TRY:トルコリラ、USD:米ドル、ZAR:南アランド

 

スプレッドが狭く手数料もお手頃なので取引コストはリーズナブル

代表的な通貨ペア0.1ロット(1万通貨)あたりの取引コストを他社と比較します。取引コストとは、「往復手数料+スプレッド」のことです。

なお、ここでは便宜上すべて日本円口座と仮定して計算・比較しています。実際の取引コストとは多少異なる場合があるので注意してください。

STP/ECN手数料なし口座を他社と比較

0.1ロットあたりの取引コスト

STP/ECN
手数料なし
AXIORY
スタンダード
XM Trading
スタンダード
USD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 0.8~1.0pips 1.2~1.4pips 1.6~1.8pips
トータル 80~100円 120~140円 160~180円
EUR/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 0.8~1.2pips 1.2~1.6pips 2.1~2.5pips
トータル 80~120円 120~160円 210~250円
CAD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.5~1.7pips 1.5~1.8pips 3.0~3.3pips
トータル 150~170円 150~180円 300~330円
AUD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.6~1.9pips 1.5~1.9pips 3.0~3.4pips
トータル 160~190円 150~190円 300~340円
CHF/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.9~2.2pips 1.6~2.0pips 3.4~3.7pips
トータル 190~220円 160~200円 340~370円
GBP/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 0.9~1.2pips 1.5~1.9pips 3.5~3.8pips
トータル 90~120円 150~190円 350~380円
NZD/JPY 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 1.6~1.9pips 1.8~2.2pips 3.0~3.2pips
トータル 160~190円 180~220円 300~320円
EUR/USD 往復手数料 無料 無料 無料
スプレッド 0.8~1.0pips 1.0~1.3pips 1.7~1.9pips
トータル 85~106円 106~138円 180~201円

※ 0.1ロット=1万通貨。スプレッドは2020年8月12日15時時台の変動幅。
※ 1ドル106円として計算。小数点以下四捨五入。

STP/ECN手数料なし口座は、取引手数料無料でスプレッドが広めの設定なので、他社で言うところのスタンダード口座に近い口座タイプです。

ここでは大手海外FX業者AXIORY・XM Tradingの2社と取引コストを比較します。

結果を見てもらうと分かる通り、この口座の取引コストは非常にリーズナブルで、業界でも取引コストの安さに定評のあるAXIORYとほぼ同水準です。

では次に、STP/ECNオールゼロ口座の取引コストも見てみましょう。

STP/ECNオールゼロ口座を他社と比較

0.1ロットあたりの取引コスト

STP/ECN
オールゼロ
LAND-FX
ECN
TITAN FX
ブレード
USD/JPY 往復手数料 70円 0.7ドル 0.7ドル
スプレッド 0.2~0.4pips 0.0~0.5pips 0.1~0.3pips
トータル 90~110円 74~124円 84~104円
EUR/JPY 往復手数料 70円 0.7ドル 0.7ドル
スプレッド 0.3~0.5pips 0.2~0.5pips 0.3~0.6pips
トータル 100~120円 94~124円 104~134円
CAD/JPY 往復手数料 70円 0.7ドル 0.7ドル
スプレッド 1.0~1.3pips 0.9~1.6pips 0.8~1.0pips
トータル 170~200円 164~234円 154~174円
AUD/JPY 往復手数料 70円 0.7ドル 0.7ドル
スプレッド 1.1~1.3pips 0.2~1.1pips 0.4~0.6pips
トータル 180~200円 94~184円 114~134円
CHF/JPY 往復手数料 70円 0.7ドル 0.7ドル
スプレッド 1.3~1.5pips 0.4~0.9pips 0.8~1.2pips
トータル 200~220円 114~164円 154~194円
GBP/JPY 往復手数料 70円 0.7ドル 0.7ドル
スプレッド 0.6~0.9pips 0.4~0.6pips 0.8~1.2pips
トータル 130~160円 114~134円 154~194円
NZD/JPY 往復手数料 70円 0.7ドル 0.7ドル
スプレッド 1.0~1.4pips 0.5~1.1pips 0.9~1.2pips
トータル 170~210円 124~184円 164~194円
EUR/USD 往復手数料 70円 0.7ドル 0.7ドル
スプレッド 0.2~0.3pips -0.1~0.4pips 0.1~0.3pips
トータル 91~102円 64~117円 85~106円

※ 0.1ロット=1万通貨。スプレッドは2020年8月12日15時時台の変動幅。
※ 1ドル106円として計算。小数点以下四捨五入。

STP/ECNオールゼロ口座は、スプレッドが狭い分だけ1ロットあたり片道350円(0.1ロットあたり往復70円)の取引手数料が発生します。

そのため、取引手数料が同額の他社口座として、LAND-FXのECN口座・TITAN FXのブレード口座と取引コストを比較しました。

この2社もAXIORYと同様に業界でも取引コストが格安の業者なので、比較対象としては十分だと思います。

結果を見てみると、この口座は豪ドル円・スイスフラン円・NZドル円に関してはやや割高ですが、それ以外の通貨ペアはスプレッドが非常に優秀なのでトータルコストも格安です。

 

スワップポイントは確かに有利

代表的な通貨ペア0.1ロット(1万通貨)あたりのスワップポイントを他社と比較します。

なお、前述の取引コストと同様、ここでは便宜上すべて日本円口座と仮定して計算・比較しているため、実際のスワップポイントとは多少異なる場合があるので注意してください。

大手海外FX業者と比較

0.1ロットあたりのスワップポイント

FXSuit
AXIORY
AXIORY
XM Trading
XM Trading
USD/JPY 26円 -26円 -21円 -41円 -18円 -42円
EUR/JPY 0円 0円 -36円 -16円 -45円 -22円
CAD/JPY 23円 -23円 -14円 -23円 -26円 -39円
AUD/JPY 22円 -22円 -15円 -29円 -25円 -38円
CHF/JPY 0円 0円 -41円 -3円 -67円 -27円
GBP/JPY 18円 -18円 -36円 -58円 -29円 -46円
NZD/JPY 19円 -19円 -13円 -17円 -20円 -38円
EUR/USD -83円 83円 -48円 0円 -59円 -8円
TRY/JPY -3円 -50円 22円 -38円 - -
ZAR/JPY 3円 -3円 6円 -11円 - -

※ 2020年8月13日時点の1万通貨あたりのスワップポイント。
※ 1ドル106円として計算。小数点以下四捨五入。
赤字は支払い・青字は受取り。

大手国内FX業者と比較

0.1ロットあたりのスワップポイント

FXSuit
GMOクリック証券
GMOクリック証券
SBI FXトレード
SBI FXトレード
USD/JPY 26円 -26円 6円 -9円 7円 -10円
EUR/JPY 0円 0円 -12円 9円 -12円 9円
CAD/JPY 23円 -23円 5円 -8円 2円 -7円
AUD/JPY 22円 -22円 4円 -7円 3円 -6円
CHF/JPY 0円 0円 -20円 17円 -18円 15円
GBP/JPY 18円 -18円 7円 -10円 9円 -12円
NZD/JPY 19円 -19円 4円 -7円 7円 -10円
EUR/USD -83円 83円 -23円 20円 -27円 22円
TRY/JPY -3円 -50円 18円 -21円 25円 -30円
ZAR/JPY 3円 -3円 4円 -7円 5円 -6円

※ 2020年8月13日時点の1万通貨あたりのスワップポイント。
※ 1ドル106円として計算。小数点以下四捨五入。
赤字は支払い・青字は受取り。

上記は、FXSuitのスワップポイントを海外FX業者・国内FX業者と比較したものです。

まず、スワップポイントは、各国の政策金利や経済情勢の影響を大きく受けますが、基本的にFX業者が自由に設定することができるものです。

saekinomao氏曰く、「FXSuitのスワップポイントは自分がFXSuitと直接交渉した結果、日本向けアカウントだけ優遇してもらっている」と主張しているため、他社と比較してみると確かに金額が全く違いますね。

ほとんどの通貨ペアは、売と買・受取額と支払額が同額に設定されており、この条件によって3すくみスワップ投資法が実現可能とされています。

むしろ、3すくみを実践しなくとも普通にスワップ狙いの長期トレードもアリです。ただ、信頼性・安全性がネックなので、あまりオススメはしません。

 

スキャルピング・自動売買に制限なし

FXSuitでは、スキャルピング・自動売買に制限はありません。

 

ロスカット率は20%・ゼロカットあり

FXSuitのロスカット水準は、証拠金維持率20%です。

海外FX業者としては、一般的な水準だと思います。

また、FXSuitではゼロカットを採用しているため、急激な相場変動によりロスカットが間に合わずマイナス残高が発生した場合でも追証は発生しません。

マイナス残高はFXSuitの負担となり、トレーダーの口座残高はゼロにリセットされます。

 

取引ツール・サービス

取引ツールはMT4のみ

取引ツールの種類
対応機種・OS 自動売買
インジケータ追加
MT4 ダウンロード Windows 可能
ブラウザ Windows・mac 不可
アプリ Android・iOS 不可
MT5 ダウンロード なし
ブラウザ なし
アプリ なし
cTrader ダウンロード なし
ブラウザ なし
アプリ なし
独自ツール ダウンロード なし
ブラウザ なし
アプリ なし

取引ツールはMT4のみです。

最新版のMT5への対応は今後に期待したいところですね。

MT4・MT5の違いについては、以下の記事をご覧ください。

MT4とMT5はどっちがいい?スマホアプリ・PCの違いを比較

MetaQuotes社が開発した、パソコン・スマホ対応の高機能取引ツール、MetaTrader4、MetaTrader5(以下、MT4、MT5)は、海外FXをする上では欠かすことのできないツールです。 ...

続きを見る

MT4は、Windows対応のダウンロードタイプ、Windows・mac対応のブラウザタイプ、Android・iOS対応の専用アプリがリリースされています。

この内、自動売買のためのEA(Expert Adviser)やカスタムインジケータをインストールできるのは、Windows対応のダウンロードタイプだけです。

スマホ・タブレットでは自動売買はできません。macユーザーの場合は、以下の記事で対処方法を解説しているので参考にしてください。

macでMT4を動作させる方法まとめ

MT4(MetaTrader4)はWindows専用ソフトなので、通常であればmacにインストールすることはできません。 そのため、これまでmacユーザーは一部の海外FX業者からダウンロードできる「m ...

続きを見る

 

キャンペーン・ボーナス

今のところキャンペーンは一切開催していない

FXSuitは、キャンペーンは一切開催されていません。(2020年8月時点)

しかし、英語公式サイトでは100%ボーナス・20%ボーナスが常時開催されています。

本来のFXSuitは、普通にキャンペーンに積極的な業者のようですね。

日本人向けアカウントに関しては、スワップポイントを優遇する代わりにキャンペーンを開催しないというスタンスなのでしょうか?

 

口座開設・入出金

口座開設に必要な書類は本人確認書類と現住所確認書類

口座開設の際は、本人認証のため以下の書類の画像データが必要となります。

書類全体が写るよう鮮明に撮影したものをあらかじめ用意してください。

顔写真の有無・有効期限・発行日などに注意しましょう。

本人確認書類(有効期限内・写真付き・両面)

  • 運転免許証
  • パスポート
  • マイナンバーカード

現住所確認書類(発行から6ヶ月以内)

  • 公共料金の明細書・明細書
  • 金融機関発行の請求書・明細書
  • 通信会社発行の請求書・明細書
  • 地方自治体の税金請求書

 

入出金方法|最終入金日より半年以内の出金は手数料30%に注意

入金方法
最低金額 所要日数 手数料
クレジットカード
デビットカード
VISA 5万円 即時 無料
master 5万円 即時 無料
JCB なし
オンライン
ウォレット
bitwallet なし
STICPAY なし
WebMoney なし
仮想通貨 BTC 5万円 即時 無料
ETH 5万円 即時 無料
XRP 5万円 即時 無料
銀行送金 国内 5万円 最短当日 無料
海外 なし
出金方法
最低金額 所要日数 手数料
クレジットカード
デビットカード
VISA 指定なし 最長5営業日 無料
master 指定なし 最長5営業日 無料
JCB なし
オンライン
ウォレット
bitwallet なし
STICPAY なし
WebMoney なし
仮想通貨 BTC 指定なし 即時 無料
ETH 指定なし 即時 無料
XRP 指定なし 即時 無料
銀行送金 国内 指定なし 最長5営業日 無料
海外 なし

※ 金融機関・決済サービス会社・取引所で発生する入出金手数料・送金手数料等は別途自己負担。

FXSuitは入出金についての詳細情報を公開していないため、口座反映時間や手数料など不明な点が多々あります。

まず、最低入金額は5万円以上と高額です。

入出金手数料については情報が錯綜していますが、「最終入金日より半年以内の出金に限っては出金額に対し30%の出金手数料が発生する」という認識で間違いないようです。

人によっては、半年以上経過して出金した人でも出金手数料を課せられて、後日返金してもらっているケースもあります。

そのため、FXSuitで出金する場合は、逐一サポートに手数料を確認した上で手続することをおすすめします。

また、銀行・サービス会社の手数料は別途自己負担です。

オンラインウォレットが一切対応していないのは非常に不便ですが、クレジットカード・デビットカードは利用可能です。

他の海外FX業者と同じように、資金分(カード入金額)まではカード会社に出金利益分(カード入金額以上)は海外銀行送金で出金するというルールなので注意してください。

また、国内銀行送金でも入金可能でき、以下の口座に振込します。

国内銀行の振込先

  • 銀行名:三菱UFJ銀行
  • 支店名::港北ニュータウン支店
  • 口座種別:普通
  • 店番;303
  • 口座番号:0729653
  • 受取人名:ド)イースタート

振込先は、三菱UFJ銀行・港北ニュータウン支店の「合同会社イースタート」となっています。

この会社についても調査してみたところ、国税庁の法人番号公表サイトにそれらしき会社の登録が見つかりました。

履歴をみると、横浜で営業していた記録もあります。

とはいえ、この会社が「振込先と同一会社なのか?」「FXSuitと何か繋がりがあるのか?」については今のところ不明です。

 

カスタマーサポート

メール・チャットによる日本語サポートあり

サポート窓口
日本語対応 受付時間
電話 なし なし
メール 可能 平日24時間
チャット 可能 不明

サポート窓口は、メールとチャットの2種類です。

日本語サポートは可能ですが、営業時間は不明です。

公式サイトを見ると、メールアドレスだけ記載されています。

チャットは公式サイトの右下にある専用のウィンドウを利用します。

ちなみに、英語公式サイトを見るとイギリスの電話番号が記載されています。

どうやらサポートセンターはイギリスにあるようです。

 

チャート異常・強制ロスカット後のサポート体制

記事冒頭でお伝えした、FXSuitで2020年10月26日早朝に発生したチャート異常の影響により、多くのトレーダーが強制ロスカットとなりました。

当然ながら、FXSuitには問い合わせが殺到しており、誹謗中傷・スパムメールまで送られている始末です。

そのため、FXSuitは以下の6項目に該当する問い合わせメールに関しては返信は行わないとの声明を発表。

よほど重要な案件で無い限り、サポートは受けられないと思っていたほうが良いでしょう。

返信が大幅に遅れるならまだ分かりますが、この対応は非常に不誠実な対応だと思います。やはり、FXSuitの利用はおすすめできません。

受付停止中の問い合わせ

  • 補填を待っている・補填の時期を知りたい
  • ご入出金について
  • 月曜日のロスカットに関するお客様へ
  • 公式からのメールが届いていない
  • サポートからのメール自体が届かない
  • サポート業務に支障をきたすメールやSNSでの発言について

※ 2020年11月時点

以下に、そのメール全文を記載します。

※ご質問内容が以下項目に該当する方に関しましては、何卒以下の内容にて返信と変えさせていただきます。その場合サポートからの返信はいたしません旨、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

**************************************

FXSUITジャパンサポートへお問い合わせをいただきまことにありがとうございます。

FXSUITジャパンサポートの伊東でございます。

引き続き各お客様へ自動連絡にてご連絡をさしあげますことをお詫び申し上げます。

現在お客様からお問い合わせを多数いただいており、通常よりもお問い合わせへの返信へお時間をいただいております。

ご迷惑をおかけしますところ、誠に申し訳ございませんが、何卒ご返信をお待ちくださいますようご理解お願い申し上げます。

ご質問内容が以下項目に該当する方に関しましては、何卒以下の内容にて返信と変えさせていただきます。その場合サポートからの返信はいたしません旨、何卒ご了承くださいますようお願い申し上げます。

項目1:【補填を待っている・補填の時期を知りたい】※11/2更新

大変恐縮ながら先日のマネジメントの発表により、4回目の補填はお時間をいただきました11月30日となるご連絡をさせていただいております。

お時間をいただくことにご不安の声を多々いただいており、深くお詫びをさせていただきたい所存でございます。

月曜日以降金曜日まで、弊社部門より各お客様への補填が行われております。ですがお一人お一人のお客さま情報の確認・各お客様への対応・金融機関との確認作業を踏まえますと、ある程度時間をいただき、まず先に全ての必要な作業完了後に再度補填を行うべきと弊社にて決定がございました。

ご不安の声ももっともでございます。ですが引き続きお客さまからのご連絡に対応させていただいてまいりますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

またこちら11月2日時点での追記になりますが、11月30日になれば全ての方の補填が一気に行われるのか、というご質問を一部の方よりいただいております。

まことに申し訳ございませんが、サポートの憶測になりますものの、一度に全ての方の処理が行われるのは考えにくいかと存じます。11月30日からまた少しずつお客様への補填対応が行われ始める流れになると予測しております。

項目2:【ご入出金について】※10/30更新

現在通常よりお時間をいただいておりますが、ご申請より最大5営業日内にて対応させていただいております。入出金に却下の自動メールが届いた場合、当サポートにてご案内さしあげますので何卒返信をお待ちくださいますようお願いいたします。

半年以内のご出金申請時に差し引かれる手数料30%についてでございます。

具体的な時期は改めてお伝えいたしますが、今回の件を受けお客様へのサービス提供改善を図り、11月以降全ての半年以内の手数料30%は免除とさせていただく旨をお伝えいたします。

項目3: 【月曜日のロスカットに関するお客様へ】10/29 更新

本日29日付で弊社マネジメントから以下のとおり報告がございました旨をお知らせいたします。

今回のエラーの原因調査や補填額の計算や記録を遡っておりますが、現状大変多くの口座を確認する必要があり、またそれぞれのお客様の情報確認も短時間では対応することがいたしかねております。お客様へのメール対応・チャット対応、ディーリングでのシステム処理を含め、早急な処理はいたしかねると返答を得ております。

つきましては、まことに申し訳ございませんが弊社にて一度確認作業を行わせていただき、来月にあたる11月30日に4回目の補填を実施するご報告をさせていただきたく存じます。引き続きお待ちいただいており、ご不安をお持ちの全てのお客様には深くお詫び申し上げます。

返金はどのような順番で行われているのか、また金額は入金額なのか、それに満たない額なのか、損益も含めた金額なのかなどご質問を多くいただいております。誠に恐縮でございますが、こちらに関しましては当サポートにて把握外となり、全て弊社部門の決定によるものでございますため、明確な回答がいたしかねますことをお詫び申し上げます。

大変お時間を頂いている中、ご不安に思われるお客さまもいらっしゃることと存じます。まことに申し訳なく、再度お詫びを申し上げたいと思います。

少数気鋭にはなりますが、サポートにても引き続きお問い合わせに可能な限り早急に対応をさせていただいております。ご不明点がございます際は何卒お問い合わせをお待ちしております。

項目4:【月曜日以前から申請中のご出金申請が完了されなかった】

まことに恐れ入りますが、注文を保有された状態でご出金をいただきましたお客様は口座残高不足からご申請が処理されなかった可能性がございます。

まことに恐れ入りますが、現在の口座残高と照らし合わせた可能額のご申請を今一度いただきますようお願い申し上げます。

全部門にてお客様の対応にお時間をいただいておりますが、ご出金申請の処理は可能なかぎり通常と同じ期間で処理完了されるよう対応させていただいております。

5営業日以上お時間をいただきました場合は、恐れ入りますが一度当サポートへお知らせください。

項目5:【公式からのメールが届いていない】※10/30更新

以下は弊社公式のメールの内容でございます。一部メールが届いていないというお客さまもいらっしゃいますので、以下のとおり内容を添付いたします。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

今後の補填に際するアフィリエイト報酬と出金手数料に関しまして、弊社より公式な決定がございましたことを以下のとおりお知らせいたします。

様々な投資家の方々へご紹介をいただき、弊社をご愛顧賜りましたIB/アフィリエイトの皆様にはより一層感謝を申し上げたい所存でございます。

しかしながら、今回発生いたしましたロスカットの問題解決のため、現在弊社は各お客様の補填の対応に集中しております。弊社の資金でもって全てのお客様へ全額補填を行わせていただくことは現状程遠く、正直に申し上げて大変難しい状況でございます。

そのためご愛顧くださいましたアフィリエイトさまには大変お伝えしづらいご報告ではございますが、弊社マネジメントの決定を持ちましてアフィリエイト報酬を各お客様への補償金として充当させていただく旨をお伝えさせていただきたいと思います。

また現在の状況を鑑み、可能な限りお客様への負担を減らす為、今後は最終入金より半年以内の出金に発生する出金手数料は全て免除、無料とさせていただきます。※ただしご利用の金融機関・ペイメントプロバイダーにて手数料が発生する場合がございます。詳細はご利用の金融機関へのご確認をお願い申し上げます。

。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。。

項目6:【サポートからのメール自体が届かない】※10/31更新

弊社では現在ご連絡殺到のため、通常より多くのお時間をいただいております。自動メールに記載外のお問い合わせについては、お時間をいただいておりますが各自返答をさせていただきますので、どうぞよろしくお願い申し上げます。

また中傷などのNGワードが本文に含まれている場合、弊社へ自動的に迷惑メールボックスへと移動され、サポートへ届いてまいりませんので何卒ご注意くださいますようお願いいたします。

なお、ご友人など別の方が弊社からの自動返信メールを受け取れていないというお客様がいらっしゃいます場合、別のメールアドレスよりこちらサポートへ送信をいただくようお伝えをいただければと存じます。

【サポート業務に支障をきたすメールやSNSでの発言について】※10/31更新

現在お客様の中で、特定サポートに対する誹謗中傷のメールの送信、多数のメールを送信され弊社サポート業務を妨害するメールの送信や、またSNS上でのそのような活動の呼びかけが大変多くなっております。

誠に恐縮ですが、そのようなお客様が見られました場合は、弊社からの補填の有無に関わらず弊社アカウントの凍結・停止を行わせていただきます。

お怒りのお気持ちは当然のことであり、サポートからも引き続きお客さまへの対応に急いでまいりたいと存じております。ですが再三のお願いにも関わらずサポート業務に支障をきたす行動をいただく場合は、恐れ入りますが弊社アカウント停止およびサポートの対応外となりますことをご理解くださいますようお願い申し上げます。

サポート一同、弊社の適切な判断とお客様との円満な解決を目標とし、今後とも引き続き対応いたします。

多大なるご迷惑をおかけしている立場である所、まことに恐縮ではございますが、ご不安のお声はすべて一通一通拝読し、マネジメントへお声として伝えさせていただいておりますため、どうぞよろしくお願い申し上げます。

重ねまして、お客様にご不便をおかけいたしますことをお詫び申し上げます。

どうぞよろしくお願いいたします。

FXSuit ジャパンサポート 伊東

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

メール:  Japan.Support@FXSuit.com

 

ボーナスを活用して取引しないと損!

海外FX業者の中には、

  • 口座開設だけで10000円
  • 入金額の100%ボーナス

など、知らないと損をするお得なボーナスを実施しているところが沢山あります。

信頼性の高い業者のみを厳選して紹介しているので、今一番お得なキャンペーンを見つけてください。

 

2020年!安全かつ人気のおすすめFX海外業者ランキング

海外FXおすすめ業者ランキング

FX海外業者で最も重要視しなければいけないのは次の3つです。

  • 業者の安全性・信頼性
  • スプレッド・取引コストの安さ
  • ボーナス・日本語サポートの有無

しかし、海外業者は情報が少ないため、どこが人気で優良な業者なのかわからない人がとても多いです。

当サイトを見てくれた人だけに、日本だけでなく海外でも知名度がある本当に人気のおすすめ海外業者を紹介します。

 

  • この記事を書いた人

海外FX wiki編集部

海外FX歴14年。専業トレーダーとして月間最高利益2000万円。初心者が安心して海外FXを利用できるように信頼できるコンテンツを提供していきます。

-海外FX口座レビュー

© 2021 海外FX Wiki