TitanFXのスプレッド徹底解説!FX・CFDで早朝や経済指標発表時などで広がるタイミングを検証

この記事では、人気の海外FX業者TITAN FX(タイタンFX)のスプレッドについて、早朝や経済指標発表時のタイミングなど、さまざまな角度から徹底調査しました。

TITAN FXは、普段どのくらいスプレッドが変動してるんだろう?

スプレッドが大きく開くのはいつ?

といったことが知りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

結論から言うと、TITAN FXのスプレッドは平常時であれば非常に狭く安定しています。取引手数料を含めたトータルの取引コストを計算しても、業界トップレベルの安さです。

しかし、早朝・経済指標発表時などのタイミングは、他社よりもスプレッドが拡大しやすいので注意してください。

さらに、ブレード口座は普段からスプレッドが極端に狭い分、スプレッドが広がった時の拡大率はスタンダード口座よりも激しいため、そのギャップには注意が必要です。

また、経済指標発表時のスプレッド拡大は早朝ほどは激しくはないもの、発表内容や結果によっては早朝レベルまで拡大します。

早朝・経済指標発表時にスプレッドが拡大するのは他社も同様ですが、TITAN FXスプレッドの広がり方は他社よりも激しいです。

しかし、一部銘柄にはリミッターのようなものが設定されており、一定数値以上スプレッドが広がることはありませんでした

これらを総合すると、TITAN FXのスプレッドはAXIORYLAND-FXMYFX Marketsなどにも引けを取らない、非常に安定した取引環境が提供されていると思います。

TitanFXの評価|評判・安全性について(タイタンFX)

2014年に設立したTITAN FX(タイタンエフエックス)は、元PepperStone(ペッパーストーン)のスタッフが立ち上げたヘビートレーダー向けの海外FX業者です。 この記事では、TITAN F ...

続きを見る

TITAN FXの口座タイプとスプレッドの関係

口座タイプによって取引手数料とスプレッドが異なる

口座タイプとスプレッドの関係を教えて。

TITAN FXの口座タイプは、スタンダード口座ブレード口座の2種類。

取引条件の違いは、取引形態・取引手数料の有無・スプレッド以外は同じです。

スタンダード口座 ブレード口座
取引形態 NDD STP NDD ECN
最大レバレッジ 500倍 500倍
ロスカット率 20% 20%
ロット単位 10万通貨 10万通貨
最低取引数量 0.01ロット 0.01ロット
最大取引数量 100ロット 100ロット
最大ポジション数 200ポジション 200ポジション
取引手数料 無料 1ロットあたり
片道3.5ドル
スプレッド
(USD /JPY)
変動制
1.3~1.5pips
変動制
0.2~0.4pips
取引ツール MT4
MT5
ウェブトレーダー
MT4
MT5
ウェブトレーダー
スキャルピング 可能 可能
自動売買 可能 可能
初回入金額 2万円 2万円
ボーナス なし なし

どちらの口座も0.01ロット(1,000通貨)から取引できますが、最大レバレッジは500倍と海外FX業者にしては一般的なスペックです。

他社では数千倍というハイレバレッジで取引できる業者も多いので、500倍程度では少々物足りないと感じる人もいるかと思います。

しかし、他社では口座残高が増えるに従い最大レバレッジが制限されてしまう業者も多い中、TITAN FXにはこのレバレッジ制限(ダイナミックレバレッジ)がありません。

スタンダード口座は取引手数料無料・USD/JPYのスプレッドは1.3〜1.5pips、ブレード口座は取引手数料が1ロットあたり片道3.5ドル・USD/JPYのスプレッドは0.2〜0.4pipsです。

 

全取扱銘柄のスプレッド

日経平均やゴールドなど、その他CFD銘柄のスプレッドも知りたい

ここでは、TITAN FXの全取扱銘柄の実測スプレッドを一覧表にまとめました。

TITAN FXでは、通貨ペア60銘柄以外にも、貴金属11銘柄・エネルギー4銘柄・株価指数21銘柄・米国株式65銘柄も取引できます。

通貨ペア

スタンダード ブレード
AUD/CAD 2.0~2.3 1.2~1.4
AUD/CHF 1.8~2.1 0.9~1.1
AUD/JPY 1.1~1.8 0.6~0.8
AUD/NZD 1.6~2.0 0.6~0.8
AUD/SGD 3.5~3.7 2.4~2.7
AUD/USD 1.0~1.2 0.0~0.2
CAD/CHF 2.3~2.5 1.4~1.6
CAD/JPY 1.5~1.7 0.5~0.7
CHF/JPY 1.4~1.6 0.4~0.6
CHF/SGD 6.8~7.2 5.8~6.5
CNH/JPY 6.0 5.0
EUR/AUD 2.4~2.8 1.3~1.7
EUR/CAD 1.9~2.3 0.9~1.3
EUR/CHF 1.8~2.0 0.9~1.1
EUR/CZK 128.0 127.0
EUR/GBP 1.0~1.2 0.0~0.2
EUR/JPY 1.3~1.5 0.1~0.5
EUR/NOK 6.3~15.8 9.5~14.5
EUR/NZD 1.8~2.7 1.5~1.7
EUR/PLN 16.0~20.0 11.8~19.0
EUR/SEK 35.1~39.6 35.6~37.6
EUR/SGD 2.9~3.5 1.7~2.4
EUR/TRY 52.3~57.0 54.5~57.0
EUR/USD 1.0~1.3 0.0~0.2
EUR/ZAR 87.0~101.0 61.0~80.0
GBP/AUD 3.1~3.4 1.8~2.3
GBP/CAD 2.5~3.0 1.4~1.8
GBP/CHF 2.1~2.5 1.3~1.7
GBP/JPY 1.8~2.3 0.8~1.3
GBP/NOK 28.1~37.4 27.0~35.9
GBP/NZD 3.7~4.4 3.0~3.4
GBP/SEK 14.0~24.0 13.0~23.0
GBP/SGD 3.8~4.2 2.7~3.2
GBP/TRY 58.9~75.0 57.0~73.0
GBP/USD 1.3~1.7 0.1~0.8
MXN/JPY 5.2~5.3 4.2~4.3
NOK/JPY 2.0 1.0
NOK/SEK 6.0 5.0
NZD/CAD 2.7~3.2 2.1~2.3
NZD/CHF 1.8~2.1 0.9~1.1
NZD/JPY 1.5~1.8 0.5~0.8
NZD/USD 1.7~2.0 0.8~1.0
SEK/JPY 6.0 5.0
SGD/JPY 2.0~2.1 1.0~1.1
THB/JPY 3.9 2.9
USD/CAD 1.5~1.7 0.4~0.7
USD/CHF 1.5~1.7 0.5~0.9
USD/CNH 6.0 5.0
USD/CZK 105.0~112.0 99.0~107.0
USD/JPY 1.3~1.5 0.2~0.4
USD/MXN 4.8~6.0 4.1~5.2
USD/NOK 22.2~22.5 21.1~22.0
USD/PLN 9.0~10.6 8.0~9.2
USD/RUB 188.0~220.2 179.3~206.7
USD/SEK 17.0~18.9 15.2~17.4
USD/SGD 2.0 1.0
USD/THB 102.0 101.0
USD/TRY 32.0 31.0
USD/ZAR 64.8~66.8 61.5~65.9
ZAR/JPY 2.0 1.0

貴金属

スタンダード ブレード
XAG/AUD 2.2~2.7 2.1~2.6
XAG/EUR 2.0~2.2 1.9~2.1
XAG/USD 2.2~2.5 2.1~2.3
XAU/AUD 3.6~4.5 2.9~4.4
XAU/CHF 2.5~3.5 1.7~3.4
XAU/EUR 2.7~2.9 1.8~2.6
XAU/GBP 2.4~3.2 2.3~3.1
XAU/JPY 1.8~3.4 1.7~3.3
XAU/USD 1.8~2.5 1.6~2.4
XPD/USD 204.1~212.6 204.0~212.5
XPT/USD 58.1~58.4 57.6~58.0

エネルギー

スタンダード ブレード
UKO/USD 0.8 0.7
USO/USD 0.6 0.5
XBR/USD 0.8 0.7
XTI/USD 0.6 0.5

株価指数

スタンダード ブレード
AUS200 2.2 1.0
CAN60 2.2 1.0
CN50 8.0~8.5 6.5~7.0
EUSTX50 3.2 2.0
FRA40 2.2 1.0
GER30 2.5 1.3
HK50 3.8~5.8 2.6~3.6
HSCEI 2.8~3.8 1.6~2.6
IND50 4.8~5.8 3.1~4.1
JPN225 9.2~12.6 8.0~11.4
NAS100 2.2 1.0
NETH25 2.2 1.0
SING30 2.2 1.0
SWISS20 2.4~3.4 1.2~2.2
TWFTSE 2.2 1.0
UK100 3.2 2.0
US2000 1.3~1.5 0.1~0.3
US30 3.3 2.1
US500 1.5 0.3
USDX 3.2 2.0
VIX 1.9 0.7

株式

ブレード
21stCenturyFox 0.1~0.5
3M 0.3~1.2
Adobe 2.1~3.9
Alibaba 0.9~1.6
Alphabet 10.1~16.0
Amazon 9.8~22.0
Amex 0.3~0.9
Apple 0.1~0.2
AT&T 0.1
BankofAmerica 0.1~0.2
BestBuy 0.3~1.1
BeyondMeat 0.6~7.5
Boeing 0.9~2.3
BookingHoldings 34.0~53.6
Carnival-US 0.1
Chevron 0.1~0.4
Cisco 0.1
Coca-Cola 0.1
Comcast 0.1~0.2
Costco 0.9~2.6
Disney 0.3~0.5
eBay 0.1~0.2
ExxonMobil 0.1
Facebook 0.5~2.3
Ford 0.1
GeneralElectric 0.1
Intel 0.1~0.2
Johnson&Johnson 0.2~0.5
JPMorgan 0.2~0.4
Macys 0.1~0.2
Mastercard 1.3~4.7
McDonalds 0.4~1.4
Microsoft 0.2~0.5
Moderna 0.7~3.5
Mondelez 0.1
Netflix 1.7~2.6
NIKE 0.2~0.6
PayPal 0.7~2.7
Pepsi 0.3~2.0
Pfizer 0.1~0.2
Procter&Gamble 0.1~0.2
QUALCOMM 0.2~0.4
ResMed-US 1.7~3.0
RoyalCaribbean 0.4~0.8
SonyCorp 1.0~4.9
Spotify 8.2~11.4
Starbucks 0.4~0.7
Sysco 0.5~1.4
Target 1.0~4.7
Tesla 2.2~4.0
TexasInstruments 0.6~2.6
TMobile 0.2~0.9
TripAdvisor 1.5~3.5
TrivagoAdr 0.1
Twitter 0.2~0.4
UBER 0.1~0.5
UnitedHealth 1.8~4.4
Visa 0.7~1.9
WalgreensBoots 0.1~0.7
Walmart 0.4~0.6
WellsFargo 0.1~0.2
WesternUnion 0.1~0.2
WynnResorts 0.9~1.6
YumBrands 1.2~1.5
Zoom 4.6~5.4

※ スプレッドは2021年5月7日0時台の変動幅(pips)。

 

トータルの取引コストは他社より有利

結局、TITAN FXで取引するのはお得なの?

FXの取引コストは、スプレッドと取引手数料の合計額です。

FXでお得に取引するためには、なるべくこの取引コストが安い業者を選ばなくてはいけません。

ここでは海外FX業者9社の1万通貨あたりの取引コストを比較して、TITAN FXの取引コストがどのくらいの水準なのかを検証しました。

 

スタンダード口座の取引コスト(平常時)

取引コスト(1万通貨あたり)
USD/JPY EUR/JPY GBP/JPY AUD/JPY CAD/JPY EUR/USD

TitanFX
120~140円 140~170円 180~220円 150~170円 140~180円 116~137円

Axiory
120~140円 140~170円 150~170円 160~180円 170~210円 105~137円

LAND-FX
70~90円 120~170円 140~180円 180~240円 240~260円 74~95円

MYFX Markets
120~140円 140~150円 170~200円 180~200円 170~180円 105~147円

GemForex
150~170円 160~170円 220~240円 160~180円 230~250円 168~189円

IS6FX
160~170円 230円 380~410円 290円 300~320円 168~189円

iFOREX
80円 120円 230円 30円 20円 74円

XM Trading
通常
150~160円
通常
220~250円
通常
370~400円
通常
340~350円
通常
330~350円
通常
158~168円
ボーナス考慮
94~104円
ボーナス考慮
164~194円
ボーナス考慮
314~344円
ボーナス考慮
184~294円
ボーナス考慮
274~294円
ボーナス考慮
102~112円

BigBoss
通常
130~160円
通常
200~220円
通常
230~310円
通常
180~230円
通常
220~240円
通常
179~200円
ボーナス考慮
88~118円
ボーナス考慮
158~178円
ボーナス考慮
188~268円
ボーナス考慮
138~188円
ボーナス考慮
178~198円
ボーナス考慮
137~158円

※ ※ 1ドル105円換算

+ 内訳(実測スプレッドと取引手数料)

USD/JPY EUR/JPY GBP/JPY AUD/JPY CAD/JPY EUR/USD

TitanFX
1.2~1.4
無料
1.4~1.7
無料
1.8~2.2
無料
1.5~1.7
無料
1.4~1.8
無料
1.1~1.3
無料

Axiory
1.2~1.4
無料
1.4~1.7
無料
1.5~1.7
無料
1.6~1.8
無料
1.7~2.1
無料
1.0~1.3
無料

LAND-FX
0.7~0.9
無料
1.2~1.7
無料
1.4~1.8
無料
1.8~2.4
無料
2.4~2.6
無料
0.7~0.9
無料

MYFX Markets
1.2~1.4
無料
1.4~1.5
無料
1.7~2.0
無料
1.8~2.0
無料
1.7~1.8
無料
1.0~1.4
無料

GemForex
1.5~1.7
無料
1.6~1.7
無料
2.2~2.4
無料
1.6~1.8
無料
2.3~2.5
無料
1.6~1.8
無料

IS6FX
1.6~1.7
無料
2.3
無料
3.8~4.1
無料
2.9
無料
3.0~3.2
無料
1.6~1.8
無料

iFOREX
0.8
無料
1.2
無料
2.3
無料
0.3
無料
0.2
無料
0.7
無料

XM Trading
1.5~1.6
無料
2.2~2.5
無料
3.7~4.0
無料
3.4~3.5
無料
3.3~3.5
無料
1.5~1.6
無料

BigBoss
1.3~1.6
無料
2.0~2.2
無料
2.3~3.1
無料
1.8~2.3
無料
2.2~2.4
無料
1.7~1.9
無料

※ 上段:スプレッドは2021年2月19日18時台の変動幅(pips)。
※ 下段:取引手数料

+ 口座スペック詳細

口座名 取引
手数料
スプレッド 最大
レバレッジ
最小
取引数量
最小
入金額
ロス
カット

TitanFX
スタンダード 無料 変動制 500倍 1,000
通貨
2万円 20%

Axiory
スタンダード 無料 変動制 400倍 1,000
通貨
2万円以下は
手数料発生
20%

LAND-FX
Live 無料 変動制 500倍 1,000
通貨
3万円 30%

MYFX Markets
スタンダード 無料 変動制 400倍 1,000
通貨
2万円 20%

GemForex
オールインワン 無料 変動制 1,000倍 1,000
通貨
1ドル 20%

IS6FX
スタンダード 無料 変動制 1,000倍 1,000
通貨
1ドル 50%

iFOREX
- 無料 原則
固定
400倍 750
通貨~
1万円 0%

XM Trading
スタンダード 無料 変動制 888倍 1,000
通貨
500円 20%

BigBoss
スタンダード 無料 変動制 555倍 1,000
通貨
なし 20%

通貨ペアによって有利不利の差が激しい業者も多い中、TITAN FXスタンダード口座は平常時のスプレッドが非常に安定しています。

取引手数料も無料なので、金額に換算してもAXIORYスタンダード口座と並び、非常に低コストで取引できる口座です。

特にGBP/JPYが有利なので、価格変動の激しい銘柄を好むトレーダーにはおすすめ。

ただ、TITAN FXにはボーナスがありません。

XM TradingBigBossなど取引ボーナスのある業者では、取引するたびに還元されるボーナスを考慮することで取引コストを削減できるのですが、TITAN FXでは取引ボーナスどころか口座開設ボーナス・入金ボーナスなどのキャンペーンも一切開催されません。

このように、業者ごとメリット・デメリット・強み・弱みが違うので、自分が何を優先したいのかをしっかり明確にして業者を選ぶようにしてください。

 

ブレード口座の取引コスト(平常時)

取引コスト(1万通貨あたり)
USD/JPY EUR/JPY GBP/JPY AUD/JPY CAD/JPY EUR/USD

TitanFX
84~104円 104~124円 154~184円 124~144円 114~144円 84~116円

Axiory
83~113円 93~123円 73~133円 113~143円 123~143円 74~105円

LAND-FX
64~104円 64~114円 124~144円 104~124円 194~214円 63~95円

MYFX Markets
74~84円 94~124円 144~164円 144~164円 144~174円 84~95円

GemForex
30~40円 50円 120~140円 60~80円 160~170円 42~63円

IS6FX
プロ口座
新規口座開設 受付停止中

(2020年1月時点)

iFOREX
該当口座なし

XM Trading
105~135円 148~178円 248~278円 193~213円 213円 128~139円

BigBoss
通常
135~155円
通常
165~185円
通常
225~245円
通常
205~235円
通常
215~235円
通常
147~168円
ボーナス考慮
93~113円
ボーナス考慮
123~143円
ボーナス考慮
183~203円
ボーナス考慮
163~193円
ボーナス考慮
173~193円
ボーナス考慮
105~126円

 ※ 1ドル105円・1ユーロ128円・1ポンド148円・1豪ドル83円・1加ドル83円換算

+ 内訳(実測スプレッドと取引手数料)

USD/JPY EUR/JPY GBP/JPY AUD/JPY CAD/JPY EUR/USD

TitanFX
0.1~0.3
0.7ドル
0.3~0.5
0.7ドル
0.8~1.1
0.7ドル
0.5~0.7
0.7ドル
0.4~0.7
0.7ドル
0.1~0.4
0.7ドル

Axiory
0.2~0.5
0.6ドル
0.3~0.6
0.6ドル
0.1~0.7
0.6ドル
0.5~0.8
0.6ドル
0.6~0.8
0.6ドル
0.1~0.4
0.6ドル

LAND-FX
-0.1~0.3
0.7ドル
-0.1~0.4
0.7ドル
0.5~0.7
0.7ドル
0.3~0.5
0.7ドル
1.2~1.4
0.7ドル
-0.1~0.2
0.7ドル

MYFX Markets
0.0~0.1
0.7ドル
0.2~0.5
0.7ドル
0.7~0.9
0.7ドル
0.7~0.9
0.7ドル
0.7~1.0
0.7ドル
0.1~0.2
0.7ドル

GemForex
0.3~0.4
無料
0.5
無料
1.2~1.4
無料
0.6~0.8
無料
1.6~1.7
無料
0.4~0.6
無料

IS6FX
プロ口座
新規口座開設 受付停止中

(2021年2月時点)

iFOREX
該当口座なし

XM Trading
0.0~0.3
1ドル
0.2~0.5
1ユーロ
1.0~1.3
1ポンド
1.1~1.3
1豪ドル
1.3
1加ドル
0.0~0.1
1ユーロ

BigBoss
0.4~0.6
0.9ドル
0.7~0.9
0.9ドル
1.3~1.5
0.9ドル
1.1~1.4
0.9ドル
1.2~1.4
0.9ドル
0.5~0.7
0.9ドル

※ 上段:スプレッドは2021年2月19日18時台の変動幅(pips)。
※ 下段:取引手数料(1万通貨あたりの往復料金)

+ 口座スペック詳細

口座名 取引
手数料
スプレッド 最大
レバレッジ
最小
取引数量
最小
入金額
ロス
カット

TitanFX
ブレード 3.5ドル 変動制 500倍 1,000
通貨
2万円 20%

Axiory
ナノ
スプレッド
3ドル 変動制 400倍 1,000
通貨
2万円以下は
手数料発生
20%

LAND-FX
ECN 3.5ドル 変動制 200倍 10,000
通貨
20万円 30%

MYFX Markets
プロ 3.5ドル 変動制 400倍 1,000
通貨
5万円 20%

GemForex
ノー
スプレッド
無料 変動制 1,000倍 1,000
通貨
30万円 20%

IS6FX
プロ プロ口座
新規口座開設 受付停止中

(2021年2月時点)

iFOREX
該当口座なし

XM Trading
XM Zero 5通貨 変動制 500倍 1,000
通貨
1万円 20%

BigBoss
プロ
スプレッド
4.5ドル 変動制 555倍 1,000
通貨
なし 20%

※ 取引手数料は10万通貨あたりの片道料金。

ブレード口座では、1ロット(10万通貨)あたり片道3.5ドルの取引手数料が発生する代わりに、スタンダード口座とは比べ物にならないほど狭いスプレッドで取引できます。

どの通貨ペアのスプレッドも狭く安定しており、特にCAD/JPYは他社よりも有利です。

また、ブレード口座のような中上級者向け口座となると、最大レバレッジが低かったり最小入金額が高額だったりする業者も多いのですが、TITAN FXは取引形態・取引手数料・スプレッド以外は全て同一スペックです。

このような点も、TITAN FXが好まれる理由の一つなんですね。

ブレード口座の実測スプレッドは、以前にも以下の記事で他社と比較しているので参考にしてください。

海外FX業者11社|実際のスプレッドを比較しました(平常時・早朝・窓空け・重要指標発表時)

海外FX業者を選ぶときに、まず気になるのは 「どのくらいスプレッドが狭く安定しているか?」 という点ですよね? 今回は、海外FX業者11社分のスプレッド計測データをもとに、スプレッドの広がり方の特徴を ...

続きを見る

スキャルピングにおすすめのFX海外口座ランキング【ハイレバ対応】

FXでスキャルピングがうまくハマれば爆発的に稼げます。 しかし、国内FXのような最大25倍の低いレバレッジでちまちまスキャっていても全然稼げません。 資金効率が悪すぎる上に、DMMFXやGMOクリック ...

続きを見る

 

スプレッドが広がるタイミングは早朝・経済指標発表時

TITAN FXでスプレッドが広がるタイミングはいつ?

FXでは、以下のタイミングで極端にスプレッドが拡大するので注意してください。

いずれも取引量(流動性)が極端に変動する時間帯です。

ココに注意

  • 平日早朝
  • 平日深夜
  • 週末・週明け
  • 経済指標発表時

当サイトでは、上記タイミングでTITAN FXのスプレッドがどのくらい拡大するのか、1週間に渡り調査を実施しました。

「早朝」とは日本時間だと平日6時直後(冬季は7時)、「深夜」は平日22時頃〜翌6時、「週末」はマーケットがクローズする土曜5時45分直前(冬季は6時45分)、「週明け」はマーケットがオープンする月曜6時直後(冬季は7時)の時間帯です。

(夏季・冬季の違いについては「MT4・MT5を日本時間表示にするインジケーター無料ダウンロードと設定方法」を参照)

スプレッド計測の基本条件

  • 調査期間は2021年5月3日(月)早朝〜5月8(土)早朝
  • 早朝・週末・週明け・経済指標発表時は最大値を計測
  • 深夜は平均値を計測
  • スプレッドの計測にはインジケータspread_recorderを使用
    (赤が最大値・緑が平均値・青が最小値)

spread_recorder

 

早朝・深夜のスプレッド

スタンダード口座

日付 スプレッド(pips)
USD/JPY EUR/JPY GBP/JPY AUD/JPY CAD/JPY EUR/USD
5/3(月) 平常1.4
早朝8.0
深夜2.0
平常1.4
早朝21.4
深夜1.5
平常2.0
早朝11.4
深夜2.4
平常1.4
早朝17.2
深夜1.8
平常1.6
早朝27.1
深夜1.7
平常1.1
早朝11.0
深夜1.1
5/4(火) 平常1.4
早朝11.0
深夜2.0
平常1.4
早朝23.4
深夜1.4
平常2.0
早朝11.4
深夜2.3
平常1.4
早朝17.7
深夜1.7
平常1.6
早朝17.1
深夜1.6
平常1.1
早朝6.6
深夜1.1
5/5(水) 平常1.4
早朝11.0
深夜2.0
平常1.4
早朝25.8
深夜1.3
平常2.0
早朝11.4
深夜2.3
平常1.4
早朝25.1
深夜1.7
平常1.6
早朝30.2
深夜1.6
平常1.1
早朝9.3
深夜1.1
5/6(木) 平常1.4
早朝11.0
深夜2.0
平常1.4
早朝19.8
深夜1.3
平常2.0
早朝11.4
深夜2.2
平常1.4
早朝17.4
深夜1.7
平常1.6
早朝30.5
深夜1.7
平常1.1
早朝9.3
深夜1.1
5/7(金) 平常1.4
早朝11.0
深夜1.3
平常1.4
早朝16.0
深夜1.3
平常2.0
早朝11.4
深夜2.2
平常1.4
早朝16.7
深夜1.7
平常1.6
早朝17.2
深夜1.6
平常1.1
早朝9.0
深夜1.1
5/8(土) 平常1.4
早朝2.0
深夜-
平常1.4
早朝2.2
深夜-
平常2.0
早朝4.9
深夜-
平常1.4
早朝3.0
深夜-
平常1.6
早朝3.3
深夜
平常1.1
早朝1.8
深夜-

ブレード口座

日付 スプレッド(pips)
USD/JPY EUR/JPY GBP/JPY AUD/JPY CAD/JPY EUR/USD
5/3(月) 平常0.3
早朝6.9
深夜0.3
平常0.3
早朝12.9
深夜0.3
平常1.1
早朝10.9
深夜1.4
平常0.7
早朝15.9
深夜0.9
平常0.6
早朝13.7
深夜0.7
平常0.1
早朝9.2
深夜0.1
5/4(火) 平常0.3
早朝10.5
深夜0.3
平常0.3
早朝22.4
深夜0.4
平常1.1
早朝10.9
深夜1.2
平常0.7
早朝16.7
深夜0.7
平常0.6
早朝16.1
深夜0.6
平常0.1
早朝5.6
深夜0.1
5/5(水) 平常0.3
早朝10.5
深夜0.3
平常0.3
早朝24.8
深夜0.3
平常1.1
早朝10.9
深夜1.2
平常0.7
早朝24.1
深夜0.7
平常0.6
早朝29.2
深夜0.6
平常0.1
早朝8.3
深夜0.1
5/6(木) 平常0.3
早朝10.5
深夜0.3
平常0.3
早朝18.8
深夜0.3
平常1.1
早朝10.9
深夜1.1
平常0.7
早朝16.4
深夜0.7
平常0.6
早朝29.5
深夜0.7
平常0.1
早朝8.3
深夜0.1
5/7(金) 平常0.3
早朝10.5
深夜0.3
平常0.3
早朝15.0
深夜0.3
平常1.1
早朝10.9
深夜1.2
平常0.7
早朝15.7
深夜0.7
平常0.6
早朝16.2
深夜0.6
平常0.1
早朝8.0
深夜0.1
5/8(土) 平常0.3
早朝1.0
深夜-
平常0.3
早朝1.8
深夜-
平常1.1
早朝3.9
深夜-
平常0.7
早朝2.0
深夜-
平常0.6
早朝2.3
深夜-
平常0.1
早朝0.8
深夜-

深夜の時間帯のスプレッドは、スタンダード口座・ブレード口座どちらも平常時の平均とほぼ変わりません。

しかし、月曜〜金曜の早朝6時前後は大きくスプレッドが拡大します。

平常時の平均スプレッドが狭い通貨ペアほど広がり方は顕著で、例えばブレード口座のEUR/USDは平常時の80倍にも拡大しているので注意が必要です。

一方、週末土曜早朝のマーケットクローズ時は、せいぜい平常時の3〜8倍程度でした。

スプレッドが拡大する早朝時間帯は、曜日ごとに異なります。

  • 月曜早朝:取引開始時刻6時から7時頃
  • 火曜〜金曜早朝:5時半頃から7時頃
  • 土曜早朝:5時半頃から取引終了時刻5時45分

また、USD/JPY・GBP/JPYなど一部銘柄の早朝スプレッドは、一定数値以上には拡大しません。

ブレード口座であれば、USD/JPYは最大値10.5pipsGBP/JPYは最大10.9pipsで高止まりしていました。

USD/JPYのスプレッド

GBP/JPYのスプレッド

 

経済指標発表時のスプレッド

スタンダード口座

日時 主な経済指標 スプレッド(pips)
USD/JPY EUR/JPY GBP/JPY AUD/JPY CAD/JPY EUR/USD
5/3(月)
22:45

アメリカ
製造業購買担当者
景気指数
平常1.4
発表3.4
平常1.4
発表5.1
平常2.0
発表4.4
平常1.4
発表3.1
平常1.6
発表5.0
平常1.1
発表1.7
5/3(月)
23:00

アメリカ
ISM製造業
景況指数
平常1.4
発表2.0
平常1.4
発表2.4
平常2.0
発表4.2
平常1.4
発表3.0
平常1.6
発表2.8
平常1.1
発表1.6
5/4(火)
13:30

オーストラリア
豪準備銀行
政策金利発表
平常1.4
発表1.8
平常1.4
発表1.9
平常2.0
発表3.2
平常1.4
発表3.3
平常1.6
発表2.3
平常1.1
発表1.4
5/4(火)
21:30

アメリカ
貿易収支 平常1.4
発表1.7
平常1.4
発表1.8
平常2.0
発表2.7
平常1.4
発表2.2
平常1.6
発表4.3
平常1.1
発表1.3
5/5(水)
0:00

ポーランド
ポーランド中銀
政策金利
平常1.4
発表1.5
平常1.4
発表1.8
平常2.0
発表2.7
平常1.4
発表2.1
平常1.6
発表4.7
平常1.1
発表1.6
5/5(水)
21:15

アメリカ
ADP雇用統計 平常1.4
発表2.4
平常1.4
発表3.8
平常2.0
発表6.3
平常1.4
発表2.8
平常1.6
発表3.2
平常1.1
発表1.9
5/5(水)
22:45

アメリカ
総合購買担当者
景気指数、等
平常1.4
発表1.8
平常1.4
発表2.0
平常2.0
発表4.3
平常1.4
発表2.0
平常1.6
発表2.9
平常1.1
発表1.5
5/6(木)
20:00

イギリス
英中央銀行
金利発表
平常1.4
発表1.7
平常1.4
発表1.9
平常2.0
発表7.8
平常1.4
発表2.3
平常1.6
発表2.0
平常1.1
発表1.5
5/6(木)
21:30

アメリカ
失業保険継続
受給者数、等
平常1.4
発表1.8
平常1.4
発表2.2
平常2.0
発表3.8
平常1.4
発表2.6
平常1.6
発表4.0
平常1.1
発表1.5
5/7(金)
21:30

アメリカ
平均時給
失業率、等
平常1.4
発表11.0
平常1.4
発表11.2
平常2.0
発表11.4
平常1.4
発表6.5
平常1.6
発表20.1
平常1.1
発表9.9

ブレード口座

日時 主な経済指標 スプレッド(pips)
USD/JPY EUR/JPY GBP/JPY AUD/JPY CAD/JPY EUR/USD
5/3(月)
22:45

アメリカ
製造業購買担当者
景気指数
平常0.3
発表1.3
平常0.3
発表4.1
平常1.1
発表3.4
平常0.7
発表2.1
平常0.6
発表4.2
平常0.1
発表0.8
5/3(月)
23:00

アメリカ
ISM製造業
景況指数
平常0.3
発表1.2
平常0.3
発表2.1
平常1.1
発表3.2
平常0.7
発表2.1
平常0.6
発表2.9
平常0.1
発表0.8
5/4(火)
13:30

オーストラリア
豪準備銀行
政策金利発表
平常0.3
発表0.6
平常0.3
発表0.9
平常1.1
発表2.2
平常0.7
発表2.3
平常0.6
発表1.3
平常0.1
発表0.4
5/4(火)
21:30

アメリカ
貿易収支 平常0.3
発表0.6
平常0.3
発表0.8
平常1.1
発表1.7
平常0.7
発表1.2
平常0.6
発表3.3
平常0.1
発表0.3
5/5(水)
0:00

ポーランド
ポーランド中銀
政策金利
平常0.3
発表0.6
平常0.3
発表0.8
平常1.1
発表1.7
平常0.7
発表1.1
平常0.6
発表3.7
平常0.1
発表0.6
5/5(水)
21:15

アメリカ
ADP雇用統計 平常0.3
発表1.3
平常0.3
発表2.8
平常1.1
発表5.3
平常0.7
発表1.8
平常0.6
発表2.2
平常0.1
発表0.9
5/5(水)
22:45

アメリカ
総合購買担当者
景気指数、等
平常0.3
発表0.7
平常0.3
発表1.0
平常1.1
発表3.3
平常0.7
発表2.0
平常0.6
発表1.9
平常0.1
発表0.5
5/6(木)
20:00

イギリス
英中央銀行
金利発表
平常0.3
発表0.6
平常0.3
発表0.9
平常1.1
発表6.8
平常0.7
発表1.3
平常0.6
発表1.0
平常0.1
発表0.5
5/6(木)
21:30

アメリカ
失業保険継続
受給者数、等
平常0.3
発表0.5
平常0.3
発表1.2
平常1.1
発表2.8
平常0.7
発表1.6
平常0.6
発表3.0
平常0.1
発表0.5
5/7(金)
21:30

アメリカ
平均時給
失業率、等
平常0.3
発表10.0
平常0.3
発表10.2
平常1.1
発表10.4
平常0.7
発表5.5
平常0.6
発表16.2
平常0.1
発表8.9

経済指標発表時にもスプレッドは拡大しますが、広がり方は早朝・週末・週明けほど大きくありません。

しかし、5/7(金)21時半に行われたアメリカ平均時給や失業率の発表の際は、早朝にも引けを取らない大きな広がりを見せました。

例えば、ブレード口座のUSD/JPYは平常時の約30倍、EUR/USDは平常時の約80倍です。

スプレッドは発表内容や通貨ペアに左右されるので、経済指標発表時のトレードにも十分注意してください。

 

まとめ TITAN FXのスプレッド検証結果

最後に、TITAN FXのスプレッド検証結果をまとめます。

ココがポイント

  • 深夜のスプレッドは普段と変わらない
  • 早朝が最もスプレッドが拡大する
  • 特にブレード口座はギャップが激しい
  • 経済指標は発表内容や結果によっては早朝レベルまで拡大する
  • 一部銘柄のスプレッドにはリミッターがある

TITAN FXのスプレッドは、AXIORYと比較してみると、その違いが分かりやすいと思います。

スプレッドの狭さ・取引手数料の安さはAXIORYと同レベルなのに対し、早朝・経済指標発表時にはTITAN FXの方が大きくスプレッドが拡大します。

ただし、TITAN FXではUSD/JPY・GBP/JPYなど一部銘柄に限り、リミッターのような上限が設定されていました。

特にスプレッドは早朝に激しく拡大するので、人気銘柄に関しては一定数値以上スプレッドが広がらないようにして、安全性を確保しているのかもしれません。

TITAN FXは取引形態にNDD方式を採用している業者ですが、完全なA-Book業者ではありませんので、レートやスプレッドがある程度コントロールされている可能性があります。

そのため、取引に不透明な部分があるのは否めませんが、これは大手海外FX業者XM TradingAXIORYも同様です。

TITAN FXは、約定力にはとても定評のある業者です。

早朝・経済指標発表時のトレードを避ければ、メインの取引口座として十分利用価値のある優良業者だと思います。

titanfx10000円キャッシュバックキャンペーン
TitanFXの口座開設方法!取引を始めるまでの手順・本人確認の手順など(タイタンFX)

TitanFXの新規口座開設はこちら この記事では、TitanFX(タイタンFX)の口座開設〜取引開始までの手順を解説します。 あらかじめ本人認証に必要な以下の必要書類の画像データを用意してください。 ...

続きを見る

ちなみに、TITAN FXにはボーナスがありませんので、もし口座開設ボーナス入金ボーナスをもらって有利に取引をスタートさせたい人は、XM TradingGEMFOREXIS6FXなどがおすすめですよ。

 

TITAN FXのスプレッドについてよくある質問(FAQ)

TITAN FXのスプレッドは変動制ですか?

はい。変動制です。


米ドル円のスプレッドはどのくらいですか?

平常時なら、スタンダード口座は1.3〜1.5pips、ブレード口座は0.2〜0.4pipsが目安です。


取引手数料はいくらですか?

ブレード口座は、1ロット(10万通貨)あたり片道3.5ドルの取引手数料が発生します。

スタンダード口座は、取引手数料無料です。


スプレッドが拡大するタイミングを教えてください。

早朝(冬季は日本時間7時前後・夏季は日本時間6時前後)・経済指標発表時です。

特に早朝のスプレッドの広がり方は激しく、EUR/USDならスタンダード口座は平常時の約10倍、ブレード口座は普段の約80倍にも広がるため注意が必要です。

 

ボーナスを活用して取引しないと損!

海外FX業者の中には、

  • 口座開設だけで10000円
  • 入金額の100%ボーナス

など、知らないと損をするお得なボーナスを実施しているところが沢山あります。

信頼性の高い業者のみを厳選して紹介しているので、今一番お得なキャンペーンを見つけてください。

 

2021年!安全かつ人気のおすすめFX海外業者ランキング

海外FXおすすめ業者ランキング

FX海外業者で最も重要視しなければいけないのは次の3つです。

  • 業者の安全性・信頼性
  • スプレッド・取引コストの安さ
  • ボーナス・日本語サポートの有無

しかし、海外業者は情報が少ないため、どこが人気で優良な業者なのかわからない人がとても多いです。

当サイトを見てくれた人だけに、日本だけでなく海外でも知名度がある本当に人気のおすすめ海外業者を紹介します。

 

  • この記事を書いた人

海外FX wiki編集部

海外FX歴14年。専業トレーダーとして月間最高利益2000万円。初心者が安心して海外FXを利用できるように信頼できるコンテンツを提供していきます。

-TitanFX

© 2021 海外FX Wiki