iFOREXのスプレッド徹底解説!FX・CFDで早朝や経済指標発表時など広がるタイミングを検証

この記事では、人気の海外FX業者iFOREX(アイフォレックス)のスプレッドについて、早朝や経済指標発表時のタイミングなど、さまざまな角度から徹底調査しました。

iFOREXは普段どのくらいスプレッドが変動してるんだろう?

スプレッドが大きく開くのはいつ?

といったことが知りたい人は、ぜひ参考にしてみてください。

結論から言うと、iFOREXのスプレッドは国内FX業者の狭さには敵いませんが、メジャー通貨ペアであれば人気の大手海外FX業者よりも断然タイトです。

また、早朝・週末・週明けのタイミングでスプレッドが極端に拡大するのは他社同様ですが、広がり方は他社よりも穏やか比較的すぐに平常時の値に回復します。

流動性が低下する深夜の時間帯でも、平常時並に狭いスプレッドを維持できている点も安心です。

ただし、豪ドル・トルコリラ・南アフリカランドといった一部銘柄のスプレッドは他社よりかなり不利なので、取引銘柄によって業者を使い分けるようにしてください。

iFOREXの評価|評判・安全性について(アイフォレックス)

1996年に設立したiFOREX(アイフォレックス)は、日本人トレーダーから「アイフォ」と呼ばれ親しまれている老舗の海外FX業者です。 この記事では、iFOREXの特徴を口コミも交えつつさまざまな角度 ...

続きを見る

iFOREXの口座タイプとスプレッド

口座タイプは1種類のみ・スプレッドは原則固定

iFOREXの口座タイプ・取引条件
取引形態 DD方式
最大レバレッジ 400倍
1ロットの単位 10万通貨
最小取引数量 750通貨〜(通貨ペアで異なる)
取引手数料 無料
スプレッド 0.7pips(米ドル円)
ロスカット率 0%

最初に、iFOREXの取引条件を簡単に解説します。

iFOREXの取引条件の中で特に注目すべきポイントは、スプレッドとロスカットルールが他社よりも有利な点です。

まず、取引条件は一般的な海外FX業者とは異なり少々特殊で、口座タイプは1種類しかありません。

取引形態は、国内FXと同じDD方式を採用しています。

DD方式は相対取引とも呼ばれ、高い約定力・高速約定・狭く安定した固定スプレッド・取引手数料無料を実現できる反面、「顧客の利益は業者の損失」「顧客の損失は業者の利益」というビジネスモデルです。

そのため、人為的なレート操作・リクオート・約定拒否によって、業者の利益・トレーダーの不利益となるような行為もまかり通ってしまうため、DD方式を採用する業者は特に信頼性・透明性を重視しなくてはいけません。

iFOREXではそのような風評がほとんど見当たらないので、コンスタンスに利益を出し続けられるトレーダーも利用規約に違反しない限り、勝ち過ぎで取引制限をかけられることもなく安心して利用できます。

最大レバレッジは400倍と海外FX業者として低めですが、最小取引数量は750通貨からなので、十分少額取引が可能です。

取引手数料は全て無料ですが、これは他社にあるスタンダード口座も同様の条件なので、特にめずらしいことではありません。

しかし、スプレッドは米ドル円なら0.7pipsと非常に狭く、平常時ならほぼ原則固定です。

一般的な他社のスタンダード口座のスプレッドは、普段からかなり広めで常に激しく変動するので、この点がDD方式を採用するiFOREXの最大の強みと言えるでしょう。

また、ロスカットルールは「証拠金維持率0%でロスカット発動」「ゼロカットによってマイナス残高は業者負担」です。

口座資金を全額使って取引できるため、万が一大きな含み損を抱えてしまった場合でも、他社よりロスカットに耐えて相場の回復を待つことができます。

 

全取扱銘柄の平均スプレッド一覧

FX(為替)

メジャー通貨ペアの平均スプレッド
USD/JPY 0.7 pips CAD/JPY 2.0 pips
EUR/JPY 1.2 pips CHF/JPY 2.0 pips
GBP/JPY 2.3 pips NZD/JPY 3.0 pips
AUD/JPY 3.0 pips EUR/USD 0.7 pips
その他通貨ペアの平均スプレッド
AUD/CAD 5.0 pips GBP/NZD 11.0 pips
AUD/CHF 5.0 pips GBP/PLN 32.0 pips
AUD/HUF 40.0 pips GBP/SEK 35.0 pips
AUD/ILS 30.0 pips GBP/TRY 23.0 pips
AUD/NZD 11.0 pips GBP/USD 1.1 pips
AUD/USD 0.8 pips GBP/ZAR 300.0 pips
CAD/HUF 40.0 pips HKD/JPY 40.0 pips
CAD/ILS 30.0 pips NOK/JPY 42.0 pips
CHF/CAD 4.0 pips NOK/SEK 3.0 pips
CHF/HUF 50.0 pips NZD/CAD 6.0 pips
CHF/ILS 30.0 pips NZD/CHF 6.0 pips
CHF/NOK 26.0 pips NZD/USD 2.0 pips
CHF/PLN 26.0 pips NZD/ZAR 200.0 pips
CHF/TRY 18.0 pips PLN/DKK 7.0 pips
CHF/ZAR 200.0 pips PLN/HUF 14.0 pips
DKK/JPY 50.0 pips PLN/SEK 9.0 pips
EUR/AUD 3.0 pips SEK/DKK 2.8 pips
EUR/CAD 4.0 pips SEK/JPY 45.0 pips
EUR/CHF 2.0 pips SGD/JPY 250.0 pips
EUR/CNH 45.0 pips TRY/HUF 18.0 pips
EUR/CZK 25.0 pips TRY/JPY 19.0 pips
EUR/DKK 18.0 pips USD/CAD 2.0 pips
EUR/GBP 1.1 pips USD/CHF 1.5 pips
EUR/HUF 40.0 pips USD/CNH 40.0 pips
EUR/ILS 40.0 pips USD/CZK 25.0 pips
EUR/INR 120.0 pips USD/DKK 20.0 pips
EUR/NOK 28.0 pips USD/HKD 25.0 pips
EUR/NZD 9.0 pips USD/HUF 40.0 pips
EUR/PLN 9.0 pips USD/ILS 30.0 pips
EUR/RUB 213.2 pips USD/INR 80.0 pips
EUR/SEK 28.0 pips USD/MXN 50.0 pips
EUR/TRY 24.8 pips USD/NOK 26.0 pips
EUR/ZAR 100.0 pips USD/PLN 14.0 pips
GBP/AUD 11.0 pips USD/RUB 192.7 pips
GBP/CAD 4.5 pips USD/SEK 25.0 pips
GBP/CHF 3.0 pips USD/SGD 4.0 pips
GBP/DKK 26.0 pips USD/TRY 16.0 pips
GBP/HUF 30.0 pips USD/ZAR 90.0 pips
GBP/ILS 60.0 pips ZAR/JPY 90.0 pips
GBP/NOK 35.0 pips

 

仮想通貨

BCH/USD 2.10 pips ETH/JPY 177.70 pips
BTC/ETH 35.03 pips ETH/USD 164.80 pips
BTC/EUR 39.53 pips LTC/EUR 34.89 pips
BTC/JPY 46.11 pips LTC/JPY 40.71 pips
BTC/LTC 152.91 pips LTC/USD 37.76 pips
BTC/USD 42.70 pips XMR/USD 62.60 pips
DSH/USD 101.40 pips XRP/EUR 26.06 pips
EOS/USD 237.00 pips XRP/JPY 30.40 pips
ETH/EUR 152.30 pips XRP/USD 28.20 pips

 

エネルギー

WTI原油 5.0 pips
ブレント原油 5.5 pips
上海原油 20.0 pips
ヒーティングオイル 13.0 pips
ガソリン 13.0 pips
天然ガス 0.36 pips

 

商品

ココア 4.0 pips
コーヒー 20.0 pips
コーン 60.0 pips
大豆 100.0 pips
小麦 40.0 pips
砂糖 1.5 pips
綿 8.0 pips

 

貴金属

100.0 pips
金 (EUR) 30.0 pips
金 (グラム, トルコリラ) 8.0 pips
2.0 pips
30.0 pips
パラジウム 376.0 pips
白金 100.0 pips

 

株価指数

FANG+ 0.43 pips
USDX 3.1 pips
VIX 34.5 pips
イタリア40 40.8 pips
インド50 6.37 pips
オランダ25 27.4 pips
オーストラリア200 2.44 pips
ギリシャ20 51.0 pips
サウジ全株指数 3.84 pips
シンガポール 25 13.0 pips
スイス20 3.25 pips
スウェーデン30 0.64 pips
スペイン35 1.7 pips
トルコ100 76.2 pips
ドイツ30 2.3 pips
ドバイ指数 1.88 pips
フランス40 2.95 pips
ブラジル 60 32.0 pips
メキシコ 35 24.32 pips
ヨーロッパ50 2.24 pips
中国A50 5.88 pips
中国SSE 1.28 pips
中国SZSE 4.75 pips
台湾指数 19.0 pips
日本100 0.36 pips
日本225(円) 16.4 pips
日本225(米ドル) 16.4 pips
日本400 3.61 pips
米国2000 31.0 pips
米国30 5.6 pips
米国500 0.89 pips
米国テック100 3.97 pips
英国100 3.0 pips
韓国 200 9.0 pips
香港50 9.9 pips

 

ETF

EAFE 11.0 pips
IPO 5.9 pips
アジア太平洋(除く日本) 12.6 pips
エマージング・マーケット 7.1 pips
オーストラリア200ファンド 9.6 pips
カナダ 4.6 pips
グローバル 13.26 pips
グローバル・カンナビス 2.3 pips
グローバル・ゴールド・マイナーズx3 10.2 pips
グローバル・ブロックチェーン 3.4 pips
グローバル・リチウム&バッテリー 4.8 pips
グローバル・ロボティクス 3.8 pips
ゴールド・トラスト 32.3 pips
シルバー・トラスト 2.8 pips
ジュニアゴールドマイナーロングx3 605.0 pips
ドイツ30ファンド 18.0 pips
ブラジルファンド 5.0 pips
中国トップ50ロングx3 2.3 pips
中国大型株 7.6 pips
原油ファンド 0.5 pips
日本 10.1 pips
日本225 ETF 40.37 pips
日本225ショートx2 2.21 pips
日本225ロングx2 29.07 pips
欧州先進国ファンド 8.9.0 pips
欧州先進国大型株 6.0 pips
米セミコンダクター 26.0 pips
米国100ロングx3 25.1 pips
米国2000ファンド 23.9 pips
米国30トラスト 47.0 pips
米国500トラスト 56.0 pips
米国500ロングx3 13.6 pips
米国500小型株 11.5 pips
米国インダストリアル 12.0 pips
米国エネルギー 17.0 pips
米国テクノロジー 17.5 pips
米国テック100大型株信託 42.2 pips
米国バイオテク 25.0 pips
米国ファンド 27.9 pips
米国ヘルスケア 20.0 pips
米国一般消費財 22.0 pips
米国不動産 15.0 pips
米国公共事業 11.8 pips
米国基礎素材 9.8 pips
米国好配当 15.0 pips
米国生活必需品 11.7 pips
米国金融 4.3 pips
米国金融ロングx3 24.9 pips
米国銀行 5.4 pips
英国 4.9 pips
韓国 9.9 pips
韓国トップ50ロングx3 1.7 pips

 

株式(一部銘柄のみ)

CVS 8.2 pips
Nio 0.4 pips
Pinduoduo 7.0 pips
アップル 37.0 pips
アマゾン 319.0 pips
アメリカン航空 1.4 pips
アルトリア 5.1 pips
ヴァージン・ギャラクティック 40.3 pips
エヌビディア 39.0 pips
オーロラ・カンナビス 0.1 pips
キャノピー・グロース 2.0 pips
シェブロン 11.0 pips
スターバックス 10.5 pips
ティルレイ 1.0 pips
テスラ 99.0 pips
デルタ航空 3.0 pips
ネットフリックス 57.0 pips
ビヨンド・ミート 11.9 pips
フェイスブック 25.0 pips
ボーイング 18.0 pips

※ 株式は一部銘柄のみ記載。全銘柄のスプレッドはこちら

上記は、iFOREXが公開している全取扱銘柄の平均スプレッドです(2020年4月時点)。

iFOREXは、とにかく取扱銘柄の多さが特徴ですね。

通貨ペアは89銘柄、株式はなんと700銘柄近く取扱っています。

海外FX業者では取扱の少ない、トルコリラ円・南アフリカランド円が両方取引できるのも良いですね。

ただ、冒頭でも言ったように、トルコリラ・南アフリカランドを含む一部の通貨ペアのスプレッドは他社よりも圧倒的に不利なので注意しましょう。

 

主要通貨ペアのほとんどが他社より低コストで取引できる

もっと具体的な取引コストの金額が知りたい。

FXの取引コストは、スプレッドと取引手数料の合計額です。

FXでお得に取引するためには、なるべくこの取引コストが安い業者を選ばなくてはいけません。

ただ、iFOREXは全銘柄が取引手数料無料です。

そのため、同じく取引手数料無料の他社口座と比較して、iFOREXの取引コストがどのくらいの水準なのか検証しました。

ここでは1万通貨あたりの取引コストを、海外FX業者9社のスタンダード口座(または同水準の口座)と比較しています。

 

他社のスタンダード口座との比較

取引コスト(1万通貨あたり)
USD/JPY EUR/JPY GBP/JPY AUD/JPY CAD/JPY EUR/USD

iFOREX
70円 120円 230円 300円 200円 75円

GemForex
170円 180円 220円 160円 200円 182円

is6com(現IS6FX)
160円 230円 310円 290円 300円 161円

Axiory
140~150円 140~150円 240~260円 180~200円 210~250円 118~128円

TitanFX
130~140円 150~170円 270~280円 160~180円 240~250円 139~150円

LAND-FX
90~100円 130~140円 210~250円 200~230円 400~420円 96~107円

FBS
220~250円 170~190円 410~520円 220~260円 290~320円 64~75円

XM Trading
通常
150~160円
通常
190~210円
通常
340~360円
通常
340~350円
通常
310~340円
通常
182~214円
ELITE
92~102円
ELITE
132~152円
ELITE
282~302円
ELITE
282~292円
ELITE
252~282円
ELITE
124~156円

BigBoss
通常
160~180円
通常
200~220円
通常
260~270円
通常
230~250円
通常
270~290円
通常
171~193円
ボーナス考慮
117~137円
ボーナス考慮
157~177円
ボーナス考慮
217~227円
ボーナス考慮
187~207円
ボーナス考慮
227~247円
ボーナス考慮
128~150円

+ 内訳(実測スプレッドと取引手数料)

USD/JPY EUR/JPY GBP/JPY AUD/JPY CAD/JPY EUR/USD

iFOREX
0.7
無料
1.2
無料
2.3
無料
3.0
無料
2.0
無料
0.7
無料

GemForex
1.7
無料
1.8
無料
2.2
無料
1.6
無料
2.0
無料
1.7
無料

is6com(現IS6FX)
1.6
無料
2.3
無料
3.1
無料
2.9
無料
3.0
無料
1.5
無料

Axiory
1.4~1.5
無料
1.4~1.5
無料
2.4~2.6
無料
1.8~2.0
無料
2.1~2.5
無料
1.1~1.2
無料

TitanFX
1.3~1.4
無料
1.5~1.7
無料
2.7~2.8
無料
1.6~1.8
無料
2.4~2.5
無料
1.3~1.4
無料

LAND-FX
0.9~1.0
無料
1.3~1.4
無料
2.1~2.5
無料
2.0~2.3
無料
4.0~4.2
無料
0.9~1.0
無料

FBS
2.2~2.5
無料
1.7~1.9
無料
4.1~5.2
無料
2.2~2.6
無料
2.9~3.2
無料
0.6~0.7
無料

XM Trading
1.5~1.6
無料
1.9〜2.1
無料
3.4〜3.6
無料
3.4〜3.5
無料
3.1〜3.4
無料
1.7〜2.0
無料

BigBoss
1.6~1.8
無料
2.0~2.2
無料
2.6~2.7
無料
2.3~2.5
無料
2.7~2.9
無料
1.6~1.8
無料

※ 上段:スプレッドは2020年4月14日12時台で計測
※ 下段:取引手数料

+ 口座タイプとスペック

口座名 取引
手数料
スプレッド 最大
レバレッジ
最小
取引数量
最小
入金額
ロス
カット

iFOREX
- 無料 原則
固定
400倍 750
通貨から
1万円 0%

GemForex
オールインワン 無料 原則
固定
1,000倍 1,000
通貨
1ドル 20%
is6com
is6com(現IS6FX)
スタンダード 無料 原則
固定
1,000倍 1,000
通貨
1ドル 50%

Axiory
スタンダード 無料 変動制 400倍 1,000
通貨
2万円以下は
手数料発生
20%

TitanFX
スタンダード 無料 変動制 500倍 1,000
通貨
200ドル 20%

LAND-FX
Live 無料 変動制 500倍 1,000
通貨
3万円 30%

FBS
スタンダード 無料 変動制 3,000倍 1,000
通貨
100ドル 20%

XM Trading
スタンダード 無料 変動制 888倍 1,000
通貨
5ドル 20%

BigBoss
スタンダード 無料 変動制 555倍 1,000
通貨
なし 20%

主要通貨ペアだけで見ると、iFOREXの取引コストは豪ドル円以外なら他社より圧倒的にお得ですね。

他社のスタンダード口座は米ドル円100円(1pips)超えがほとんどのところ、iFOREXは米ドル円70円(0.7pips)で、ほぼ原則固定を実現しています。

さすがに国内FX業者の安さには敵いませんが、「レバレッジ400倍」「ボーナスあり」ゼロカットあり」「ロスカット率0%」の業者で取引できる必要経費として考えれば、十分納得できるコストパフォーマンスではないでしょうか(国内FX業者のレバレッジは最大25倍が限度・ボーナスやゼロカットなし・ロスカット率50〜100%)。

ちなみに、GemForexis6com(現IS6FX)もほぼ原則固定スプレッドを実現している業者ですが、特に米ドル円・ユーロ円・ユーロ米ドルあたりはiFOREXの安さには全く歯が立ちません(2020年4月時点)

2021年5月時点では、GEMFOREX・is6com(現IS6FX)は、全ての口座タイプが変動制スプレッドに移行しています。

 

他社のECN口座との比較

他社では別途取引手数料を支払えば、スタンダード口座よりも圧倒的にスプレッドが狭いECN口座で取引できます。

取引手数料を支払ったとしても、一般的なスタンダード口座よりもECN口座のほうがトータルの取引コストはお得ですが、キャンペーンやボーナスが対象外になっている場合がほとんどです。

iFOREXは、他社のECN口座に近い取引コストの安さを実現している上、ボーナスまでもらえます。

ただし、そんなiFOREXでもGemForexのノースプレッド口座の取引コストの安さには敵いません。

ノースプレッド口座はボーナス対象外・裁量取引専用口座ですが、他社のECN口座並のスプレッドを実現している上、平常時は原則固定で取引手数料も無料です。

また、iFOREXでは自動売買・スキャルピングは禁止されていますが、GEMFOREXノースプレッド口座は、事前連絡すれば多少スキャルピングもできます。(一般向けのオールインワン口座なら自動売買・スキャルピングに制限なし)

全てのニーズを満たす業者は存在しませんので、取引銘柄やトレードスタイルに合わせて上手に業者を使い分けるようにしましょう。

ECN口座のスプレッド・取引コストは、以下の記事で詳しく解説しているので参考にしてください。

海外FX業者11社|実際のスプレッドを比較しました(平常時・早朝・窓空け・重要指標発表時)

海外FX業者を選ぶときに、まず気になるのは 「どのくらいスプレッドが狭く安定しているか?」 という点ですよね? 今回は、海外FX業者11社分のスプレッド計測データをもとに、スプレッドの広がり方の特徴を ...

続きを見る

2021年5月時点では、GEMFOREX・is6com(現IS6FX)は、全ての口座タイプが変動制スプレッドに移行しています。

 

スプレッドが広がるタイミングは早朝・経済指標発表時

スプレッドが広がるタイミングはいつ?

ここまでは平常時におけるスプレッド・取引コストについて解説してきましたが、FXでは極端にスプレッドが拡大する時間帯があるので注意が必要です。

スプレッドが拡大するタイミング

  • 平日深夜〜平日早朝
  • 週末・週明け
  • 経済指標発表時

平日深夜(日本時間平日22時頃〜早朝)は世界的に取引が活発に行われない時間帯なので、「注文のマッチングが難しい」「適正な価格が配信できない」といった流動性不足によってスプレッドが拡大しやすい傾向にあります。

平日早朝(夏季は日本時間6時〜7時・冬季は7時〜8時)は、どこの業者でも平常時より大幅にスプレッドが拡大するので注意が必要です。

特に、週末・週明け(夏季は土曜6時直前・月曜6時直後・冬季は土曜7時直前・月曜7時直後)は、「マーケットクローズ間際の駆け込み取引」「マーケットオープン直後の極端な取引」が行われやすく、平日早朝よりもスプレッドも広がります。

経済指標発表時も、常に機関投資家・個人投資家が取引のチャンスを狙っているため、業者のサーバー処理が追いつかないほど注文が殺到することでスプレッドが拡大します。

ここでは、これらのタイミングで、iFOREXのスプレッドがどのくらい拡大しているのか調査しました。

スプレッド計測の基本条件

  • iFOREXと同様に平常時のスプレッドがほぼ固定のGemForexスタンダード口座・is6com(現IS6FX)スタンダード口座と比較。
  • GemForex・is6com(現IS6FX)は、MT4のspread_recorderというインジケータを使用してスプレッドを計測。(赤が最大値・緑が平均値・青が最小値)
  • iFOREXの独自プラットフォームはスプレッド計測ツールを利用できないため、プライスボードを動きを一定期間記録。

spread_recorder

iFOREXの取引時間

夏季:月曜6時5分〜土曜5時(日本時間)

冬季:月曜7時5分〜土曜6時(日本時間)

※上記はFX(為替)メジャー通貨ペアの場合。

iFOREXの取引時間は、他社と以下の点が異なるので注意してください。

  • 早朝に数分間発生するロールオーバー時でも取引可能
  • 土曜早朝は他社より1時間早くマーケットがクローズする
  • 月曜早朝は他社より5分遅くマーケットがオープンする

夏季・冬季の違いについては、「なぜ夏と冬で1時間の時間差があるの?」をご覧ください。

 

平日深夜〜早朝のスプレッド

平日深夜(22~6時)

iFOREX

is6com

3社のスプレッドを比較
最大スプレッド(pips)
USD/JPY EUR/JPY GBP/JPY AUD/JPY CAD/JPY EUR/USD
iFOREX
iFOREX
平常0.7
深夜0.7
平常1.2
深夜1.2
平常2.3
深夜2.3
平常3.0
深夜3.0
平常2.0
深夜2.0
平常0.7
深夜0.7
GEMFOREX
GemForex
平常1.6
深夜1.6
平常1.7
深夜1.7
平常2.1
深夜2.2
平常1.6
深夜1.6
平常2.0
深夜2.0
平常1.6
深夜1.6
is6com
is6com(現IS6FX)
平常1.6
深夜1.6
平常2.3
深夜2.3
平常3.1
深夜3.1
平常2.9
深夜2.9
平常3.0
深夜3.0
平常1.5
深夜1.5

上記は、平日深夜22〜6時(2020年4月23〜24日)における各社の最大スプレッドです。

iFOREXは、深夜でも平常時のスプレッドをしっかり維持できています。

とはいえ、これは他の2社も同様ですね。

GemForexのみ、深夜にポンド円が少しだけ広がりました。

深夜でも安定したスプレッドが維持できるのは、しっかり流動性を確保できている証拠と言えるでしょう。

 

平日早朝(6~7時)

iFOREX

is6com

3社のスプレッドを比較
最大スプレッド(pips)
USD/JPY EUR/JPY GBP/JPY AUD/JPY CAD/JPY EUR/USD

iFOREX
平常0.7
早朝8.0
平常1.2
早朝8.0
平常2.3
早朝11.0
平常3.0
早朝6.2
平常2.0
早朝7.9
平常0.7
早朝4.8

GemForex
平常1.6
早朝10.6
平常1.7
早朝16.0
平常2.1
早朝25.1
平常1.6
早朝11.5
平常2.0
早朝12.7
平常1.6
早朝9.1
is6com
is6com(現IS6FX)
平常1.6
早朝13.1
平常2.3
早朝24.5
平常3.1
早朝25.1
平常2.9
早朝11.5
平常3.0
早朝12.7
平常1.5
早朝9.1

上記は、平日早朝6〜7時(2020年4月24日)における各社の最大スプレッドです。

深夜の穏やかさとはうって変わり、早朝は平常時よりも大幅にスプレッドが拡大しますね。

ただし、iFOREXは他社よりも最大スプレッドが低く、7時を過ぎるとすぐに平常時のスプレッドに回復しました。

GemForexis6com(現IS6FX)は、平常時のスプレッドに回復するまでにかなりの時間を要していました。ちなみに、この2社のスプレッドの開き方は非常によく似ています。

 

週末・週明けのスプレッド

週末(土曜5時)

iFOREX

is6com

3社のスプレッドを比較
最大スプレッド(pips)
USD/JPY EUR/JPY GBP/JPY AUD/JPY CAD/JPY EUR/USD

iFOREX
平常0.7
週末0.7
平常1.2
週末1.2
平常2.3
週末2.3
平常3.0
週末3.0
平常2.0
週末2.0
平常0.7
週末0.7

GemForex
平常1.6
週末7.9
平常1.7
週末14.1
平常2.1
週末14.5
平常1.6
週末11.4
平常2.0
週末8.0
平常1.6
週末8.4
is6com
is6com(現IS6FX)
平常1.6
週末7.9
平常2.3
週末14.1
平常3.1
週末14.5
平常2.9
週末11.4
平常3.0
週末8.0
平常1.5
週末8.4

上記は、週末土曜5時または6時直前(2020年5月2日)における各社の最大スプレッドです。

iFOREXは、他社よりも1時間早い5時にクローズするためか、スプレッドは平常時と変わりません。

GemForexis6com(現IS6FX)は、マーケットがクローズする6時直前に大幅にスプレッドが拡大します。不思議なことに、この2社のスプレッドの開き方は完全に一致していました。

 

週明け(月曜6時)

iFOREX

is6com

3社のスプレッドを比較
最大スプレッド(pips)
USD/JPY EUR/JPY GBP/JPY AUD/JPY CAD/JPY EUR/USD

iFOREX
平常0.7
週明8.0
平常1.2
週明8.0
平常2.3
週明8.0
平常3.0
週明5.1
平常2.0
週明11.4
平常0.7
週明1.1

GemForex
平常1.6
週明18.0
平常1.7
週明25.1
平常2.1
週明23.7
平常1.6
週明13.8
平常2.0
週明17.4
平常1.6
週明11.7
is6com
is6com(現IS6FX)
平常1.6
週明18.9
平常2.3
週明25.1
平常3.1
週明23.7
平常2.9
週明14.3
平常3.0
週明20.0
平常1.5
週明11.8

上記は、週明け月曜6時(2020年5月4日)における各社の最大スプレッドです。

iFOREXは、平日早朝とあまり変わりません。

通貨ペアによっては6時以降もオープン・クローズが短時間で繰り返され、なるべく最大8.0pipsに収まるよう調整されているような動きが観測できました。

一方、GemForexis6com(現IS6FX)は、今回の計測期間中で最もスプレッド拡大しました。

 

経済指標発表時のスプレッド

アメリカ 新規失業保険申請件数

iFOREX

is6com

3社のスプレッドを比較
最大スプレッド(pips)
USD/JPY EUR/JPY GBP/JPY AUD/JPY CAD/JPY EUR/USD

iFOREX
平常0.7
発表3.5
平常1.2
発表3.5
平常2.3
発表5.6
平常3.0
発表3.9
平常2.0
発表3.2
平常0.7
発表0.9

GemForex
平常1.6
発表1.6
平常1.7
発表3.4
平常2.1
発表4.4
平常1.6
発表1.6
平常2.0
発表2.0
平常1.6
発表1.6
is6com
is6com(現IS6FX)
平常1.6
発表1.6
平常2.3
発表3.4
平常3.1
発表4.4
平常2.9
発表2.9
平常3.0
発表4.0
平常1.5
発表1.5

上記は、アメリカの新規失業保険申請件数が発表(2020年4月23日21時30分)された際の各社の最大スプレッドです。

iFOREXは上記主要通貨ペア全てこの発表の影響を受けており、特に米ドル円のスプレッドの広がり方が酷く、平常時の5倍にもなる時間帯もありました。

GemForexis6com(現IS6FX)もユーロ円・ポンド円・カナダドル円でスプレッドが拡大しましたが、米ドル円・ユーロ米ドルは平常時のスプレッドをキープできていたため、iFOREXとはやや異なる結果となりました。

 

アメリカ 製造業PMI・非製造業PMI〜新築住宅販売件数

iFOREX

is6com

3社のスプレッドを比較
最大スプレッド(pips)
USD/JPY EUR/JPY GBP/JPY AUD/JPY CAD/JPY EUR/USD

iFOREX
平常0.7
発表0.7
平常1.2
発表1.2
平常2.3
発表2.3
平常3.0
発表3.0
平常2.0
.発表2.0
平常0.7
発表0.9

GemForex
平常1.6
発表1.6
平常1.7
発表2.2
平常2.1
発表2.7
平常1.6
発表1.6
平常2.0
発表5.4
平常1.6
発表1.6
is6com
is6com(現IS6FX)
平常1.6
発表1.6
平常2.3
発表2.3
平常3.1
発表3.1
平常2.9
発表2.9
平常3.0
発表5.4
平常1.5
発表1.5

上記は、アメリカの製造業PMI・非製造業PMI・新築住宅販売件数が発表(2020年4月23日22時45分~23時)された際の各社の最大スプレッドです。

iFOREXはユーロ米ドルが若干広がっただけで、その他の通貨ペアは軒並み平常時のスプレッドを維持しています。

一方、GemForexはユーロ円・ポンド円・カナダドル円、is6com(現IS6FX)はカナダドル円で大きくスプレッドが拡大しました。

このように、経済指標発表時のスプレッドの広がり方は、業者・通貨ペア・発表内容によって異なるため規則性を見出すのは非常に困難です。

他社よりも緩やか、反対に他社よりも激しい場合もあるので、経済指標発表時のトレードには十分注意してください。

 

iFOREXのスプレッド徹底解説まとめ

iFOREXでは、豪ドル・トルコリラ・南アフリカランドなど一部銘柄を除けば、他社よりスプレッドが狭く安定しているため、無駄な取引コストをかけずに安心してトレードできます。

また、早朝・週末・週明けのスプレッド拡大は、他社よりも穏やかです。

しかし、経済指標発表時は普通に広がりやすいので注意してください。

iFOREXの問題はやはり「MT4・MT5が使えない」「自動売買とスキャルピング禁止」という点だと思います。

iFOREX並みに安い取引コストで、MT4・MT5を使った自動売買・スキャルピングがしたい人は、前述のGemForexis6com(現IS6FX)あたりがオススメですよ。

しかしながら、iFOREXの1996年設立以来20年以上も日本人に親しまれてきた実績は単純にスゴイと思います。

現在、日本人に人気の海外FX業者は、2000年以降にサービスを開始したところがほとんどです。

実は、iFOREXの取引条件・サービス内容は設立当初からそれほど変わっていません。

取引ツールにMT4・MT5が普及して、EAを使った自動売買・スキャルピングが主流になった現在でも、iFOREXは独自プラットフォームを使った裁量取引専門業者という路線を貫いています。

流行りを取り入れなくてもこれだけ長くトレーダーに支持され続けられるのは、FX業者として基盤がしっかりしているからでしょう。

完成されたサービス内容は、ライバルの多い昨今でも多くの日本人トレーダーから指示を集めています。

独自プラットフォームも非常に使いやすいと思います。細かな部分が定期的にアップデートされ続けていますので、決してMT4・MT5の後塵を拝する時代遅れのツールではありません。

また、キャンペーン・ボーナスがとても充実しており、入金ボーナス・キャッシュバック・3%利息サービス・友達紹介プログラムと多彩です。

今、利用している国内FX業者に不満があれば、iFOREXは乗り換え先にピッタリの海外FX業者です。

ゆくゆくはスキルやトレードスタイルに合わせて、いろいろな海外FX業者を渡り歩くのも良いでしょう。

iForexの新規口座開設方法を日本語で解説

iForexのキャッシュバック(ペンディングボーナス)とトレーディングチケット徹底解説

iFOREX(アイフォレックス)が実施するプロモーションには、「常時開催キャンペーン」と「対象者限定オファー」の2種類があります。 常時開催キャンペーンは「100%+25%入金ボーナス」「年利3%利息 ...

続きを見る

iFOREXはMT4・MT5が使えない|独自プラットフォーム「FXnet View」の特徴と使い方

iFOREX(アイフォレックス)では、海外FX業者の多くが取引ツールに採用する、MT4(MetaTrader4)・MT5(MetaTrader5)は利用できません。 iFOREXは多彩な取扱銘柄と独自 ...

続きを見る

 

iFOREXのスプレッドについてよくある質問(FAQ)

iFOREXのスプレッドは変動制ですか?

はい。変動制です。

ただし、平常時であれば、ほぼ固定されています。


米ドル円のスプレッドはどのくらいですか?

平常時であれば、0.7pipsでほぼ固定されています。

固定されるスプレッドの広さは、時期によって変わります。


取引手数料はいくらですか?

取引手数料は無料です。

スプレッドが拡大するタイミングを教えてください。

早朝・経済指標発表時です。

特に、夏季は早朝6〜7時(日本時間)、冬季は早朝7〜8時(日本時間)が最も激しく、普段の10倍近くスプレッドが拡大するので注意してください。

 

ボーナスを活用して取引しないと損!

海外FX業者の中には、

  • 口座開設だけで10000円
  • 入金額の100%ボーナス

など、知らないと損をするお得なボーナスを実施しているところが沢山あります。

信頼性の高い業者のみを厳選して紹介しているので、今一番お得なキャンペーンを見つけてください。

 

2021年!安全かつ人気のおすすめFX海外業者ランキング

海外FXおすすめ業者ランキング

FX海外業者で最も重要視しなければいけないのは次の3つです。

  • 業者の安全性・信頼性
  • スプレッド・取引コストの安さ
  • ボーナス・日本語サポートの有無

しかし、海外業者は情報が少ないため、どこが人気で優良な業者なのかわからない人がとても多いです。

当サイトを見てくれた人だけに、日本だけでなく海外でも知名度がある本当に人気のおすすめ海外業者を紹介します。

 

  • この記事を書いた人

海外FX wiki編集部

海外FX歴14年。専業トレーダーとして月間最高利益2000万円。初心者が安心して海外FXを利用できるように信頼できるコンテンツを提供していきます。

-IFOREX

© 2021 海外FX Wiki